『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ〜日曜日にジョージと公園で〜』稽古初日記者会見[製作発表レポート]

 6月3日、東京・新宿村スタジオにてミュージカル『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ〜日曜日にジョージと公園で〜』の稽古初日記者会見が行なわれた。




>>チケットの詳細・申込み

 多くの取材記者が見守る中、演出家の宮本亜門以下石丸幹二、戸田恵子、諏訪マリー、山路和弘、春風ひとみ、畠中洋、野仲イサオ、花山佳子、鈴木蘭々、冨平安希子、岸雄祐二、石井一彰、南智子、岡田誠、中西勝之、堂ノ脇恭子ら出演者が一同に介し、場内は和気あいあいのムード。

 本作は19世紀末、独自の創作活動を行なっていた新印象派主義の画家ジョルジュ・スーラが生んだ傑作〈グランジャット島の日曜の午後〉に描き込まれている人々の人生と、常に自分の芸術と向き合い続けたスーラ自身の存在にインスパイアされたスティーブン・ソンドハイムの手によるミュージカルだ。
  日曜日の午後、水辺に集まり思い思いの時間を過ごす様々な階級の人々の様子を点描で描いた絵画〈グランジャット島の日曜の午後〉は、美術の教科書にも載るほど日本人の私たちにも馴染みのある1枚。金持ち、労働者、兵隊、親子に犬…本作の登場人物は皆、その絵画の中にいる彼らなのである。

 ブロードウェイの初演を観劇していたという宮本亜門は冒頭「とっても面白い作品。でもこれが日本で出来るとは思っていなかったし、まさか自分が演出するなんて考えてもいなかったのでとても光栄。アーティストとしての生き方、人間としての生き方、お互いの違いをどう認め合って生きて行くかということが描かれた本作は今の時代にぴったりだと思う。みんなに観て欲しい作品です!」と、パッション溢れるあいさつ。
  キャパ458席のパルコ劇場におけるミュージカルの上演については「キャスト、スタッフ、オーケストラ…ホントにもうギリッギリのギュウギュウですが(笑)、お客さんにはそういう空間でソンドハイムの繊細な世界の息吹を感じて欲しい。心が清らかになれる、そんな時間が過ごせると思います」とも。

 主人公のジョージ(ジョルジュ・スーラ)とジョージの曾孫を演じる石丸幹二は「ソンドハイム、パルコ劇場、宮本亜門さんとすべてが初めて尽くし。頭の中はスーラのキャンバスのように真っ白ですが(笑)、果敢に挑戦したいと思っています。ソンドハイムの曲はいつか歌ってみたいと思っていた。実際に歌ってみるとコトバと音、心情とメロディーが密接につながっていて、分析すればするほどハマる。虜になっています」。

 ジョージの恋人・ドット役の戸田恵子は「2日遅れで歌稽古に参加しましたが、みんなの熱気とまとまりはスゴイ。今日から本格的な稽古。私はみんなに追いつくべく、そしていつか追い抜くべく頑張りたいです。亜門さんはもう30年来の友人ですが、仕事をしているときはどんどんアイデアが出て来るし、カッコイイ。同世代、お互いまだまだ頑張って行こうねって誓い合いました」と、カンパニーの一体感を伝えてくれた。

 「周囲から変人と呼ばれている息子のことで悩み複雑な気持ちを抱えた母親をどう演じて行けるか…。大好きなナンバーを歌うのもとても楽しみですし、自分なりにやっていきたいと思います」(ジョージの母役・諏訪マリー)。

 「亜門さんにはソンドハイムさんの曲について“音通りじゃなくてもいい。役者の気持ちで歌ってくれ”と言ってもらいましたが…だったらもう少しやさしい曲を作ってくれてもいいのにね(笑)」(ジュール役・山路和弘)

「ずっと亜門さんとご一緒したかったんです。ミュージカルプレイというくらいですから、初日までには舞台上で音と遊べるよう大いに頑張ります」(イヴォンヌ役・春風ひとみ)

「今日この会見のあとから立ち稽古に入ります。素晴らしいキャスト、スタッフと共に少しでも良いものをお届けできればと思います」(畠中洋)

 全員のコメントの後は、グランドピアノの生演奏で1幕ラストで歌われるナンバー『サンデー』がキャスト全員によって披露された。
  ♪美しいサンデー というリフレインが心地よく耳に残るやさしくささやきかけるようなメロディーと澄み切ったハーモニーは、まさにあの〈グランジャット島の日曜の午後〉の空気感。何もない稽古場の中にふと日曜日のこもれびとそよ風を感じた会見となった。

 公演は7月5日(日)より東京・渋谷のPARCO劇場にて。

〈取材・文:横澤由香〉



6/20(土)22:30〜 テレビ東京「ミューズの晩餐」に宮本亜門ゲスト出演決定!
花山佳子・岡田誠によるスタジオライブも予定されています。 ぜひお見逃しなく!

★アフタートークイベント
◎石丸幹二によるアフタートーク開催決定!
開催日時:7/13(月)・7/20(月)両日19:00公演終演後
※開催日該当公演のチケットを持ったお客様が対象です。ご観劇時と同じ座席でご覧ください。

★上演記念イベント
◎【タワーレコード渋谷店】石丸幹二 スペシャルイベント
PARCO劇場「サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ」上演記念 石丸幹二スペシャルイベントがタワーレコード渋谷店で開催されます!

【タワーレコードイベント概要】
タワーレコード渋谷店(4階特設スペース)にてにて販売中の、 ミュージカル「サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ」オリジナル・ キャスト盤(輸入盤CD 税込1,775円)をお買上げの方に、先着で入場券を配布。

開催日時  :6/21(日) 18:30開始
開催場所  :タワーレコード渋谷店 B1F 「STAGE ONE」

イベント内容:ミュージカル「サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ」
       主演の石丸幹二さんによる演目曲の披露、
       石丸幹二さんとの握手会など。

詳細はこちら

※CD1点につき1枚の入場券となり、CDは一度に2枚までお買上げ可。
※複数枚入場券をお持ちの場合も、握手会への参加はお一人様一回まで。
※小学生から入場券が必要です。

>>チケットの詳細・申込み



 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。