誰もが知ってるヒットナンバー誕生のその裏にあった、ひと組の夫婦の物語。原田泰造、戸田恵子主演のMUSICAL 『ザ・ヒットパレード〜ショウと私を愛した夫〜』[公演情報]

日本のポップスシーンの土台を作った渡辺プロダクション創設者、渡辺晋とその妻・美佐の愛と人生にスポットをあてたMUSICAL 『ザ・ヒットパレード〜ショウと私を愛した夫〜』。主演はミュージカル初出演となる原田泰造と、舞台にテレビにと大活躍の女優戸田恵子。夢を追い、日本のショウビズ界を華やかに切り開いていった夫婦の物語を、歌と笑顔とスペシャルなショウで彩った話題の舞台の魅力に迫るべく、熱気あふれる稽古場を訪問。主演の2人に作品にかける意気込みをうかがった。

ep-L0703_025.jpg

>>チケットの詳細・申込み

>>携帯からの申込み

>>独占動画コメントはこちら!

>>稽古場リポートはこちら!



――お稽古、順調のようですね。

原田 僕は今回初めてミュージカルの台本っていうモノを見たんですけど、なんだかもう、さっぱり意味がわからなくて(笑)。でも稽古が始まったら「あ、ここでこういう音楽が入るのか!」「ここはこんな風になるんだなぁ」ってすべてが驚きで。戸田さんにそう話したら「そうそう。台本を読んでいるときに音楽が流れたらいいのにね」っておっしゃってて、ホントその通りだなって思いました。今は毎日新鮮な気持ち。稽古に来るのは学校に来るみたいなカンジで、本当に楽しくやっています。
戸田 そうですね。全シーン、歌も振りも芝居もついてまずはひと安心。今はさらに形になったそのひとつひとつをつきつめて行っているところです。

p4.jpg

――稽古に入ってから改めて知ったお互いの魅力はありますか?
原田 戸田さんはねぇ…スゴイ! 本人を目の前にしていうのもなんだけど、化け物みたい。なんか、稽古場で「ウオォーー!」ってなってて(笑)。かといって近寄りがたいわけじゃなく、何でも聞ける頼れる存在。1人でいるときに歌とかわからなくなると、すぐ「戸田さんに電話してみよう」って思っちゃう(笑)。で、そこで歌ってもらったのを録音して何回も聴いて…。助かってます。
戸田 電話ね〜。ファミレスでごはん食べてる時にかかってきて、とりあえず小ちゃーい声で歌ったりして(笑)。でもそれもまた心配で「さっきは小ちゃい声でしか歌えなかったので、もう1回歌いましょうか?」ってあとでかけ直したり(笑)。
原田 歌を聴きながらそういうの考えると涙出てきますよ。悪いなぁって。しかもそれが友だちが金借りに来たっていう歌で、ね。
戸田 そうそう。どうせファミレスで歌うならもっと感動的な歌のほうが良かったけど(笑)。でもその瞬間、泰造さんはおうちで一生懸命おさらいしてたわけで…うん、あのカンジはね、なんかあったか〜い、愛しい瞬間だったな。


p6.jpg

――お互い、夫婦役としての信頼感もすでにバッチリというところですね。
戸田 私は元々泰造さんのファンだったので、こうして実際にご一緒してみて、やっぱり思った通りの真面目な方だなぁと思いました。たぶんね、みなさんには表面上は私が泰造さんに頼られてるように見えるかもしれないんだけど、たまたま私が仕事も人生も多少先輩で慣れてるってだけで、稽古場で悩んだり、迷ったり、条件は同じだと思います。むしろ根底の部分では、私もかなり泰造さんに頼ってるというか。
原田 ええっ!? それは絶対ないですよ〜!
戸田 ホントホント。泰造さんは、すごいドーンとしてて大きいってイメージがあるの。何があってもヘコまないし動じない。それはもう天性のモノだと思うんだけど、実際、大変なことも「楽しい」って言って乗り越えてくれてるでしょ? 大物の証拠ですよね。私にとってはそういうところがとてもやりやすいというか、いい感じでお仕事ができるし、すごく頼りになるんです。
原田 戸田さんは正直ですよね。「今日は眠い〜」とかハッキリ言うし(笑)。それがいい。でも、今のところ戸田さんが稽古場で僕に何か聞いて来てくれるということはないですね。「(ネプチューンの)健ちゃんっていつもああなの?」とは聞かれたけど(笑)。

――では、晋さんと美佐さんの夫婦像は?
原田 晋さんは美佐さんとうまくやりながら、自分の好きな事をすべてやってきた人だって思います。美佐さんは逆に自分のやりたいことをやりつつも旦那さんをちゃんと立てていて、すごく健気。この作品では特に彼女の健気さを感じますね。
戸田 ホントに。健気すぎて涙が出ます。でもやっぱり晋さんはそんな美佐さんをしっかりと支えていて、彼がいるからこそ美佐さんも大きく羽ばたける。これはもう縁なんでしょうね。2人の絆は夫婦の域を超えたところで強く結ばれているような気がします。

――今回はナベプロの生んだヒットソングの数々が歌われるのも話題です。
原田 歌は「楽しい」のひと言。ぶっちゃけるとまだ苦戦している部分もありますけど、知っている歌もたくさんあるし、乗れる曲のときは自分の中でガンガン行っちゃいます。

――乗れない曲もある?
原田 はいっ。僕は同じように乗って歌ってるつもりなんだけど、稽古場でそれを見てる先生がちょっと首を傾げてる場合は、まだ乗れてない歌なんですね(笑)。本番までには先生も笑顔で聴いてくれるようにしたいな。早くお客さんの前でも歌いたいです。
戸田 元々あるヒットソングがけっこうまとまって出て来るんですけど、凄く力がある曲ばかりなので、そうじゃないところ。登場人物たちの心情である歌=オリジナルの部分も同じ強さで伝えたい、というのが表現上の課題ですね。宮川彬良さんの音楽がすごく綿密に計算されて素晴らしく出来上がっていますし、ミュージカルですから「なんで歌ってるんだ? そこはセリフでいいじゃねえか」って言われないよう(笑)、美佐さんや晋さんの気持ち、時代の流れなんかを豊かな感情で丁寧に歌って、自然に聴いて頂けるようにしたいと思ってます。

――では最後に会場へいらっしゃるお客様にメッセージを!
戸田 テレビもなかった時代に晋さんと美佐さんが新しい世界を切り開いていったという、芸能界のバックステージものとしての面白さもありますし、語り尽くせないほどの2人の人生のエッセンスを舞台という限られた時間の中にギュッと詰め込んだ、とてもあったかくて素敵なお話しになっています。私たちはそれを歌とお芝居で丁寧に届けていきたいと思っていますので、ぜひ楽しんで観てくださいね。
原田 戸田さんの言うように、緻密に計算されたこのステージをしっかり計算通りにやり遂げたい。それができればお客さんにも大いに楽しんでもらえると思うし。懐かしい歌あり、オリジナルあり。どの世代にも楽しんで頂ける、明るく楽しく華やかな舞台になってます。普段お芝居やミュージカルをあまり見ない人にも楽しんでもらえる作品なので、ぜひみなさんでいらしてください。劇場で一緒に歌いましょう!

>>チケットの詳細・申込み

>>携帯からの申込み

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。