岩松了が作・演出する舞台で、初共演の宮藤官九郎と夏川結衣が夫婦役に!インタビューをご紹介![インタビュー]

(左から)岩松了、宮藤官九郎 撮影:渡辺 マコト

 今年6月に上演されていた宮藤官九郎が作・演出するウーマンリブ公演『サッドソング・フォー・アグリードーター』に、役者として出演していた岩松了。この冬にはその逆で、岩松が作・演出するM&Oplaysプロデュース公演『アイドル、かくの如し』に宮藤官九郎が出演することになった。さてはウーマンリブのリベンジなのかと思いきや、たまたま上演順が逆になっただけで、実はこちらの公演のほうが先に企画されていたのだとか。そこで二人の思惑を聞きに宣伝写真の撮影現場にお邪魔すると、ちょうど撮影の終わった夏川結衣も急遽話に加わって、和やかムードのスペシャルな鼎談が実現した。


「僕は舞台役者としてあまり手アカのついていない人が好きなんです」(岩松)

(左から)夏川結衣、宮藤官九郎 撮影:柴田和彦

――今回の企画の、そもそものきっかけは。

岩松 宮藤くんとはウーマンリブ公演ではつきあっているけど、僕の作品にちゃんと役者として出てもらったことがなかった。だからこのへんで、宮藤官九郎を役者として使うっていうのはちょっといいんじゃないかなと思ったんですよ。

宮藤 だけど今年6月のウーマンリブでは岩松さんに、ふだん作・演出を担当する人間が役者として他人の芝居に出るというのはこういうことだというお手本を、先に見せられましたから。まず、台本には口を出さないし。

岩松 ハハハ!

宮藤 言われたことはちゃんとやる。演出に疑問を持たない。まさに模範的で、僕も岩松さんの芝居に出るのならこれをやらなきゃいけないのかと、自分で演出しながらもプレッシャーを感じてました(笑)。

岩松 っていうか、それが作・演出を自分でやらない時の楽しみなので。よっぽどのことがありゃ、いろいろブーたれることがあるかもしれないですけどね。


――今回、アイドルに関する物語を書こうと思われたのは?

岩松 かねてからアイドルの存在って面白いなと思っていたので、その話を宮藤くんを主人公にする形であてはめてみたんです。自分にとってのアイドルがいて、それを夏川さんに演じてもらうわけですけどね。彼女のマネージャーになったんだけど、すぐにアイドルはやめて夫婦として芸能事務所を開いて。そこにたまたま新しいアイドルが出てくるんだけど、社会の中でアイドルって犠牲になることが多いので、その子を夫婦で守っていくというお話にしたんです。


――そして、夏川さんがこの舞台に参加されることになったきっかけは。

夏川 実は私、まったく舞台をやったことがなくって。

宮藤 えっ、そうなんですか!

夏川 なんだか、スイマセン……!

宮藤 こちらこそスイマセン。そういう印象なかったです。とっくに何本もやってるかと思ってました。

夏川 40代に入って初舞台というのも、どうなのかと自分では思っていたんですけど。

宮藤 いやいや、かっこいいですよ。


――以前から舞台の仕事はやってみたかったんですか。

夏川 気にはなっていたんです。でもきっかけがなかった。舞台自体もそれほどは見てこなかったし。でも了さんとは以前から知り合いで、前にも「やらない?」と誘ってくださったんですけど、その時は「私はいいです。舞台なんて怖い!」ってお断りしていて。だって、了さんの演出はものすごく怖いって、周りから噂で聞いていたので、だからもし舞台をやるにしても了さんのだけはやめておこうと思っていました。

岩松 ハッハハハ。

夏川 だけど、今回「まだやる気ないのかな?」って軽く聞かれたので「そんなことないです、すごく気にはなるんですけど」って言ったら「じゃ、やってみない?」っておっしゃっていただいて。それで、その前に稽古場を見せていただいたんですよね。

岩松 そうそう。

夏川 だけど、実際に見せていただいて、逆に不安が増しましたね。演出する了さんの背中を後ろから見ていたら、こんな恐ろしい背中は見たことがないっていうくらいに怖くて。

岩松 そんな稽古してなかっただろ(笑)。

夏川 いや、誰も触れない、声もかけられない背中で、人の背中ってここまで恐ろしいも のかなって。逆に前から見れば良かったんですね、きっと。

宮藤 あ、きっとそうですよ。役者さんなんだから、演出家を後ろから見ることってまずないですもんね。

夏川 そのあと「どうだった? やれる?」って聞かれたんですが、稽古まで見学させてもらっておいて、今更「やれない!」とは言えなくて……。


――岩松さんが、夏川さんを何度も口説いた理由は。

夏川 あ、それは私もぜひ聞いてみたい! なぜなの?

