豪華キャストで贈る「ぼくに炎の戦車を」の公開稽古をレポート![稽古場レポート]

 在日コリアンの家族の姿を通して日本と韓国の近現代史を鋭くあぶり出した「焼肉ドラゴン」(2008)で高い評価を得た鄭義信が作・演出を担当、草g剛、広末涼子、香川照之、そして韓国ドラマ「最高の愛」などで知られるチャ・スンウォンが出演する「ぼくに炎の戦車を」が、11月3日、赤坂ACTシアターにて開幕。初日の舞台に先駆けて行なわれた公開稽古を観た。

指定席が完売につき、急遽立見を販売します!詳細はこちら

公開稽古レポート!

 物語の舞台は、1920年代、日本の統治下にある朝鮮・京城近郊。学校教師・柳原直輝(草g剛)は、ひょんなことから、放浪芸の集団である“男寺党”(ナムサダン)の演者、李淳雨(チャ・スンウォン)と出会う。日本人ながら偉ぶることなく、朝鮮の白磁を芸術品として愛し、また、男寺党の芸をも高く評価する直輝。直輝と淳雨は次第に固い友情で結ばれてゆく。一方、直輝の妹、松代(広末)は、ナイトクラブを経営する夫、大村清彦(香川)と心通わぬことに胸を痛めている。一見ニヒルな守銭奴に見える大村だったが、実は男寺党の棟梁、高大石の無二の親友で、大石の民族独立運動を陰で支援していた。不幸な出来事により、直輝との間に溝ができてしまった淳雨は、友情のため、そして己の芸人としての生き様を賭けて、綱渡りに挑むこととなる――。直輝と淳雨の友情を物語の軸に、二人を取り巻く人々のさまざまな人間模様が、綱渡りに皿回し、踊りに鳴り物といった男寺党の諸芸や、ナイトクラブの場面で繰り広げられる生演奏のピアノにのっての歌と踊りなどをまじえ、にぎにぎしくもしっとりと描かれてゆく。


 朝鮮の文化に深い理解を寄せ、男寺党の演者と国境や境遇、立場の違いを超えた篤い友情を結んでゆく主人公直輝役の草g剛が実にいい。「K2」(2010)でも、堤真一を相手に、山岳での遭難という極限状態においての男同士の友情を鋭く描き出していたが、舞台役者としてさらに磨きのかかった状態。直情型で熱血で、とかくすぐむきになる直輝を、等身大の演技でヴィヴィッドに描き出す。かなり多めの韓国語でのセリフも見事にこなし、とりわけ、淳雨相手に語りつ心情をしのばせるシーンでは、言葉の意味はわからないながらも、その演技だけで純粋な気持ちのほどが客席に伝わってくる好演。物語のラスト、この舞台のタイトルの由来ともなっているウィリアム・ブレイクの詩を暗誦するシーンでは、まっすぐな心をほとばしらせて、すがすがしい。対するチャ・スンウォンも、長身でぱっと目を引く華の持ち主。友情を賭けてのクライマックス・シーンでは綱渡りのアクロバットも披露する。仲秋の名月に、直輝と淳雨が義兄弟の杯を交わす場面の美しさ。そして、淳雨の綱渡りが成功し、直輝がたまらず滂沱の涙を見せ、二人抱き合う場面の清らかさ。二人が交わす友情の篤さが胸を打つ。

 物語のもう一つの軸となっているのが、大村と松代、そして大村の前の妻との子である息子との家族の物語。大村はかつて朝鮮人の恋人を日本軍に殺された過去があり、以来人に心を閉ざしてしまっている。直輝に松代と別れるよう懇願され、彼にふと向ける目線の、背筋凍るほどの空恐ろしいまでの虚無。父と子の関係を描いて、ほとんどあざといほどに巧妙な宛て書きがなされているのだが、それも思わず納得してしまうほどの香川の名優ぶりが光る。広末演じる妻の一途な明るさは、救いだ。

