市川猿之助が襲名後初の舞台出演で“助太刀屋”を演じる痛快時代劇『助太刀屋助六 外伝』![インタビュー]

 映画界の鬼才・岡本喜八監督の生前最後の作品でもある映画『助太刀屋助六』(2002年)が、G2作・演出、市川猿之助主演の舞台として蘇る!仇討ちの助太刀を買って出る“助太刀稼業”をしながら旅を続ける、陽気な助六役を演じるのは、これが襲名後初の舞台公演となる市川猿之助。歌舞伎公演とはまた一味違う魅力を発揮してくれるに違いない。そして、岡本監督の映画版を原作としてその世界観、疾走感はそのままに“外伝”として今回の舞台を作・演出するのはG2。ビジュアルにも凝った演出が期待できそうだ。共演陣も、元宝塚歌劇団雪組トップスターの朝海ひかる、映像や舞台でも活躍中の吉沢悠や忍成修吾、さらには映画版『助太刀屋助六』にも出演していた鶴見辰吾ら、実力派がズラリと顔を揃える。初顔合わせの多いこの布陣に意気込みも充分の様子の猿之助に、話を聞いた。

 

「『助太刀屋助六』は非常に軽やかなコメディ。観劇後、ハッピーな気持ちになれるのが芝居の醍醐味だと思います」

――歌舞伎以外のお仕事も多くやられていますが、仕事を選ぶ時の基準は。

 まず一番の大前提はご依頼があったら、なるべく受けるようにしています。それは、僕を必要としていただいているということですから。あとは演出家さんなり共演者なり「ああ、この人とやってみたいな」と思えるかどうかですね。要するに、その出会いでなにかいいものが作れそうだとか、その人との出会いが次につながるかも、というのがどこかにある作品に関わりたいので。

――では、今回の場合はどこに一番魅力を感じましたか。

 今回の場合はそもそも、石橋直也くんや市川猿三郎さんといった仲間内で「いつかこういう芝居をやりたいね」って飲みの席で話していたことが、あれよあれよという間に実現した形です。だからちょっと今回は、特別なケースかもしれません。

――どういうものをやりたいと話していたんですか?

 具体的に時代劇がどうとかではなく、ただ「一緒に芝居をやりたいね」と役者同士で話していただけです。だから「やりたい」とは言いましたけど、そこから先のことは僕は知りません、という感じ(笑)。ただ「やろう、やろう!」って言っていただけでこうなっちゃったので、そうなったらもう出ざるを得ないでしょう?だけどそれでいざ、ふたを開けてみたら、こんなに面白そうな面々が揃ってしまっていたというわけです。

――台本を読まれたご感想はいかがでしたか。

 まだシュッと(笑)、読んだだけなんですが、非常に軽やかな感じのコメディですよ。

――原作になっている映画版のほうはご覧になりましたか?

 それが、観たことがないんですよ。真田広之さんが出られているあの予告編は何度も観た覚えはあるんですが。岡本喜八監督のお名前はもちろん存じ上げていますけれどもね。もともと映画も小説も、シェイクスピアにしても井上ひさしさんにしても、演じる場合、原作というものを僕は殆んど観ないし読まないんです。なんででしょうね。それをやるということ、立体的なものにしか興味がないんです。

――G2さんとは今回が初めての顔合わせですね。

 まだ作品が決まる前に一度、お食事だけはさせていただきました。とりあえずお互いに顔を知っておかないと、と思って。

――お話してみた印象はいかがでしたか?

 演出家さんらしくないなーって思いました。テレビや映画にしても演劇にしても、ある種、この業界臭さみたいなものってみんなあるじゃないですか。そういう匂いがまったくない方でしたね。本当に紳士というか。いい感じのおじさまっていうとヘンかもしれないけど、とても穏やかで、こういう業界独特のトゲみたいなものがない素敵な方だなと思いました。

――助六という人は、仇討ちと聞くといてもたってもいられなくなって助太刀しにいってしまう人物だそうですが。

 おせっかいなヤツだよねえ(笑)。僕だったら、見て見ぬふりをするんじゃないかな。そんなことにはあまり関わりたくないから、どうぞお互いで勝手にやればいいじゃないかと思っちゃうけどね。

――でも仇討ちとはいえ、今回はやはり軽いタッチの舞台になりそうですか。

 軽い、軽い!(笑)。だって12月という押しせまった季節に、重いものなんか観たくないでしょ。劇場を出て、ハッピーな気持ちになって帰る。これがやっぱり芝居の醍醐味だと思いますよ。

――時代劇を観慣れない方でも、かなり観やすいものになりそうですね。

 気軽に観て、帰りに食事でもしながら「ああ、今日は楽しかったねえ!」って話せるようなね。「あの人が出ていて、この人も出ていて。内容はよく覚えてないけど(笑)」みたいな芝居でいいと思うんです。「でも、なんか楽しかった!」って言ってもらえることが一番大事。

――特に今回は、バラエティ豊かなキャスティングですし。

 ホント、そうですよね。いろんなジャンルの役者さんが集まりましたから。ぜひご一緒したかったメンバーばかりだから、とにかく飲み会のほうも楽しみです!僕らは、いかに美味しい酒を飲むために一生懸命やるか、という感じですから(笑)。しっかりと燃え尽きてから「カンパーイ!」ってやるのがご褒美みたいなものなんですよ。

〔ライター:田中里津子〕
〔スタイリスト:三島和也(Tatanca)〕
〔ヘアメイク:白石義人(ima.)〕

公演概要

『助太刀屋 助六 外伝』

<公演日程・会場>
2012/12/15(土)〜12/24(月・祝) ル テアトル銀座 (東京都)

<キャスト&スタッフ>
市川猿之助/朝海ひかる/吉沢悠/忍成修吾/上山竜司(RUN&GUN)/細見大輔/市川猿三郎/市川郁治郎/石橋直也/鶴見辰吾/他

<原案・作・演出>
キャラクター原案:岡本喜八『助太刀屋・助六』より 作・演出:G2




2012-10-16 13:44 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。