WAHAHA本舗 結成25周年記念公演『無駄な力』出演者 スペシャルインタビュー[インタビュー]

 久本雅美ら、テレビで活躍中の面々が所属するWAHAHA本舗が今年、結成25周年を迎える。その25周年を記念する全体公演が『無駄な力』。ひとひねりもふたひねりもある独特のアイデアを生かした爆笑ネタ、さらにはテレビでは見られない下ネタも満載なのがワハハの真骨頂だが、それもエンターテインメントをひたすら追求する彼らならではのサービス精神のたまものだ。そして今回は“新たなる旅立ちへ”というサブタイトルもついているが、果たしてどんなステージになるのだろう? 久本と梅垣義明、なんきん、すずまさという4人のメンバーに予想してもらった。


>>チケットの詳細・申込み

  “無駄な力”というものはすごく大事。ある意味、ワハハのテーマみたいなもの

――結成25周年ということですが、改めて振り返ってみるとどんな25年でしたか?

梅垣 確かに早かったけど、年をとってからのほうがよけいに早く感じますね。だからこそ、全体公演は1年に1回やっていこうってことになったんですから。

久本 いやホント、あっという間だったよ。旗揚げ公演が『村の力』だったから、今回の『無駄な力』ってタイトルは、初心に帰る気がするな。

すずまさ あ、なるほど。ちょっといいこと言ったね! 今回のタイトルには、そういうひっかけがあったんだ。

久本 なんかまた1回、リセットしてここから出発っていう気になるよね。それにやっぱり年齢も年齢なんで、あと何回公演ができるかって考えると、1年1年が大事だなーって思う。だから、とりあえず1年に1回の全体公演を続けられるだけ続けて、舞台に1回でも多く立つようにしたいんだ。それが最終的に“無駄な力”になっちゃうかもしれませんけども(笑)。

すずまさ お、うまいね。

久本 うまいでしょ(笑)。だけど『無駄な力』ってすごく大事だよね。

なんきん もともと、ファンクラブの会報誌の題名も“ムダな力”だから。ある意味、ワハハのテーマみたいなものだよね。

すずまさ カラまわり力だね。それにしても、25年か。怖ろしいねえ。みんなほとんど50歳になるんだ。でも、こんなトシになっても本当に成長しないし、これからもみんな成長しないんだろうな。

梅垣 特にこの人(久本を指さす)! 何をしてんの、ホントに。 

久本 ワシ、50歳〜!! だけど、な〜んにもしてないよ。だけど、なんちゃんはこの25年でかなりいろんなこと、あったよね。

なんきん うん。25年間、無駄なまま生きちゃってるからね。今回は、俺のためのテーマだと思ってるもん。俺のためにあるんだよ、このステージは。

久本 いやホント、なんちゃんは不思議な人だよねえ。本業はマンガ家なのに。

なんきん あ、そうだっけ(笑)。

久本 事務所で、寝袋で寝てる姿を見たとき私、遺体かと思ったもん。

すずまさ あれは、遺体に見えるよな(笑)。だけどさ、確かに今回はリセットするって意味かもしれない。今まで3、4回、集大成みたいな公演をやってきたんで、ここから本当に自分たちで新たなネタをつくっていこうという姿勢の現れかも。

――じゃ、ここ2、3年やってきたステージとはまたちょっと違う雰囲気のものになる?

すずまさ うん。全然、違ってくると思う。

久本 あれ? そのへんは私、何も聞いてないけど。すずまさが勝手に言ってるだけでしょ。今の、完璧に無駄なトークです(笑)。

  ワハハはかなり特殊な舞台。その空気を感じるためには劇場でナマで観てほしい

――現時点で予想すると、今回はどんなネタが入りそうでしょうか?

なんきん まず、ダンスは入ってくるだろう?

久本 うん。ウチは必ず、ダンスネタがあるからな。

すずまさ 25年間で築いたダンス力を見せるか!

――特に群舞が多いですよね。稽古が大変なんだろうなと思います。

久本 そうだね、多いねえ!

