2013年のワハハ本舗全体公演「ラスト」でワハハの全体公演は最後と思われていたが、実はこの「ラスト」、3部作のシリーズものだった(!!) そしてこのシリーズ第2作目となる「ラスト2」が2016年に上演することが決定。サブタイトル〜New Hope 新たなる希望〜が示す通り、新人メンバーも多数参加、さらにパワーアップしたワハハのエンターテインメント・ショーが繰り広げられる! イープラスでは、主宰で演出家の喰始、そして柴田理恵、久本雅美、大久保ノブオの4名に今作への思いをきいた。

続きを読む
2016-01-07 12:03 この記事だけ表示

 寺山修司の代表作のひとつとして広く知られる『毛皮のマリー』が美輪明宏主演で7年ぶりに上演される。妖しさに満ち頽廃的な雰囲気の中、語られるのは伝説の男娼・マリーとその息子として育てられた美少年・欣也の美しくも残酷な物語だ。
 1967年の初演時に、寺山が美輪にあてて書いた戯曲ということもあり、徹底した美学を貫く美輪本人でしか表現できないと言っても過言ではない、独特の世界が舞台上に広がる。今回の美少年・欣也役はオーディションで倍率約300倍の激戦を経て、注目の若手俳優、勧修寺保都(かんしゅうじ たもつ・19)に決定した。そのほか、おなじみのキャストに新たなキャストも加わって、この2016年バージョンがまさに決定版中の決定版になりそうだ。
 今回もまた自ら演出、美術も手掛けることになっている美輪に、作品への想いを語ってもらった。

続きを読む
2015-12-25 12:23 この記事だけ表示

ちょっと豪華な、公演コラボドリンク付きのお得なチケット発売開始!
クリスマスのプレゼントにぜひどうぞ!!


前回公演「フレンチ・ミュージカル・コンサート 2014」より
(C)Jun Wajda

クラシック界では定番のニューイヤー・コンサート。
ミュージカルの殿堂を目指す東急シアターオーブでは、日本初となるミュージカルの楽曲のみで贈る、新しい“ニューイヤー・コンサート”を開催いたします。
誰しも一度は聴いたことのあるあの名曲、この名曲・・・新年の幕開けを華やかに彩ります。

この新春コンサートに登場するキャストも実力派揃い!初来日組はこちらの3人。
『ウィキッド』の主人公エルファバ役で、ブロードウェイ公演に出演中のレイチェル・タッカー
『オペラ座の怪人』ブロードウェイ公演最多出演回数を誇る“怪人役者”、ハワード・マクギリン
プリンセスをキュートに演じる、今最も旬なブロードウェイ女優ローラ・オズネス

シアターオーブには3度目の登場、情感たっぷりに歌い上げる姿に日本のファンも増えているのはこの2人。
4か国で『レ・ミゼラブル』の主役を演じた最強のテノール、ロベール・マリアン
『ノートルダム・ド・パリ』のカジモド役での出演は1000回を突破、マット・ローラン

あの役のあの歌もきっと聴けるはず・・・この貴重な機会をお見逃しなく!

いよいよ今年も残すところあとわずか、クリスマスは今年のありがとうと来年のよろしくの気持ちをコンサートのチケットと一緒に贈りましょう!

チケット概要

■内容・・・S席チケット(定価10,000円)+コラボドリンク引換券付き。
■販売期間・・・12/12(土)より発売中

※枚数限定、各日予定枚数に達し次第販売を終了させていただきます。

【注意事項】
・引換券は観劇当日のみ有効となります。
・ドリンクの引換えは開演前と休憩中のみとなります。終演後のご利用はいただけませんのでご注意ください。
・引換券1枚につきドリンク1杯の引き換えとなります。
・コラボドリンクはシャンパンベースのアルコール飲料になります。未成年の方、アルコールが飲めない方はソフトドリンクをご提供致します。(差額の返金はございませんのでご了承ください)

