脚本:鈴木おさむ、演出:宮本亜門、音楽:槇原敬之、出演の山口智充、北山宏光からのコメントが到着!ミュージカル 「愛の唄を歌おう」[公演情報]

(左より) 鈴木おさむ、宮本亜門、槇原敬之

脚本:鈴木おさむ、演出:宮本亜門、音楽:槇原敬之、キャストからのコメントが到着!

コメント!

■クリエイターコメント
脚本 鈴木おさむ
 1人のアーティストの曲でミュージカルを作ることは珍しいことではないです。でも、これは槇原さんの今までの曲だけでなく、このミュージカルの為に、槇原さんに作って貰った曲が、物語の中で出来上がっていくという、今までになかったものになります!!ハッピーでちょっと切なく、見た後愛について本気で考えたくなる。最高のミュージカルにします!

放送作家 鈴木おさむ

演出 宮本亜門
てらいもなく言います。いま、必要なこと、それは「愛」。
東日本大震災、気候変動、アベノミクス、2020年の東京オリンピック・・・激動の社会が取り巻く複雑さで、気持ちが萎えてしまいそうになる現代に、最も必要な原点です。今こそ直球で響く愛を、槇原敬之さんの唄に乗せ皆さんに届けます。2014年の幕開け。これを観て、体感し、体中に愛を響かせて、1年をスタートしてください。

音楽 槇原敬之
まずこんな素晴らしい方たちが、僕の曲を使って、ミュージカルを作ってくれるということに本当に感謝しています。
おさむさんの台本、亜門さんの演出、そしてその物語を唄で紡いでいくミュージカルに相応しい出演者の方々、びっくりするぐらいに贅沢です。
 「愛」という、人それぞれ思い描く形が違うものをテーマに進められる物語に、僕自身、愛の気持ちを歌うことの大切さを改めて考えさせられました。
こんな時代だからこそもう一度、「愛」というものについて、みなさんそれぞれの答えを追い求める気持ちになってもらえたらなと思います。
 「愛の唄を歌おう」一足先に僕も物語の中の登場人物たちと一緒に愛の気持ちの詰まった唄を作らせてもらいます。

■出演者コメント
山口智充
もう今から打ち上げが楽しみです!そう思えるくらい最高にハッピーなステージになる事を確信しています!  

北山宏光
この作品のお話をいただいた時に嬉しさだけではなく、胸の中でとても熱く燃える何かがありました。
僕も音楽に助けられたこと、心が動かされたことが沢山あったからです。
僕が今のお仕事をやってみよう、と思えたのも音楽のおかげでもありました。

このミュージカルで僕の中の何かが変わると思っています。
観に来て頂いたお客さん達の心に響くものを、記憶に残るものを表現できたら幸せです。

そして、いつもバラエティ・ラジオなどで勉強させて頂いている鈴木おさむさん、以前よりお仕事させて頂きたいと思っていた宮本亜門さん、この仕事をする前からたくさんの曲を聞かせて頂いていました槇原敬之さん、この三人の夢のようなタッグを始め、豪華なみなさんと一緒に出させていただくこと、とても嬉しく思っていますし、ワクワクがとまりません。
最高な作品に出来るように全力投球していきますのでよろしくお願いします!

公演概要

ミュージカル 「愛の唄を歌おう」

<公演日程・会場>
2014/1/10(金)〜1/21(火) 東急シアターオーブ (東京都)
2014/1/25(土)〜2/2(日) オリックス劇場(旧 大阪厚生年金会館) (大阪府)

<キャスト&スタッフ>
脚本:鈴木おさむ
演出:宮本亜門
音楽:槇原敬之
出演:山口智充/北山宏光(Kis-My-Ft2)/渡部豪太/川畑要(CHEMISTRY)/
高田翔(ジャニーズJr.)/野々すみ花/柄本時生/前川紘毅/
施鐘泰(JONTE)/大口兼悟/エハラマサヒロ/ROLLY/KONISHIKI/橋本じゅん/ほか




2013-12-12 16:07 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。