なんきん 踊らないと、間がもたないっていうのもあるし。

すずまさ そういう意味では、人数で勝負しているところもある(笑)。

なんきん 今までいろいろやってきたから、 今回は裸モノが多いんじゃないかな。

久本 えー、前回も裸モノ多かったよ。じゃ、もうないじゃん、見せるところが。

梅垣 うん。ないかも。

久本 だけど、ウチはそのまま裸を出すわけじゃないから。そこはみなさん、履き違えてもらうと困る。エログロや下ネタが多いって言うけど一切、下ネタをいやらしくやってないもんな。下品じゃないもん。

梅垣 品格があるよね。

――じゃ、ダンスネタと、それぞれのネタがあるというような感じ? 稽古に入ったら、新ネタを1から作っていく?


すずまさ そうだよ。探り探りだよ。

なんきん もしかしたら、ミュージカルになるかもよ、梅ちゃん!

すずまさ そうだよ、梅ちゃんのひとりミュージカルとか、あるかもよ。

梅垣 意味が分からない、それ。

久本 いや、今回は新しい試みがあるんじゃないか? パフォーマンス的なものや昔の“農村ミュージカル”みたいなものとか。でもな〜、まだまったくわからないや。

――かつての名作ネタ“女囚漫才”が復活するようなことも、小耳にはさみましたけど。

久本 そうそう! 実はこのたび、正司歌江さんがワハハの一員になっちゃったんですよ。

梅垣 そう、ビックリだよね。

久本 小さい頃から見ていた歌江ねえさんが、ウチに入ってくれるなんてね。それで、ねえさんも一緒に“女囚漫才”をやろうかと。

――ということは、久本さんと柴田さんと正司さんの3人が女囚役で漫才をやるかも?

久本 うーん、もしかしたら若手も何人か加えるのかもしれないけど。ただ、すごく嬉しいね。ちっちゃい時から見てたんだもん、♪ウチら陽気なかしまし娘〜♪って。ちょっと感慨深いものがあるよ。でもホント、舞台は面白いっすよ。独特の緊張感と、劇団ならではのチームワーク。自分の劇団ながら、ほんと面白いなあって思っちゃうもん。個々に活躍していても、ここに戻ると1劇団員だからね。そこには、何とも言えない喜びがあるな。

すずまさ 劇団といってもワハハの場合は、かなり特殊な舞台だけどね。決して、演劇ではないし。

久本 サーカス見に来るようなもんだよ。

すずまさ そう、そういうもんに近いと思う。

――では最後に、お客様にお誘いのメッセージをいただけますか。

梅垣 舞台のDVDもあるけど、ナマで観てもらわないと舞台の空気って絶対に伝わらないと思うんですよ。だから、その空気を感じに劇場まで来てもらいたい。東京も地方のツアーも、一人でも多くのお客さんにナマで観てほしいな。

なんきん 出演者も年齢がちょっと上がってきたんで、ただ面白いだけじゃなくて……。

すずまさ オチ来る、オチ来る、何かな(笑)。

久本 うんうん。

なんきん ……長年培ってきた、加齢臭でも嗅ぎにきやがれ!って感じです。

久本 え? キャリアを楽しませるとか、そういうんじゃないんだ(笑)。ま、私たち、お客さんに喜んでいただくためなら何でもするっていう、その精神は絶対に忘れてないんで。全力でやりますよ! そしてワハハ本舗はお客さんも参加型なので、楽しませてもらおうっていう心構えじゃなく、自分から楽しいところを見つけていってほしい。一緒になって舞台を作る気分で、遊びに来てください!

すずまさ 確かに、遊び場みたいなものだからね。説明のしようがないので、とにかく一回体験してほしい。損しても得してもいいんで、まずは一度来てみてください。

久本 そう、ワハハパビリオンに! だってホント、テーマパークみたいなものだからさ!

(取材・文:田中里津子)



>>チケットの詳細・申込み