公演概要

ニューイヤー・ミュージカル・コンサート 2016

<公演日程・会場>
2016/1/9(土)〜1/11(月・祝) 東急シアターオーブ(東京都)

<スタッフ・キャスト>
出演:ローラ・オズネス、レイチェル・タッカー、ロベール・マリアン、マット・ローラン、ハワード・マクギリン
※出演者がやむを得ない事情により変更になる場合もございます。
 出演者の変更に対してのチケットの払い戻しは行いませんので予めご了承ください。

曲目・演目:シャル・ウィ・ダンス(王様と私)
      オーバー・ザ・レインボー(オズの魔法使い)
      トゥナイト(ウエスト・サイド・ストーリー)
      メモリー(キャッツ)
      and more……

2015-12-14 17:34 この記事だけ表示

 舞台「夜の姉妹」の稽古場にお邪魔し、稽古の模様を見学させてもらった。この稽古の模様と、稽古の合間に伺ったキャスト陣、脚本・演出のわかぎゑふの声を織り交ぜながらお届けする。

続きを読む
2015-12-04 19:03 この記事だけ表示

 劇作家・演出家・俳優の岩松了が1989年に書き下ろして初演し、岸田國士戯曲賞を受賞した「蒲団と達磨」。その後日談ともいえる「家庭内失踪」が、ヒロインに小泉今日子を迎えて上演される。年の離れた夫からの性的要求に嫌気がさしていた後妻は、彼の性的不能のきざしに内心快哉を覚える。そこへ、夫と前妻との間の娘が出戻って来て――。岩松と小泉のトークをお楽しみいただこう。

続きを読む
2015-12-02 12:30 この記事だけ表示


Photo by Leslie Kee

 フランスで絶大な人気を博し、今春には小池修一郎の潤色・演出により宝塚歌劇団でも初演されたフレンチ・ロック・ミュージカル『1789─バスティーユの恋人たち─』が、同じ小池演出による東宝版として生まれ変わる。11月30日、円形ステージとランウェイのような花道を備えた会場で行われた製作発表は、まるでファッションショー! 絢爛豪華な衣裳に身を包んで登場したキャストが、意気込みとともにミュージカルナンバーを披露した。

続きを読む
2015-12-01 15:51 この記事だけ表示

 愛と歌で彩られた波瀾万丈な人生を送った伝説の歌手、エディット・ピアフ。彼女の生誕100周年イヤーでもある2016年、その生涯を描く音楽劇『ピアフ』が大竹しのぶ主演で再々演される。NY・ブロードウェイやロンドン・ウエストエンドでも大好評だったパム・ジェムスの傑作戯曲を、2011年の日本初演、2013年の再演に引き続き今回も、その丁寧で繊細な舞台づくりに定評がある栗山民也が演出する。

 これまでもさまざまな舞台で圧倒的な演技力を発揮してきた大竹だが、このピアフ役は“まるで本人が憑依したかのよう”“ピアフに会えた!と思った”などの感想が多数寄せられるほどの、まさに“当たり役”。ピアフとして劇中で歌うのも『愛の讃歌』『バラ色の人生』『水に流して』など、心に沁みる名曲揃いで音楽劇としても聴き応え満点だ。

 三演目となる今回も「全力でピアフの人生を生き抜く」と意気込む大竹しのぶに、作品への想いを語ってもらった。

お好きな席が選べる<e+貸切公演>2/27(土)13:00、3/8(火)14:00
続きを読む
2015-12-01 12:47 この記事だけ表示

 2016年1月上演のミュージカル『薄桜鬼』の最新作、「新選組奇譚」のビジュアル撮影現場を直撃! シリーズ7作目となる本作から土方歳三を演じる松田岳のシューティングの様子と共に、取れ立てホヤホヤの撮影後コメントをお届けする。

