記念碑的作品「リア王」が、ついに日本人キャストで過激に再生!彩の国シェイクスピアシリーズ第19弾「リア王」[公演情報]
1999年 英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーにおいて蜷川幸雄が演出した
記念碑的作品「リア王」が、ついに日本人キャストで過激に再生。
高齢者劇団「さいたまゴールドシアター」を立ち上げるなど 
近年”老い”を描くことに意欲を燃やす蜷川が、
平幹二朗をはじめとする最高のキャスティングで 新たに「リア王」と向き合う。



撮影:渡部孝弘

>>チケットの詳細・申込み

◆平 幹二朗さんから、動画コメントが届きました!

◆内山 理名さんから、動画コメントが届きました!

 蜷川幸雄といえば名だたる俳優たちがその作品に出演する事を切望する演出家として有名だ。でもそれは、日本国内にとどまらない。
 彼の作品は20年にわたり、毎年少なくとも1本は欧米の名門劇場やフェスティバルに招かれている。1999年に蜷川は非英国人では初めてという快挙をなしとげる。世界のシェイクスピア演劇の最高峰である英国RSC(ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)へシェイクスピア劇の演出に招かれたのだ。
 その作品は「リア王」。英国屈指の名優たちに日本からは真田広之が加わったこの舞台は、さいたま、ロンドン、ストラットフォード(シェイクスピアの生地)で半年にわたって上演され、国内外の演劇界に多大な衝撃を与えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 幻の名作となったこの舞台が、2008年ついに日本人キャストで甦る!
 ”リア王”役を「NINAGAWAマクベス」「王女メディア」「近松心中物語」「タンゴ・冬の終わりに」「グリークス」など蜷川演出の数々の傑作の主演をつとめた平幹二朗が演じる。日本演劇界の誰もが認めるゴールデン・コンビが、シェイクスピア四大悲劇の中で最も哀しい傑作を上演する。
 物語の鍵を握る三女コーディリア役には、ドラマ・映画で活躍が目ざましい内山理名。待望の初舞台で蜷川シェイクスピアにどんな新風を吹き込んでくれるのか注目したい。
 「サー・ナイジェル・ホーソンから平幹二朗へ。」1999年当時、英国の名優たちを演出した蜷川版「リア王」が、日本で最高に魅力的なキャストを得て、完全版として再生する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「リア王」が描くのは、ズバリ“老い”。年老いた末に王位から退くリア王に降りかかる、数々の裏切りと失望。怒りに震えながら死を迎えるリア王の姿に、蜷川は何を照らし出そうとするのか……?
 奇しくも蜷川は、自身が芸術監督をつとめる彩の国さいたま芸術劇場で、高齢者のみを団員とする劇団「さいたまゴールドシアター」をたちあげている。”老い”という誰もが避けて通れない人生のテーマに刺激された生々しい創作意欲が、今回の「リア王」の演出で存分に活かされることが大いに期待できる。
 まさに絶好のタイミングで上演される蜷川版「リア王」を、決して見逃してはならない。



◆公演詳細

公演名: 彩の国シェイクスピアシリーズ 第19弾 「リア王」
キャスト
リア王      平 幹二朗
 
コーディリア   内山 理名
リーガン     とよた 真帆
ゴネリル     銀粉蝶

エドモンド    池内 博之
エドガー     高橋 洋
オールバニー公爵 渕野俊太
道化       山崎 一

グロスター伯爵  吉田 鋼太郎
ケント伯爵    瑳川 哲朗


【埼玉公演】
◇公演期間 2008年1月19日(土)〜2月5日(火) 全18回公演

◇会場   彩の国さいたま芸術劇場大ホール(JR埼京線 与野本町駅下車徒歩7分)

◇チケット料金(税込・全席指定) 
S席10,000円 A席7,000円 B席5,000円 学生席2,000円(劇場のみ取扱)
※未就学児の入場はご遠慮ください。

◇一般前売日   2007年10月13日(土)

【大阪公演】
◇公演期間 2008年2月22日(金)〜24日(日) 全4回公演

◇会場   梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ




◆1999年公演劇評より

―舞台には悲しい、東洋的美しさがある―(何人かの優れた演技では)東洋的な様式と、英国流の戯曲の細部の表現が純粋に結びついていた―
(英・ガーディアン紙)


―私は老いに対する憤りを、これほどまでに気付かせてくれたリア王に出会ったことがない―この作品は全体を通して、我々のもつ常識概念を打ち破る新鮮さを持ち、印象の曖昧さを指摘する―
(英・サンデーテレグラフ紙)

―作品を固定的にとらえていた英国人は、この舞台に見方を揺さぶられた―
(朝日新聞)




◆ものがたり

古代ブリテン、老齢に達した国王リアは自らの引退を宣言し、三人の娘を呼び集め「親を思う気持ちが最も深い者に、最も大きな贈り物を授ける。」と言い放つ。長女ゴネリル、次女リーガンは美辞麗句で父を称えるが、末娘コーディリアは素直な気持ちを伝え、父の怒りを買う。リアに勘当されたコーディリアはフランス王の求婚を受け宮殿を去り、王の乱心をいさめようとした忠臣ケント伯爵も国外追放を言い渡される。

