市村正親インタビュー&動画コメント掲載!『屋根の上のヴァイオリン弾き』特集[インタビュー]

1967年に森繁久彌主演で日本初演された、王道の中の王道ともいえるミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』
森繁による公演の後、西田敏行が引き継ぎトータルで1200回を越えるロングランを続けた、この名作ミュージカルが2004年、ニューバージョンとして生まれ変わった。この舞台で、主役・テヴィエを演じたのが市村正親だ。

1年間で、舞台に立たない日を数えるほうが早いようなイメージがあるほど、休みなくさまざまな舞台に立ち続けている市村。彼が初挑戦したことで、それまでとはまったく違うキャラクターの新鮮なテヴィエが誕生、観客を笑わせ、泣かせて、大きな話題となった。そして今回、1年半ぶりに再びテヴィエを演じることになった市村に、『屋根の上〜』の魅力を聞いた。

市村正親インタビュー&動画コメント掲載!『屋根の上のヴァイオリン弾き』特集はこちらからどうぞ!



コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。