続きを読む
2015-11-26 16:25 この記事だけ表示

 2013年12月、市村正親の下に強力なキャストが集結し、赤坂ACTシアターにて待望の再演を行い、好評を博す。2年ぶりに、あの市村正親スクルージが帰ってくる! キャスト全員が歌う♪ Thank You Very Much のヒットナンバーは必見!!本作で主演を務める市村正親に作品の魅力を語ってもらった。

続きを読む
2015-11-26 10:25 この記事だけ表示

 アイドルステージシリーズでおなじみの“宇宙からやってきたアイドル”CHaCK-UPが初のミュージカルに挑戦という情報を受け、彼らの最強のファンであるCUF(CHaCK-UP Friends)も宣伝活動を開始! 今回はCUFを代表して土星人★ドット推しの崎山つばさ、冥王星人★ポミィ推しの福島海太、木星人★ジュジュ推しの影山達也の3名が集合。LIVING ROOM CAFE by eplusにて熱い思いを語り合った。

続きを読む
2015-11-25 17:14 この記事だけ表示

 俳優・ダンサーの森山未來が漫画家・荒木飛呂彦作品の初舞台化となる『死刑執行中脱獄進行中』に主演。11月20日に幕が開いた東京公演を前に行われた出演者・スタッフによる囲み取材とゲネプロ(最終通し稽古)の模様をレポート!

続きを読む
2015-11-20 22:13 この記事だけ表示

約2年ぶりに上演決定!

 2014年3月に第1弾公演『オズからの招待状』を上演したPONKOTSU-BARON project。約2年ぶりとなる第2弾公演で『回転する夜』の上演が本日発表となった。『回転する夜』(作:蓬莱竜太)は2007年7月にモダンスイマーズで上演された作品で、引きこもりの青年が夢のなかの過去と現在を行き来し社会への恐怖心を克服する姿を描いた全編石川弁の骨太作品である。とは言ってもファンタジー感はまったく感じない、リアルな社会性のある名作である。

 2012年2月にウォーキング・スタッフでは朗読劇(演出:和田憲明)で上演されており、本公演の演出も2012年の朗読劇から引き続き、和田憲明が担当する。第22回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した2014年ウォーキング・スタッフ公演「304」と同じく、作・蓬莱竜太、演出・和田憲明のタッグが再び手を組んだ本作。出演はPONKOTSU-BARON project第1弾と同様に赤澤 燈 西島顕人 味方良介 安川純平など、2.5次元舞台をはじめ、ミュージカル、映画などで活躍する若手俳優陣。役者の嘘を感じさせない生きた芝居・リアルな空気感を追求した演出に定評がある、和田憲明と、若手俳優陣でどんな作品を作り出すのかも非常に興味深い。

 公演は2015年1月30日(土)から2月7日(日)まで紀伊國屋サザンシアターにて上演される。 チケットの一般発売は12月20日(日)10時開始となる。

作:蓬莱竜太コメント

 「回転する夜」を書いたきっかけは高熱を出したからだ。強めの風邪薬を飲んで眠った僕はひどい悪夢を見た。長い長い悪夢からなんとか抜け出し目を覚ました。疲労困憊だった。ところが時計を見ると三分しか経っていないのだ。とても困惑した。朝を二度と見れないような錯覚に陥った。この物語の主人公はある夜から抜けられないでいる。悪夢の中を彷徨い、朝は近づかない。もしかして誰にでもあるのかもしれない。未だに脱出できないある日の記憶が。もう一度リベンジ出来るならどうしますか?

