こまつ座&ホリプロ公演「組曲虐殺」、井上芳雄さんにインタビュー![インタビュー]



>石原さとみさんのインタビューはこちら
>高畑淳子さんのインタビューはこちら


こまつ座&ホリプロ公演「組曲虐殺」、井上芳雄さんにインタビュー!


――再演が決まって、どのように思われましたか?
とても嬉しいし幸運だと思っています。きっと作品の引力が強かったんですね。

――プロレタリア作家・小林多喜二を演じる井上芳雄さん。ご自身との共通点はありますか?
多喜二を演じたからなのか、元々自分の中にあったものを自覚するようになったのか、この作品以後、できるだけ多くの人が幸せであってほしいという気持ちが強くなった気がします。そこは感覚的に多喜二と同じですね。

――好きな台詞やシーンを教えてください。
「信じて走れ」というナンバーの前に言う台詞「……絶望するには、いい人が多すぎる。希望を持つには、悪いやつが多すぎる。なにか綱のようなものを担いで、絶望から希望へ橋渡しをする人がいないだろうか……いや、いないことはない」かな。「信じて走れ」の歌詞も好きです。多喜二本人のことを言っているのかと思いきや、自分の後に続く人に希望を託すような内容なんです。

――『組曲虐殺』では、小曽根真さんが音楽とピアノ演奏を担当されましたね。
小曽根さんは、普段は激しいジャズをやっていらっしゃるのに この作品でのメロディーは、すごく優しかったり、シンプルだったりする。そのギャップに最初は「不思議だな」と思っていました。
初演時に小曽根さんは、井上先生の歌詞が届くや否や曲を作っていらして、そういった中で「本番で、芳雄が今日は歌い出す気にならないなと思ったら、ずっと歌い出さなくてもいいんだよ。ずーっと待ってるから」とか「日によって違ってもいい」とおっしゃって、自分の手はそっちのけで、僕のことを見て、やりたいことを感じ取ってくださる。即興やアドリブがただ怖いものに感じられていたクラシック出身の僕には衝撃であり、毎日違うことは楽しいことだと、僕の新しい扉を開けてくださった方です。
そういう小曽根さんの人となりを知ると、この作品の心震わすようなメロディーを「あぁ、なるほどな」と思えてくるんですよね。

――井上ひさしさんとのエピソードを教えてください。
こまつ座の作品は元々よく拝見していて、初めて井上先生に「井上芳雄と申します。いつか先生の作品に出させていただきたいです」とご挨拶した時、すごくにこやかに「同じ井上ですね」とおっしゃってくださって(笑)。その後、『組曲虐殺』への出演が決まって先生にお会いした際、「今度よろしくお願いします」と言ったら、「僕も一生懸命弁勉強して、今までで一番いいのを書きます」と・・・。「僕のような若造にああいう風に言えるなんて、本当にすごい人だな」と、とても驚いたことを思い出します。

――とても素敵な出会いだったんですね。
井上先生を知っている方ならみなさんそうだと思うんですけど、「井上先生だったら、今、なんて思うかな?」ってよく考えます。答えが返ってこないから余計にそう考えてしまうのかもしれない……。多喜二と同じように、井上先生はみんなのことを愛してくれて、僕もその愛情を受けてきた。井上先生と一緒に仕事をさせていただいた“最後の世代”として、今後は何か恩返しができればと思っています。例えばそれは、周りに思い出話をすることも当てはまるだろうし、こうして先生が遺してくださった戯曲に一生懸命取り組むこともそうだと思っています。

――井上さんにとって『組曲虐殺』とは、とても重要な位置を占める作品なんですね。
俳優としても大きな転機になった作品です。それまでの僕は、お芝居に対するコンプレックスみたいなものがあったのですが、この作品に出会えたことで、お芝居することは楽しいこと、「演技をする」とは、「生きているという感覚を得られる幸せなこと」なんだと思えるようになりました。とにかくたくさんの自信をくれた作品です。

――最後に、舞台をご覧になる方にメッセージを。
舞台って、観ているわずか数時間で、その人の人生を変えてしまう可能性を秘めている。特にこの作品は、多くのみなさんの心に入り込めるような作品のはず。舞台は一期一会。だからぜひ、「観たかったけど、いつのまにか終わっていた」ということがないように(笑)、ぜひ劇場に足をお運びください。

>石原さとみさんのインタビューはこちら
>高畑淳子さんのインタビューはこちら

 

公演概要

こまつ座&ホリプロ公演『組曲虐殺』

<公演日程・会場>
2012/12/7(金)〜12/30(日) 天王洲 銀河劇場 (東京都)
2013/1/12(土)〜1/13(日) キャナルシティ劇場 (福岡県)
2013/1/19(土)〜1/21(月) シアター・ドラマシティ (大阪府)
2013/1/26(土) 市川市文化会館 大ホール (千葉県)
2013/1/29(火) 広島市文化交流会館 (広島県)
2013/2/3(日) 愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)

<キャスト&スタッフ>
作:井上ひさし 演出:栗山民也
出演:井上芳雄/石原さとみ/山本龍二/山崎一/神野三鈴/高畑淳子
音楽・演奏:小曽根真




2012-09-28 18:55 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。