毎年恒例!シティボーイズミックス PRESENTS「そこで黄金のキッス」出演のみなさんに直撃インタビュー![インタビュー]


――シティボーイズ公演では、毎回ユニークなタイトルも楽しみの一つです。『そこで黄金のキッス』という今回のタイトルは、どういった経緯で決まったものなのでしょうか?


細川 「最高に幸せなタイトルにしよう」ってことで、何となく決まった感じですね。

きたろう いろいろ元気がないからね。みんなに元気を出してもらうために、「黄金のキッスが欲しい!」みたいなイメージで。

>>チケットの詳細・申込み

細川 黄金のキッスが欲しい?

きたろう そうそう、欲しい人と与える人がいて。俺は与えたい方だけどね。

大竹 お前のキッスなんかいらないよ!

きたろう 元々キッスって言葉は、細川から出てきたんですよ。キスが好きなんです、細川は。

細川 キッスですよ。

きたろう キスとキッス、どう違うの?

細川 なんか、軽い感じがするじゃないですか? それにかわいらしいし。

斉木 “投げキッス”だもんね。“投げキス”とは言わない。そういう弾けてるイメージと、あとはまぁ、ゴールデンですかね。

大竹 どういう意味だよ!

きたろう 俺は“青空”をタイトルに入れたかったんだけどね。全員に却下された。

斉木 『青空のキッス』じゃあ、めちゃめちゃ青春ものになっちゃうじゃない。

きたろう でもまぁいつも、本番の3日前くらいに、「あっ、そういえばこういうタイトルだった!」って気付くことが多いよね?

細川 そんなことないですよ!

中村 細川くんはもうちょっと早いと思いますよ。舞台装置とかも考えたりするから。

大竹 ……そんなことより、きたろう、お前のセーターはなんだよ!

一同 ハハハハ!

斉木 さっき喫茶店に入って、かわいい人がいるなぁと思ったら、きたろうさんだった(笑)。

中村 どこに行けばそんなのが売ってるのか、不思議でたまんないですよ。

きたろう これはね、銀座の売れない洋品店で買ったの。そこ、なんで銀座にあるんだろう?っていうくらい、ダサい洋品店でさ。

大竹 そこで目ざとく見つけたと? しかも襟元の小っちゃいチャックもなんだよ。財布のチャックだって、もうちょっとあるだろ。

細川 そのボタンもいらないですよね。

大竹 まったく、度肝を抜かれたよ。

中村 でも、きたろうさんらしいセーターなんだよなぁ。

きたろう まぁまぁ。もう俺のセーターの話はいいからさ、早く芝居の話をしようよ。

――では芝居の話に戻しまして(笑)。今回は細川さんも役者として出演されるんですね。

細川 「出ていいですか?」って聞いたとき、絶対に断られると思ったんですよ。でもなぜか、「いいんじゃない」ってみんなに言われて。いったいどういう決め方なんだろう?って(笑)。

――そしてふじきさんと春山さんは、シティボーイズ初参加ですね。

ふじき 僕の場合、僕がいない会議で、僕が出ることが決まってたんですよ。あとから「出るけどいいね?」って言われて(笑)。





春山 僕はずーっと昔から、シティボーイズさんのファンだったんです。もうカリスマみたいな感じですよね。だからプレッシャーはもちろん感じてるんですけど、なんとか全力を尽くして頑張りたいなと。

きたろう 春山を見たことない人には、きっと喜んでもらえると思うなぁ。ちょっと今までのシティボーイズにはいないタイプの人間だから。

大竹 まぁこの3人みたいに、なんか傾いでる人っていうのは必要なんですよね。社会に対する適応障害っていうのかな。

きたろう 3人とも、どう考えてもサラリーマンにはなれないタイプだよね。

大竹 こういう人が、世の中にあまりにも増え過ぎちゃってるから。だからもう、そういう人たちと共存するしか道はないわけで。

細川 そういうメッセージなんですね。

大竹 うん、そういうメッセージ。

きたろう 俺は久々にワクワクしてるんだよね。こいつらが出るって決まってから。

中村 未知なものはすごい感じますよね。

きたろう だからさぁ、この3人が次のシティボーイズになればいいと思うんだよ。

細川 そんな簡単に!

