初演、再演SOLD OUT公演!芝居、殺陣、和太鼓で魅せる!幕末ハートフル時代劇『池田屋・裏 2012』演出の西村太佑・主演の川村陽介にインタビュー![インタビュー]

 とある民家では、女たちが祭りに向けて女太鼓の稽古に励んでいた。ふと、隣の池田屋から騒々しい音が聞こえてくる。何事かと障子を開けてみると、そこでは新撰組と志士達が死闘を繰り広げていた…!
 ホリプロ俳優×劇団グワィニャオンでお贈りする、池田屋事件とその熱い熱いスピンオフ話男たちの真に迫る殺陣と、女たちの熱い和太鼓も必見!今回は演出の西村太佑さんにインタビューを行いました。

演出の西村太佑さんにインタビュー!

――初演、再演、再々演を重ねられるのは簡単なことではないと思いますが、西村さんのこの作品に対する思いをお聞かせください。

 池田屋事件を描いたものは沢山ありますが、近隣のお宅は相当迷惑だったと思うんです。そんな視点から本作のアイデアが生まれました。今は様々な事件をリアルタイムで見られますが、もし当時、池田屋事件がTVで生中継されていたら全国民が固唾を飲んで見守ったでしょう。その光景は決して格好いいものではなく、リアルな人間の行動や息遣いがあったのだと思います。そんな光景を客席から固唾を飲んで見守っていただきたいです。


――脚本、キャスト、劇場などを一新しての今回の「池田屋・裏 2012」のみどころを教えてください。

 今回、脚本を新たに書き換えました。それは幕末に実在した人物達と同世代の出演者が集ったからです。世の中をアツく語り、時代を変えようとした幕末の若者達、それを同世代の若者が演じることで言葉がよりリアルに生きてきました。時間の差は150年近くありますが、アツい想いをシンクロして描いていきたいと思います。劇場の規模も上がり、大掛かりなセットや大人数による立ち回りにも期待していただきたいです。


――この作品をどんな人に見てもらいたいですか?

 幕末や新撰組がお好きな方には、新たな視点で楽しんでいただきたいですね。歴史をあまりご存知ない方でも、人々の生き様や滑稽さをシチュエーションコメディとして楽しんでいただけると思います。グワィニャオンの代表作を更に進化させた本作。今までにない新撰組物として、老若男女楽しんでいただける幕末エンターテイメントです。是非劇場で歴史的事件の目撃者になって下さい。

主演の川村陽介さんにインタビュー!

――台本が出来上がったと伺いましたが、読んでみて感じたことは?

 自分の知っている池田屋事件を違う角度から見た、もう一つの池田屋事件として読みました。読みながらワクワクしたり、顔がニヤケたり、グッと切ない気持ちにさせられたり、大変でした。


――舞台での時代劇に挑戦してみて、いかがですか?

 やり直しができない殺陣は、半端じゃない集中力と気力が必要です。だからこそ、その熱気が舞台上からみなさまに伝わればいいと思います。現在稽古中ですが、殺陣の見せ方が難しいですね。


――すでに稽古が始まっていると伺っていますが、出演者の方々の印象はいかがですか?

 それぞれがいい個性を持っていて、バランスよく稽古場に広がっている気がします。楽しい稽古場ですよ。

公演概要

『池田屋・裏 2012』

<キャスト&スタッフ>
作・演出:西村太佑
出演:川村陽介、阿部 力、石垣佑磨
渡辺利江子、池上リョヲマ
山崎裕太、つぶやきシロー、桃瀬美咲、森田涼花、山田美緒、岩咲桂
小川輝晃、佐藤仁美/鈴木一真 他


<公演日程>
2012/3/23(金)〜3/27(火) 天王洲 銀河劇場 (東京都)


【公式サイト】劇団グワィニャオン
【関連動画】『池田屋・裏 2012』出演者のみなさんからコメントが到着!
川村陽介阿部 力山崎裕太鈴木一真



2012-03-02 15:52 この記事だけ表示