演出:和田憲明コメント

 正直、今回の企画でこの作品を上演するのには迷いがあった。蓬莱君という作家は、私にとって大事な存在の一人だ。そんな彼の作品を演出させてもらう時には、いつも以上にプレッシャーがかかる。それを出会ったばかりの若い役者たちとやる。さらに、彼らはどうやら、ストレートプレイの経験がないと言う。でも今はこの作品で良かったと思っている。私が蓬莱作品に出会った頃、その頃の作品群に共通して強く流れていた思い、それは今の彼らだからこそ、より共有できるのではないか。そんな挑戦になればいい。今はそう思っている。

公演概要

PONKOTSU-BARON project 第2弾 『回転する夜』

<公演日程・会場>
2016年1月30日(土)〜2月7日(日) 紀伊國屋サザンシアター(東京都)

<スタッフ・キャスト>
作:蓬莱竜太
演出:和田憲明
出演:赤澤 燈 西島顕人 味方良介 安川純平 (50音順) 他

2015-11-20 16:41 この記事だけ表示


©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

 バレーボールに打ち込む高校生たちを描く人気コミック『ハイキュー!!』の舞台版がいよいよお披露目! 最新の映像テクノロジーと生身の人間が躍動するTHE演劇とが見事に融合した“ハイパープロジェクション演劇”は、予想を超える熱さと興奮に満ちていた。

続きを読む
2015-11-18 17:08 この記事だけ表示

9月4日、TOKYO DOME CITY HALLにて幕を開け、11月3日に無事同劇場にて大千秋楽を迎えたミュージカル『テニスの王子様』3drシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ。前作の不動峰戦を受け、稽古場でも最後の最後まで粘り続けて生み出された新たな聖ルドルフ公演は、まさに“攻め”の回。テニミュの表現に、またしても新たなページが追加された一作となった。全44公演を終え12月よりスタートする最新作『青学vs山吹』へと動き出しているカンパニーの次の爆発を前に、改めてルドルフ戦を振り返ってみたい。

ミュージカル『テニスの王子様』
3rdシーズン 青学(せいがく)vs山吹
一般発売 11/22(日)10:00〜

続きを読む
2015-11-17 21:11 この記事だけ表示

 2012年と2013年に上演された『ライチ☆光クラブ』が、“残酷歌劇”となって新たに生まれ変わる。美しくも残酷な中学生たちが繰り広げる狂気のドラマ、その独特なエログロアングラの世界をどう料理していくのか──演出の河原雅彦と主演でゼラ役の中村倫也が語る、作品への思いとは。

続きを読む
2015-11-16 19:18 この記事だけ表示

「スクルージ」稽古場見学会に、キャンペーン期間中にチケットをご購入の方から、 50名様をご招待いたします!普段はまず入ることができない稽古場の雰囲気をお楽しみください。この貴重なチャンスをぜひお見逃しなく!!

【ご招待対象者】
11月12日(木)0:00〜11月18日(水)23:59までの期間中に「スクルージ〜クリスマス・キャロル〜」S席(おとな)9,800円・S席(こども)6,800円をご購入された方を稽古場見学会にご招待いたします。

※応募者多数の場合【抽選】とさせていただきます。
※チケット1枚ご購入につき1名様をご招待します。
※その他の企画チケットはイベント参加対象外となります。

【当選発表について】
当選の方のみ11/21(土)までにメールにて詳細のご連絡をいたします。

【稽古場見学会実施概要】
●日時:2015年11月23日(月祝)12:00〜 ※予定
●場所:都内某所・23区内
●出演:武田真治、笹本玲奈、田代万里生、香寿たつき、畠中洋、安崎求、今陽子、今井清隆ほかキャスト
●内容:ミュージカルナンバー披露(2曲)&楽曲紹介(予定)

※開始時間が変更になる場合もございますので予めご了承ください。
※当落に関するお問合わせには応じかねますので、あしからずご了承下さい。
※ご当選の権利は、ご当選者本人様のみ有効です。
※現地までの費用はお客様負担となります。

公演概要

ミュージカル「スクルージ」〜クリスマス・キャロル〜

<公演日程・会場>
2015/12/4(金)〜12/15(火)  赤坂ACTシアター(東京都)

