シェイクスピアの幻の名作を原作にした『赤い城黒い砂』で、愛之助と獅童が黒木メイサをめぐり、激突![公演情報]


近年、W・シェイクスピアの作品であることが認められた幻の名作『二人の貴公子』。親友だった二人の騎士がある国の王女に恋をしたことで敵対していくという、愛と友情の悲喜劇だ。この作品を、若手注目株の劇作家・劇団モダンスイマーズの蓬莱竜太が大胆にアレンジして脚本を手がけ、そして人間ドラマを繊細に描くことで知られる栗山民也が演出することになった。出演は、二人の騎士を歌舞伎役者の片岡愛之助、中村獅童が演じるのを筆頭に、勇猛な王女役に黒木メイサ、騎士を愛する牢番の娘役に南沢奈央という個性的な面々が顔を揃える。果たしてどんな舞台になりそうか、キャスト4人に話を聞いた。

>>チケットの詳細・申込み

――今回の舞台の話を聞いて、最も魅力を感じた点はどこですか?

片岡 今回は蓬莱さんが原作を大幅に書き直してくださるということなので、シェイクスピアの匂いを残しつつもだいぶ雰囲気の違う作品に仕上がると思うんですよ。できあがった部分を少し読ませていただいたら、登場人物がみんな、それぞれ向く心のベクトルが違っていたりして、非常に面白かった。それから、今回は殺陣師の素晴らしい方が付いてくださるそうなので、こちらのほうも期待しています。キャストの方々がとても若くて…って、僕たちも一応、若いですけど(笑)。

中村 そうですよ、まだまだ若手です(笑)。

片岡 ガンガン、体当たりでがんばっていきたいですね。

中村 僕と愛之助さんとは、ふだんは歌舞伎の舞台で一緒に活動させていただいているわけなんですが、こういう舞台でまたいろいろな役者さんと一緒に共演できるのは本当にうれしい。ひとつのゴールに向かってみんなで突っ走っていくってことが、僕はすごく好きなんです。みんなで心をひとつにして、いい作品を作りたいですね。

黒木 愛之助さんが演じられる野望に満ち溢れた男性と、獅童さんが演じられる愛にまっすぐな男性。私は、越えるべき壁は父親だと思っているような強い王女で、奈央は獅童さん演じる男に惹かれてしまうという純粋な女の子。そういう、それぞれにすごく対照的な人たちが、面白く交わっていくところが今回の見どころになるんじゃないかと思います。

南沢 蓬莱さんが、今回はシェイクスピア作品なんですけどヨーロッパっぽくはしないでアジアっぽくするっておっしゃっていたんですね。そこが自分でもすごく楽しみですし、原作とはまた世界観が変わって、とても面白くなりそうだなと思いました。

――お客様にぜひ、お誘いのメッセージをいただきたいのですが。

中村 やはり、演劇はまずお客様に劇場へおみ足を運んでいただくってことが醍醐味だと思うんです。ひとつの空間で、役者とお客様が同じ空気を吸って、同じ夢を見る。一緒に笑ったり泣いたり、そういう人間的なことがなんとなく薄れてきている現代だからこそ感じられる演劇の強烈な魅力みたいなものを、この作品を通してお客様に伝えたい。なので、ぜひ大勢の方に劇場に来ていただいて、ナマ愛ちゃんを観ていただければ。今回、脱ぎますから!(笑)

片岡 いやいや、脱がないですよ(笑)。

中村 じゃ、カーテンコールで歌いますから!

片岡 だから、歌わないって(笑)。

――今、一番楽しみにしていることは、どんなことでしょうか。

黒木 私は特に、殺陣がすごく楽しみなんです。男性の方を相手にやらなければいけないので、私のミスでヘタしたら相手にケガをさせてしまう可能性もあるにはあるんですけど。

片岡 みんな鍛えてる人ばかりだから、大丈夫ですよ。そういえば僕が観た『あずみ』でも、黒木さんはものすごく斬りまくってたね。

黒木 そうなんですよ。でもあれは、周りの方に助けられっぱなしでやっていたので。ちょっと本当に、気合い入れて鍛えてきます。体力をまずはつけないと。今回は、ばっちりキメていきます!

南沢 私は初舞台なので、たぶん余裕が全然ないとは思うんですけど。舞台って、お客さんが目の前で見てくれていてその反応が直接伝わってくるというのが良さだと思うんです。そういうお客さんの反応をきちんと感じながら、演じられるくらいに早くなりたいです。

片岡 僕は、本番ももちろん楽しみなんですけど、お稽古でみんなとディスカッションしながら作り上げていく段階が一番楽しいだろうなと思うんです。お客様にも、舞台に一緒に参加するような気分で観てほしい。面白かったらウワー!って拍手してくださってもいいし、まあ、歌舞伎じゃないんで「松嶋屋!」ってかけ声はかけなくてもいいですが(笑)。そして本当に面白かったらまだ観ていない方を「ちょっと面白いのがあるよ」と誘って、何回も観に来ていただけるようなね。そういう作品づくりをしていきたいと思っています。


>>チケットの詳細・申込み



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。