ライブのテーマは…「都大会へ向けてマネージャー募集」!?  ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Live FUDOMINEをレポ![観劇レポート]

 6月のTEAM Live SEIGAKUからスタートしたテニミュの新たな試み、学校別の単独ライブ=TEAM Liveの第2弾、ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Live FUDOMINEが幕を開けた。主人公が通う青春学園テニス部と真っ向勝負をし、地区予選決勝で惜しくも破れてしまった不動峰中。彼らが用意したライブのテーマは…「都大会へ向けてマネージャー募集」!?

※公演は終了しました。
ミュージカル『テニスの王子様』の最新情報をメールでお知らせします。登録はこちら

不動峰らしい“雑草魂はライブでも健在

 “不動峰中体育館”である会場には、「不動峰をもっと身近で応援したい」というマネージャー志望のサポーターが集合、という設定。オープニング、学ランを着込んだメンバーの応援団風の熱血口上に続き、敗北から立ち上がるためには自分たちに足りないモノを補わなくては → 練習量も努力も勝利への強い思いも負けていない → じゃあどうする? →よりテニスに集中できる環境を整えるためマネージャーを募集しよう! と考え実行に移すまでの部員たちの葛藤がドラマ仕立てで展開していく。

 その後は集まってくれたマネージャー志望のみなさんに対し、「自分たちがどれだけ真摯にテニスと向きあっているか」をプレゼンしていくというストーリーに沿って、『俺の仕切ったリズム』『真剣勝負だ!』ほかミュージカルナンバー全9曲(メドレーを含む)を不動峰メンバーオンリーで披露するという構成。テニミュのステージでありながらも青学(せいがく)不在という画期的な状況は、チームライブならではの魅力。まさに不動峰サポーターには夢のような時間だ。

 彼らのカラーともいえる“コートに這いつくばり、泥まみれで勝利を掴んでいく”雑草魂はライブでも健在。プラス、とはいえ中学生ならではのちょっとはしゃぎたい瞬間や、夢に向かって突き進む中で感じる不安や疑問といった“普通の男の子”の一面もあるんだよ…という描写もほどよく織り込まれ、ライブ全体が硬軟バランスよく描かれた“本編の中では語りきれない敗者の後日譚”となっている。そこに感じられるのは「負けたら終わり。次の学校」ではなく、青学(せいがく)と闘ったすべての学校が『テニスの王子様』を形づくる欠かせないピースなんだ、という本作がもともと持っている大きな愛情。そして、キャストと観客の強い絆だ。

 試合中には決して見ることのできない笑顔、イメージに縛られない生き生きとしたダンスパフォーマンスやチームワークに根ざしたトーク。「3rdシーズン 青学(せいがく)vs不動峰」公演を駆け抜けたメンバーだからこそ生み出せる、深みを増したキャラクターとしての佇まいやチーム感もバツグン。そんな不動峰の存在を強く印象づけてくれる青春のステージで彼らが見つけた“マネージャー”とは…? その答えはぜひ会場で!

キャストよりメッセージ

橘 桔平 役:青木空夢
チームライブということで、原作ではなかなか見られない橘と2年生のやりとり、メンバー同士の普段のリアクションや表情などを考えながら創ってきました。不動峰の新たな一面と、変わらずに真っすぐで素直なところ。そのふたつが今回のみどころになっていると思います。今回、「いつかは僕らの『真剣勝負とはそういうこと』を披露したい」という思いが叶い、1stシーズンから歌われてきた不動峰のナンバー『真剣勝負とはそういうこと』を歌えたのも嬉しかったですし、こんなに輝いている不動峰はもうないんじゃないかっていうくらい(笑)、ステージ上で輝いている7人を観てもらえているのが嬉しいです。これからも、さらにチーム力を増し続けている僕たち不動峰のことを忘れずに応援してください!

伊武深司 役:健人
ライブにあたっては自分の中でさらに伊武深司を掘り下げていくこと、そして、7人という人数だからこそパフォーマンスをより大きく見せてお客様を魅了できるように…を課題に取り組んできました。なにより、団結力がどんどんあがっている僕たちのがむしゃらな熱…不動峰の泥臭さ、不動峰魂、熱と感激を伝えたいです! ひたすらがむしゃらに頑張っている不動峰らしいパッションを感じてください。

神尾アキラ 役:伊崎龍次郎
神尾アキラの“核”をしっかり持てば、あとは柔軟にみんなと楽しめるんじゃないかと思いながらライブを創り上げてきました。不動峰の団結力はもちろん、僕らひとりひとりのキャラや、それぞれのナンバーに込められた思いもしっかり伝えていきたいですね。チームライブで確実にステップアップし、引き続き出演する次の聖ルドルフ公演でも「青学(せいがく)と聖ルドルフを喰ってやろう!」というくらいの気合いで臨みます!

[取材・文=横澤由香]
[撮影=坂野則幸]

公演概要

ミュージカル『テニスの王子様』
TEAM Live SEIGAKU/TEAM Live FUDOMINE


©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
©許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会


<公演日程・会場>
ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Live FUDOMINE
2015/7/29(水)〜8/1(土)AiiA 2.5 Theater Tokyo(東京)
※東京公演は終了しました

2015/8/8(土)〜8/9(日)京都劇場(京都)

<キャスト&スタッフ>
※当日券等詳細については公式HPでご確認ください。

原作:許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)

※公演は終了しました。
ミュージカル『テニスの王子様』の最新情報をメールでお知らせします。 登録はこちら
2015-08-12 12:58 この記事だけ表示