<スタッフ・キャスト>
出演:市村正親/武田真治/笹本玲奈/田代万里生/畠中洋/安崎求/香寿たつき/今陽子/今井清隆 ほか
演出:井上尊晶

曲目・演目:原作:チャールズ・ディケンズ
脚本・作曲・作詞:レスリー・ブリカッス

2015-11-16 16:12 この記事だけ表示

「CHaCK-UP」シリーズ最新作、公演タイトルはその名も─Episode.0─。今回は初の二都市上演! クルーたちの出会いがついに明らかに!?
【STORY】
天王星第一皇子のエステランサ・レイリンボン・ティターナー7世。戴冠式を間近に控え、落ち着かない日々を送っていたが、式が近づくにつれ、思いがけない事故や事件が起こりだす。次第に彼を狙う影の姿が浮かび上がってきて……レイ皇子の定められし運命とは? そして、彼を護りし者たちとは?
『CHaCK-UP―Episode.0―』、乞うご期待!

★11月13日(金)追加情報解禁!!
今作でCHaCK-UPがミュージカルに初挑戦! ミュージカルパートの作詞にはテニミュで定評のある「三ツ矢雄二」を迎え、ゲストに小林辰也の出演が決定した。天王星の皇子・レイの物語が壮大なミュージカルナンバーにのって繰り広げられる、見逃せない公演になりそう!
詳細は下記をご確認ください。

>CHaCK-UPオフィシャルブログ

公演概要

『CHaCK-UP-Episode.0-』

<公演日程・会場>
2015/12/16(水)〜12/20(日) 紀伊國屋サザンシアター (東京都)
2015/12/26(土)〜12/27(日)神戸朝日ホール (兵庫県)

<スタッフ・キャスト>
出演:古川裕太 影山達也 崎山つばさ 古谷大和 福島海太 / Kimeru 他

2015-11-13 18:33 この記事だけ表示

 誰もが驚くほどの思い切った肉体改造に挑み、さまざまな特徴ある役柄を有無を言わさぬ説得力と共に見事に演じ切ってきた鈴木亮平。ここ最近の作品だけでも、NHK連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインの夫を演じて注目を浴びた後、TBSドラマ『天皇の料理番』では主人公の病身の兄を、20キロ体重を減らして圧倒的な存在感で表現。続いて映画『俺物語!!』ではそこから逆に30キロ増やして主人公の剛田猛男を原作のマンガそのままにアツく演じている。そんな彼が、久しぶりの舞台で主演に挑戦することになった。それこそが三島由紀夫が最後に書いた戯曲を宮本亜門が演出するという話題作『ライ王のテラス』で、鈴木はカンボジア最強の王として栄華を極めたジャヤ・ヴァルマン七世に扮する。この偉大で美しき王の波乱万丈な生きざまに、果たして鈴木はどう取り組むのか。

続きを読む
2015-11-12 18:41 この記事だけ表示

 歌舞伎俳優たちが自主的に企画する個性的な公演の中でも、トップクラスの人気を誇る「平成中村座」。江戸時代の歌舞伎小屋を模した仮設劇場で、スタンダードな古典から近代の名作まで、様々な作品を1ヶ月以上に渡って上演する。この小屋を立ち上げた18世中村勘三郎の早すぎる逝去後、しばらく中断されていたが、勘三郎の息子である中村勘九郎、中村七之助兄弟や『平成中村座』馴染みの俳優たちが揃って今年の春に浅草で復活。そして10/25から、勘三郎が「大坂夏の陣400年の年に必ず戻ってくる」と宣言していた通り、大阪城西の丸庭園にて「大阪平成中村座」の公演が開幕した。今回はその、夜の部の模様をレポートする。

続きを読む
2015-11-12 16:08 この記事だけ表示

 1979年、“ミュージカル・アクション・コメディー”を旗印に「解かり易くて誰もが楽しめる、サービス精神旺盛な舞台」をめざし、座長の三宅裕司さんが小倉久寛さんらと共に結成した劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)。
通算53回目となる最新作は「タイムスリップして変えた未来の先は?」をテーマにした『虹を渡る男たち』。 初日を前に公開稽古&囲み会見が行われました。

続きを読む
2015-11-10 19:58 この記事だけ表示