岩松 今回は宮藤くんと夫婦役なので、組み合わせをいろいろと考えていたんですよ。それと一応、宮藤くんが憧れるようなアイドルだった存在ということでも考えて、声をかけさせてもらいました。

宮藤 夏川さん、過去にアイドルだったことはないですよね。

夏川 ないですよ!(笑)

岩松 宮藤くんもそうなんだけど、僕は舞台役者としてあまり手アカのついていない人が好きなんです。言ってみれば自分の手で、どうにも染められるみたいな感じがあるじゃないですか。それに夫婦役としての二人を想像したときにも、この組み合わせには新鮮さがあるなと思ったしね。


「岩松さんの芝居に出てくる夫婦が円満なわけがないと思う(笑)」(宮藤)

――宮藤さんは夏川さんが奥さん役だと聞いて、どう思われましたか。

宮藤 不思議な感じでした。でも、岩松さんの芝居に出てくる夫婦が円満なわけがないので。だから別に夫婦役だと言われても、ワクワクするっていう感じではないかも(笑)。

夏川 へえ、そうなんですか。

宮藤 たぶん、すごくギスギスしたところから始まるのかなって思っているので、逆に初対面の人とそれをやるのは大丈夫かなっていうのが心配ですよ。だけど岩松さんって、初舞台の方を演出することが、意外と多くないですか。

岩松 多いですね。そのほうが想像をしやすいんですよ。宮藤くんにしても、役者としての印象は僕にとっては透明なんですよね。

宮藤 役者の印象ということでは、確かに自分でも透明だなと思います。色、ついてねえなって(笑)。だけど、岩松さんはこの間の僕の芝居で足の小指を骨折してましたんで。

夏川 ええ〜、そうだったんですか?

岩松 くくく。そう、本番中に折っちゃったんだよね。

宮藤 だから今回、僕はどこを折ればいいんだろうって思っていて。いっそ、稽古初日にどこかの骨をあらかじめ折っていくくらいのほうがいいのかな。

一同 (笑)

宮藤 岩松さんの芝居に出てくる夫婦ってホント、淡々と普通に夫婦生活を送っている印象がまったくないですからね。ものすごく怒られてるか、ものすごく怒ってるかしか想像できない。今回、僕は何を怒ったり、何を怒られたりするのかなあ。

岩松 でも今回、僕にしてはわりといい夫婦にはしたいなと思っているんですよ。いい、というか結果的にうまくいってるじゃない、っていう夫婦。

夏川 結果的に、なんだ(笑)。

岩松 夫婦善哉みたいなっていうか。割れ鍋に綴じ蓋、っていうんだっけ。なんとなくうまくいってるじゃん、みたいな感じ。で、夏川さんは一見、世話女房風なんだけど、昔は宮藤くんにとってアイドルだったわけだから。やっぱり1カ所だけアイドル的なシーンが必要になるかもしれないね。

夏川 ええ〜っ!

岩松 いや、アイドル的っていっても別にフリフリの服を着せるわけじゃないよ。

宮藤 いやあ、アイドルとしてまったく成立すると思いますよ。回想シーンとかいいじゃないですか。

夏川 ヘタなことを言うとそういうシーンを作られてしまいそうなので、ここでは私、コメントは控えさせていただきます……(笑)。


――ところで、みなさんにとってアイドルのイメージってどういうものですか。

宮藤 実は僕、深夜番組(『シロウト名鑑』)で素人のアイドルを育てるという企画を今ちょうどやっているんです。

岩松 え、ホント?

宮藤 アイドルのオーディションに落ちた子ばかりを集めて “割れたチョコレート”っていう9人の女の子のユニットを作ったりして。

岩松 へえー、そうなんだ。

宮藤 だからちょっと今、アイドルづいているんですよ(笑)。でもアイドルって、昔と今とでは全然イメージが違いますよね。昔はもっと手が届かないような感じでしたけど。僕の世代としては、アイドルとして幻想を抱けたのは薬師丸ひろ子さんとかかな。

夏川 私は松田聖子さんとか、たのきんトリオの世代ですね。

岩松 僕は吉永小百合から知っていますけどね。同世代だと小柳ルミ子とか。だけどよく、時代が変わったとかって言うじゃないですか。でも若い人がアイドルを求めている限り、時代は変わっていないと思うんですよ。10代の子がアイドルは必要ないっていうような時代が来たら、その時は確かに時代は変わったんだろうけど。必ず誰かを求めていくっていう、この人間の性(サガ)はきっと、ずっとあるものだと思いますね。


――では最後に、お客様へお誘いのメッセージをいただけますか。

岩松 いや、僕からはただ「とにかく今回はアイドルの話ですから、見に来てください」ってことしかないですね。

宮藤 僕は透明なので、何色になるかを見ていただきたい。そして夏川さんのアイドル姿もぜひお楽しみに……。

夏川 いやいや、アイドルを終了したところから物語が始まるはずなので!(笑) 私はとりあえず初めての舞台ですし、この最初で最後かもしれない舞台で何色に染まれるかしらっていうところはぜひ見ていただきたいです。私がこれから先、舞台の仕事を続けられるかどうかは岩松さん次第なんですからね!

岩松 ハハハ!


〔取材・文/田中 里津子〕
〔インタビュー写真撮影/渡辺 マコト〕

公演概要

M&Oplaysプロデュース「アイドル、かくの如し」

<作・演出>
岩松了

<出演>
宮藤官九郎、夏川結衣、
津田寛治、伊勢志摩、上間美緒、足立理、金子岳憲、宮下今日子、橋本一郎、岩松了

<東京公演>
2011/12/8(木)〜29(木) 本多劇場

<大阪公演>
2012/1/8(日) シアター・ドラマシティ

<福岡公演>
2012/1/11(水) キャナルシティ劇場

<名古屋公演>
2012/1/14(土) 名鉄ホール


2011-08-15 20:24 この記事だけ表示