きたろう いい男が誰もいないっていうのが、受け継いでもいいような感じがして。

大竹 いい男がいないって、斉木さんは昔、いい男だったんだよ。

きたろう だから俺たちはいい男だけどさ。

大竹 お前も入ってるのかよ! でもまぁ、春山も含め、この3人は俺たちのことをナメてるよね。だって30年、40年やってきた人間を前にして、軽く「出るよ」ってさ。

きたろう 「出て」って言っても普通断るよね。臆病になっちゃって。

大竹 しかも細川なんて、俺たちのを見てきてるわけだからさ。完全にナメてるってことだよね。「あれくらいできるよ、チャラいよ」ってことでしょ?

細川 そんなことないですよ!

斉木 結局、誰でもできるってことだよね(笑)。

――もちろん細川さんは、作、出演のほかに演出も担当されるわけですが、シティボーイズの演出で心がけていることってありますか?

細川 基本、この人たちは僕の話を聞かないんです。だからなるべく、話を聞いてもらうようにするとか。

大竹 聞いてんじゃねぇかよ!

きたろう 俺たちはダサいことをやっても、カッコよく見えちゃうからね。そこが演出的には、苦労してんじゃないかなと俺は思ってるんだけど。

大竹 はぁ?

細川 えっ、どういう? もう1回言ってもらってもいいですか?

きたろう もう1回は言えないけど(笑)。

中村 僕は、怒らないのが細川くんの一番いいところだと思いますね。

大竹 そこは素晴らしいね。

細川 だって、怒ってもやんないんだもん……。

きたろう あっ、小っちゃい声で言った(笑)。

――ふじきさん、春山さんから見て、シティボーイズの凄さってどんな点にあると思いますか?

ふじき春山 ……。

大竹 ないのかよ!

ふじき いや、僕はとにかく、初めてシティボーイズさんの舞台を観たときにものすごい衝撃を受けたんです。それまでコントとか書いてなかったんですけど、シティボーイズさんを観てから、コントも書くようになって。

一同 お〜!

春山 僕もめちゃくちゃ衝撃でしたね。だから今回出演させていただくに当たって、芝居の関係性を崩さず、うまく役にハマれたらいいなと思っていて。

きたろう 関係性、出ました! すごいねぇ。

中村 僕が一緒に舞台に立ってて思うのは、この3人の耐久力ってもの凄いんですよね。2時間やってると結構体にくるもんなんですけど、この3人は全然平気そうで。

大竹 お前は、暗転になってからもしっかり芝居やってるからだよ。

細川 大竹さんは、照明が消え始めたらすぐ舞台からはけちゃいますもんね。それ、いっつも気になるんですけど、ちょっとだけカッコよくも見えるんですよ。

大竹 そこはいいんだよ。お客さんとの約束で、全員納得してるところなんだから。

きたろう その残像をさ、余韻を楽しませてあげなさいってことでしょ?

細川 そう言うきたろうさんも、すぐはけちゃいますけどね(笑)。

大竹 そうだよ、お前だってすぐはけちゃうよ。

斉木 俺は、暗闇の中でも存在感を出そうとするよね。影のパワーとしてね。

細川 えっ、影のパワーですか?

大竹 いちいち聞かなくていいよ。ウケたいと思って言ってるだけなんだから(笑)。



――話は尽きませんが(笑)、今回の公演に当たって、観客の方々に特にここを見て欲しい!と思うところがあれば最後に教えてください。

大竹 とりあえずは、俺を。きたろうをなるべく見ないように(笑)。

きたろう 俺は、新国立劇場(=東京公演会場)かな。

斉木 あっ、俺も劇場を見て欲しい!

細川 劇場を見て欲しいって……(苦笑)。

大竹 お前ら、全然ダメだね。「野原でやっても、どこでやっても関係ない!」って、どうして言えないんだろう?

きたろう だって、いつも上演してる内容を見たらさ、普段は足運べないような劇場だよ。あれ、劇場との勝負って感じもするなぁ。

斉木 そうそう。あそこで俺らが何をやるかっていう、その対比というか、落差が面白いと思いますね。


>>チケットの詳細・申込み

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。