 リアの臣下、グロスター伯爵の嫡男エドガーは、父の財産と地位を狙う私生児エドマンドの策略にはまり、気違い乞食に姿を変え荒野に逃亡する。

一方、手のひらを返したようなゴネリルとリーガンの冷徹な仕打ちに絶望の淵に突き落とされたリアは正気を失い、道化だけを伴い荒野をさすらう。

嵐の荒野、風雨の中にリアの咆哮が響き渡る。

そしてリアとグロスター、二つの家族全員に残酷な運命が待ち受ける……。



◆キャストプロフィール

平幹二朗 (ひら みきじろう) リア王役

king01.jpg1933年広島県出身。俳優座では千田是也氏に師事。退団を機に浅利慶太演出の「ハムレット」に出演、新境地を開く。その後蜷川幸雄演出の作品にも多く出演、主な作品は「王女メディア」「近松心中物語」「NINAGAWAマクベス」等があり、これらの作品は海外でも高い評価を得た。その後病を経て約10年後、蜷川氏と再会「王女メディア」「テンペスト」「近松心中物語」を再演。新作「グリークス」など氏とのコンビが復活。一方、自らが主催する(幹の会)でシェイクスピア全作品の上演をライフワークとし、現在10作品目を数える。1998年〜1999年にかけて上演した「十二夜」では得意とする悲劇に加えて喜劇の面でも新境地を開き2001、2005年の幹の会公演「冬物語」、2002年の「リア王」、2004年「オイディプス王」では演出も手がける。


内山理名 (うちやま りな) コーディリア役

king02.jpg1981年神奈川県出身。98年『美少女H』(CX)で女優デビュー。その後テレビドラマ 『なにさまッ!』(TBS)、『すずらん』(NHK)、『美しい人』『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』(TBS)、『ルーキー』(ヒロイン・CX)、『ハンドク!!!』(ヒロイン・TBS)、『GOOD LUCK!!』(TBS)、『武蔵』(NHK)『元カレ』(ヒロイン・TBS)、『ファイアーボーイズ〜め組の大吾〜』(ヒロイン・CX)、『大奥〜華の乱』(主演・CX)、『嫌われ松子の一生』(主演・TBS)『生徒諸君!』(主演・EX)、映画『サトラレ』(主演・本広克行監督)、『卒業』(主演・長澤雅彦監督)、『深紅』(主演・野澤尚脚本・月野木隆監督)怪談新耳袋劇場版『ノブヒロさん』(主演・豊島圭介監督)など多くの話題作に出演している。06年度には、エランドール新人賞を受賞した。舞台は今回が初となる。


とよた真帆 (とよたまほ) リーガン役

king03.jpg1967年東京都出身。89年『愛しあってるかい!』(CX)で女優デビュー。以降ドラマをはじめ、映画、CMなどでも活躍。主な出演作品にテレビドラマ『すてきな片思い』(CX)、『竜馬におまかせ!』(NTV)、『SWEET SEAZON』(TBS)、『空から降る一億の星」』(CX)、『鉄板少女アカネ!!』(TBS)、連続テレビ小説『どんど晴れ』(NHK)、『さくら署の女たち』(ANB)、映画『極道の妻たち〜決着』(中島貞夫監督)、『ピカレスク〜人間失格』(伊藤秀裕監督)『月の砂漠』『SAD VACATION』(青山真治監督)、『キャッチ ア ウェーブ』(高橋伸之監督)、舞台『恋・高らか太鼓』(村松欣演出))、『これはあけぼの』(泪目銀座・福島三郎演出)、『世界の中心で、愛をさけぶ』(西川信廣演出)などがある。蜷川演出舞台には、今回が初参加となる。


池内博之 (いけうちひろゆき) エドモンド役

king04.jpg1976年茨城県出身。96年『Tokyo23区の女』(CX)で俳優デビュー。以降主な出演作品に、テレビドラマ『GTO』(CX) 、『ビューティフルライフ』『First Love』(TBS) 、『共犯者』(NTV)、大河ドラマ『新選組!』(NHK)、『がんばっていきまっしょい』(CX)、『肩ごしの恋人』(TBS)、映画『チキン・ハート』(主演・清水浩監督)、『ロックンロールミシン』(主演・行定勲監督)、『嗤う伊右衛門』(蜷川幸雄監督)、『全身と小指』(主演・堀江慶監督)、『HAZARD』(園子温監督)、『ドルフィンブルー〜フジ、もう一度宙へ』(前田哲監督)などがある。06年の『13の月』では映画初監督を務めた。
舞台は『髑髏城の七人』(いのうえひでのり演出)、『ラヴ・レターズ』(青井陽治演出)、『初仕事納め』(主演・大江祥彦演出)に続き今回が4作目となる。



>>チケットの詳細・申込み

◆平 幹二朗さんから、動画コメントが届きました!

◆内山 理名さんから、動画コメントが届きました!







コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。