寺山修司の代表作のひとつとして広く知られる『毛皮のマリー』が美輪明宏主演で7年ぶりに上演される。妖しさに満ち頽廃的な雰囲気の中、語られるのは伝説の男娼・マリーとその息子として育てられた美少年・欣也の美しくも残酷な物語だ。
 1967年の初演時に、寺山が美輪にあてて書いた戯曲ということもあり、徹底した美学を貫く美輪本人でしか表現できないと言っても過言ではない、独特の世界が舞台上に広がる。今回の美少年・欣也役はオーディションで倍率約300倍の激戦を経て、注目の若手俳優、勧修寺保都(かんしゅうじ たもつ・19)に決定した。そのほか、おなじみのキャストに新たなキャストも加わって、この2016年バージョンがまさに決定版中の決定版になりそうだ。
 今回もまた自ら演出、美術も手掛けることになっている美輪に、作品への想いを語ってもらった。

続きを読む
2015-12-25 12:23 この記事だけ表示

ちょっと豪華な、公演コラボドリンク付きのお得なチケット発売開始!
クリスマスのプレゼントにぜひどうぞ!!


前回公演「フレンチ・ミュージカル・コンサート 2014」より
(C)Jun Wajda

クラシック界では定番のニューイヤー・コンサート。
ミュージカルの殿堂を目指す東急シアターオーブでは、日本初となるミュージカルの楽曲のみで贈る、新しい“ニューイヤー・コンサート”を開催いたします。
誰しも一度は聴いたことのあるあの名曲、この名曲・・・新年の幕開けを華やかに彩ります。

この新春コンサートに登場するキャストも実力派揃い!初来日組はこちらの3人。
『ウィキッド』の主人公エルファバ役で、ブロードウェイ公演に出演中のレイチェル・タッカー
『オペラ座の怪人』ブロードウェイ公演最多出演回数を誇る“怪人役者”、ハワード・マクギリン
プリンセスをキュートに演じる、今最も旬なブロードウェイ女優ローラ・オズネス

シアターオーブには3度目の登場、情感たっぷりに歌い上げる姿に日本のファンも増えているのはこの2人。
4か国で『レ・ミゼラブル』の主役を演じた最強のテノール、ロベール・マリアン
『ノートルダム・ド・パリ』のカジモド役での出演は1000回を突破、マット・ローラン

あの役のあの歌もきっと聴けるはず・・・この貴重な機会をお見逃しなく!

いよいよ今年も残すところあとわずか、クリスマスは今年のありがとうと来年のよろしくの気持ちをコンサートのチケットと一緒に贈りましょう!

チケット概要

■内容・・・S席チケット(定価10,000円)+コラボドリンク引換券付き。
■販売期間・・・12/12(土)より発売中

※枚数限定、各日予定枚数に達し次第販売を終了させていただきます。

【注意事項】
・引換券は観劇当日のみ有効となります。
・ドリンクの引換えは開演前と休憩中のみとなります。終演後のご利用はいただけませんのでご注意ください。
・引換券1枚につきドリンク1杯の引き換えとなります。
・コラボドリンクはシャンパンベースのアルコール飲料になります。未成年の方、アルコールが飲めない方はソフトドリンクをご提供致します。(差額の返金はございませんのでご了承ください)

公演概要

ニューイヤー・ミュージカル・コンサート 2016

<公演日程・会場>
2016/1/9(土)〜1/11(月・祝) 東急シアターオーブ(東京都)

<スタッフ・キャスト>
出演:ローラ・オズネス、レイチェル・タッカー、ロベール・マリアン、マット・ローラン、ハワード・マクギリン
※出演者がやむを得ない事情により変更になる場合もございます。
 出演者の変更に対してのチケットの払い戻しは行いませんので予めご了承ください。

曲目・演目:シャル・ウィ・ダンス(王様と私)
      オーバー・ザ・レインボー(オズの魔法使い)
      トゥナイト(ウエスト・サイド・ストーリー)
      メモリー(キャッツ)
      and more……

2015-12-14 17:34 この記事だけ表示

 舞台「夜の姉妹」の稽古場にお邪魔し、稽古の模様を見学させてもらった。この稽古の模様と、稽古の合間に伺ったキャスト陣、脚本・演出のわかぎゑふの声を織り交ぜながらお届けする。

続きを読む
2015-12-04 19:03 この記事だけ表示

 劇作家・演出家・俳優の岩松了が1989年に書き下ろして初演し、岸田國士戯曲賞を受賞した「蒲団と達磨」。その後日談ともいえる「家庭内失踪」が、ヒロインに小泉今日子を迎えて上演される。年の離れた夫からの性的要求に嫌気がさしていた後妻は、彼の性的不能のきざしに内心快哉を覚える。そこへ、夫と前妻との間の娘が出戻って来て――。岩松と小泉のトークをお楽しみいただこう。

続きを読む
2015-12-02 12:30 この記事だけ表示


Photo by Leslie Kee

 フランスで絶大な人気を博し、今春には小池修一郎の潤色・演出により宝塚歌劇団でも初演されたフレンチ・ロック・ミュージカル『1789─バスティーユの恋人たち─』が、同じ小池演出による東宝版として生まれ変わる。11月30日、円形ステージとランウェイのような花道を備えた会場で行われた製作発表は、まるでファッションショー! 絢爛豪華な衣裳に身を包んで登場したキャストが、意気込みとともにミュージカルナンバーを披露した。

続きを読む
2015-12-01 15:51 この記事だけ表示