稽古場レポート!ミュージカル「忍たま乱太郎」第5弾〜新たなる敵!〜[稽古場レポート]

ミュージカル『忍たま乱太郎』は殺陣アクション満載の本格派。元気でハッピーな忍者のたまごたちと新しい1年をスタートさせよう!!!


稽古場レポート!

 『忍たま乱太郎』と言えばNHK教育テレビ(現在のEテレ)で20年間も放送されている人気アニメ番組。多くの人はギャグアニメ”とイメージするのではないだろうか。しかし、このミュージカルは本格的な忍者アクションで大人も楽しめるミュージカルなのである!

 時は戦国時代。忍たまとは忍者のたまごを意味しており、物語の舞台となる『忍術学園』では一流の忍者を目指す一年生〜六年生が毎日修行に励んでいる。今回は、六年生と四年生が中心となったストーリー。普段から敵対しているドクタケ忍者隊を一蹴したのに、活躍を認めてもらえない四年生たちが行方不明になった。実は、四年生をスカウトした人物がいること、そして、ドクタケ勢力の恐るべき忍術学園排除計画が明らかに−−−!?もちろん持ち前のギャグ要素もあり、壮大でシリアスな展開がテンポよく刻まれていく。
 稽古は、六年生が居なくなった四年生を探している場面。その1シーンだけでもそれぞれのキャラクターが馴染んでいる。原作がこれだけ長い間続いている理由でもある“個性豊かな登場人物たち”を、舞台スタッフが研究している成果であり、誰でも楽しめる舞台となっている。  

 また、後半のアクションの山場では、劇中にも出演しているジャパン・アクションエンタープライズ(JAE)の今井靖彦さんが、自身の役どころである教師・山田伝蔵さながらの指導で生徒たちに殺陣を付け、リアルな忍術学園を垣間見ることが出来た。生徒はそれぞれ決まった武器を持っており、アクションの見せ方はもちろん、正しい武器の使い方がレクチャーされていく。いわゆる“やられ役”の敵側はベテラン陣が固めており、迫力の殺陣やアクションが期待できそうだ。
 ちなみに、稽古場では全員が忍術学園の生徒に成りきっており、稽古は真剣そのものであった。シリーズ第5弾ならではのチームワークの良さや、役者陣のアツいやり取りが目撃された。  

 大人も子供も楽しめるミュージカル『忍たま乱太郎』第5弾〜新たなる敵!〜は1月8日(水)開幕!2014年の年初め、忍たまたちからパワーをもらって新しい1年をスタートさせてはいかがだろうか。

[取材・文=神宮司 香]
[撮影=渡辺マコト]

【関連記事】 「忍たま乱太郎」第5弾〜新たなる敵!〜出演者情報!

公演概要

ミュージカル「忍たま乱太郎」第5弾〜新たなる敵!〜

<公演日程・会場>
2014/1/8(水)〜1/24(金)  サンシャイン劇場(東京都)
<キャスト&スタッフ>
原作:尼子騒兵衛
脚本:阪口和久
演出:星 真一郎
渡辺和貴/荒牧慶彦/鷲尾修斗/早乙女じょうじ/安達勇人/小野一貴/樋口裕太
/布施勇弥/宮崎翔太/真佐夫/今井靖彦 ほか
公式HP:http://www.musical-nintama.com/
公式ツイッター:http://twitter.com/myu_tama
©ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会


★ライブ・ビューイング決定!
お近くの劇場で、お手頃な価格でミュージカル「忍たま乱太郎」を楽しもう!

<公演日程・会場>
2014/1/24(金)
北海道 札幌シネマフロンティア
宮城県 MOVIX仙台
東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
東京都 TOHOシネマズ 渋谷
東京都 新宿ピカデリー
東京都 シネマサンシャイン池袋
神奈川県 TOHOシネマズ 川崎
千葉県 シネプレックス幕張
埼玉県 MOVIXさいたま
新潟県 イオンシネマ 新潟南
愛知県 109シネマズ名古屋
大阪府 TOHOシネマズ なんば・本館
兵庫県 TOHOシネマズ 西宮OS
広島県 109シネマズ広島
福岡県 TOHOシネマズ 天神【ソラリア館】



2013-12-25 20:15 この記事だけ表示
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。