こまつ座&ホリプロ公演「組曲虐殺」、石原さとみさんにインタビュー![インタビュー]

――初演では、4日前に台本が完成したそうですね。
「今日は3枚届きました」という感じで、稽古場に届いたコピーしたての台本が少しずつ配られて、「あ、私、次のシーン出るんだ!」と知る(笑)。
そのコピーしたての紙から伝わってくる温かさから、井上先生が生み出したばかりの“命”を直で感じられたというか。だから、「ここに書かれている一字一句間違えちゃいけない」と思ったことを覚えています。

――そういった状況の中、プロレタリア作家・小林多喜二の恋人・田口瀧子を演じることについて、どのように役作りをしましたか?
瀧子は、最初の方、多喜二の姉・チマさんと一緒に(同志の借家にいる)多喜二を訪ねるシーンで、多喜二との関係が割としっかり説明されるんです。「死ぬ気で抱きついたのに多喜二が触れてくれない」とか、「多喜二を呼ぶ時に“兄さん”を付けるから深い関係に進まない」とか。そういった会話から、キャラクターを掴んでいきました。

――瀧子の多喜二への想いについてはどのように考えていますか?
貧しい家族が食べていくために酌婦になっていた瀧子を救ってくれたのが多喜二。そして「女性も手に職をつけないといけない」とか、それまでは思いもよらなかったことをたくさん教えてくれた多喜二から、おそらく瀧子は大きな刺激を受けたと思う。そうして頼るようになって好きになって。
それでも瀧子は、一家の大黒柱として、目先の生活のためのお金を稼がなければならないという現実から逃れることができないんです。遠い未来を思い描けず、今日一日をどうしのぐかに追われていた瀧子みたいな人間って、当時はとても多かったんじゃないかな。

――逆に、多喜二にとって瀧子はどんな存在だったと思いますか?
多喜二と瀧子の関係はとても複雑です。
多喜二が自分には全く触れてくれない一方で、同志であり傍にいるふじ子さんとは同じベッドで寝る。でも瀧子には、多喜二の自分への想いも分かってはいて……。
本当に多喜二が幸せにしたい人は、瀧子なんだと思います。多喜二は、瀧子のような人こそ幸せにならなければいけないと考えて、頑張って活動している。厳しい現実の中でも頑張れる原動力みたいな存在だと思うんです。

――瀧子は多喜二の希望だったんでしょうね。
だから、自分と一緒に隠れて辛い想いをさせるよりも、自立して幸せになってほしいと願っていた。ただ多喜二は、瀧子を見ながらも、その先に、「日本国民みんなが幸せなってほしい」と、物事をもっと壮大に捉えている。そんな多喜二のことを、なんて大きくて深い人なんだと思うと同時に、その思想を自分は完全に理解できない……。瀧子にはそんな情けなさや苦しさもあったと思います。

――この『組曲虐殺』が井上ひさしさんの遺作になってしまったことについてはどう感じていますか?
この作品の小林多喜二って、井上先生そのものですよね。体全体でぶつかって物を書こうとすると、胸のあたりにある映写機のようなものがカタカタ動き出して、その人にとってかけがえのない光景を、原稿用紙の上に、銀のように燃え上がらせる。そんな多喜二の台詞があるんですが、これって先生ご自身のことを書かれていると思うんです。それは初演で瀧子を演じながらも感じていたんですけど。
この作品で演じる人物としての想いというより、その先にある先生の想いを私たちは背負っていて、それを深いところで伝えないといけない。この作品はどうしてもそんな気持ちになります。

――井上ひさしさんとのエピソードは何かありますか?
お会いした時は必ず私のことを褒めてくださって。確かゲネの時は、すごく泣きはらした顔で楽屋までいらっしゃって、握手をしながらずっと褒めてくださいました。あの時の顔、そして手はいまだに忘れられません。
あとはいつもニコニコされていて、「私は瀧ちゃんの、(ふじ子が多喜二に)『呼び捨てにされるっていいな』という台詞が好きなんです」とおっしゃっていたことも覚えています。

――最後に、劇場に足を運ばれる観客のみなさんにメッセージをお願いします。
初演の時は、台詞や立ち位置、振付を短期間で覚えるのに必死で。今回は、井上先生が命を削りながらも伝えたかった想いを、もっと丁寧に伝えたられたらなと思っています。3年前よりも進化した作品をお見せしたいと思いますので、近ければ、いや、近くなくても(笑)、ぜひ劇場に足を運んでください!

>井上芳雄さんのインタビューはこちら
>高畑淳子さんのインタビューはこちら

 

公演概要

こまつ座&ホリプロ公演『組曲虐殺』

<公演日程・会場>
2012/12/7(金)〜12/30(日) 天王洲 銀河劇場 (東京都)
2013/1/12(土)〜1/13(日) キャナルシティ劇場 (福岡県)
2013/1/19(土)〜1/21(月) シアター・ドラマシティ (大阪府)
2013/1/26(土) 市川市文化会館 大ホール (千葉県)
2013/1/29(火) 広島市文化交流会館 (広島県)
2013/2/3(日) 愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)

<キャスト&スタッフ>
作:井上ひさし 演出:栗山民也
出演:井上芳雄/石原さとみ/山本龍二/山崎一/神野三鈴/高畑淳子
音楽・演奏:小曽根真




2012-09-28 18:10 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。