 周りも芸達者揃いで、それぞれの個性を生かした演出となっており、見応え充分。直輝と松代の幼なじみで、松代に思いを寄せる脱走兵、永井靖男役を演じるのは成河。図抜けた身体能力を生かした軽妙な役作りで、物語のコメディリリーフとして安らぎを与える。ナイトクラブの女給役で、馬渕英俚可、安寿ミラ、星野園美をはじめとする個性派がずらり。病気の母を支えて働く中、ダーティな商売の男に想いを寄せられ、心揺れる紅子役で、馬渕が小気味よさを発揮。朝鮮の学校教師役に求愛されるも、日本に残してきた別れた夫と子供が忘れられないみすず役の安寿は、気弱な求愛相手にあざやかなキックを入れるさっそうとした男前ぶり。恋に恋する福役の星野は、体型の恰幅のよさも心洗う明るい声も光って、儲け役だ。

 国と国との関係はときに緊張をはらむ。だが、どんな時代においても、心と心交わすに人間同士のつながりは可能であり、また、結局のところ、人も国もそのようにしてしかつながってはいけないことを、作品は雄弁に伝えずにはおかない。三時間半弱の意欲作におけるキャストの熱演に拍手を送ると共に、来年一月、韓国・国立劇場での公演において、一人でも多くの韓国の観客に、作品の伝えんとするものが届くことを祈りたい。

囲み会見をレポート!

 舞台稽古の前に行なわれた囲み会見には、草g剛、チャ・スンウォン、広末涼子、香川照之の四人が登場。韓国語のセリフも多く、韓国の俳優陣と共に芝居するのも初めてということで、「新たなチャレンジでいっぱいいっぱい」と笑いを誘った草gだが、草gの印象について訊かれたチャの韓国語での答えを即座に通訳。「『五年前に初めて会ったとき、誠実でとてもいい印象を受けましたが、一ヵ月間の稽古を経てもその印象は変わらない』、そう言ってますよね?」と通訳に確認、「その通りです」との回答に一同驚嘆。チャも「すごい」と手を叩いていた。

 「心と心が本当に熱くぶつかりあう場面があり、これから舞台上で友情が芽生えていくのだなと思います。いつの時代も同じ気持ちで通じ合えるし、共に生きていくことがすごく大事で大切なことだと感じます」と草g。
 香川は、「韓国語はわからないけれども、チャさんのセリフを聞いていると、いろいろな苦労や思いもされたんだなと思うし、心がきれいだなということが伝わってきて、涙が出る」と真摯な言葉を。
 広末も、「愛情や友情、命の尊さといったものは世界共通なので、そこをお客様に感じとっていただければ」とコメント。
 チャは、通常習得に一年ほどかかる綱渡りを一ヵ月でマスターしたということで、「毎晩綱渡りを夢に見ていて、昨晩も見ました。作品の中で必要なシーンなので、たとえ落ちることがあっても、とにかくベストを尽くしたい」と抱負を語っていた。

〔取材・文=藤本真由(舞台評論家)〕
〔インタビュー写真/坂野則幸〕

公演概要

「ぼくに炎の戦車を」

<公演日程・会場>
2012/11/3(土・祝)〜12/1(土) 赤坂ACTシアター (東京都)
2012/12/8(土)〜12/11(火) 梅田芸術劇場 メインホール (大阪府)

<キャスト&スタッフ>
作・演出:鄭義信
出演:草なぎ剛/チャ・スンウォン 広末涼子/香川照之
高田翔(ジャニーズJr.)/成河 馬渕英俚可/青木崇高/安寿ミラ キム・ウンス 他


指定席が完売につき、急遽立見を販売します!

■受付方法
特別電話 0570-06-9992でのみ受付
※eコード:083688の入力が必要です。
※立見ご希望の方はeコード入力後、<立見引換券>受付をご選択ください

■受付期間
11/9(金)12:00〜11/12(月)23:59
※予定販売枚数に達し次第、受付終了となります

■対象公演日
11/10(土)〜12/1(土)
公演スケジュールの詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。

■料金
立見引換券 6.000円(税込)


<立見引換券>の注意事項
※1階後方のスペースに立つ位置を指定された立見となります。
※公演当日、開演の1時間前より当日券売場にて、立ち位置指定券と本券をお引換下さい。
※立ち位置は、本券の整理番号順でのご用意となります。引換の先着順ではございません。
※開演の10分前より場内へご案内いたします。
※立ち位置指定のエリアは通路のため、休憩中はロビーなどにご移動をお願いします。
2012-11-08 17:50 この記事だけ表示