世界的人気子供番組「セ○ミストリート」の登場キャラクターたちをほうふつとさせるキュートなパペットと人間たちが、ニューヨーク郊外のとある通りで繰り広げる“人間”模様を、スパイシーなユーモアやきわどい下ネタをからめて描くパペット・ミュージカル「アベニューQ」。人種差別に同性愛、インターネットポルノなどを扱い、パぺット同士の激しいラブシーンも登場するこの異色作、2003年にオフ・ブロードウェイで初演されて爆発的人気を博し、わずか5か月でオン・ブロードウェイに進出。最優秀作品賞をはじめとする3部門でトニー賞を獲得し、ロンドン・ウエストエンドでも上演された話題作が、今年12月、“来日ミュージカル公演のチケット価格破壊!!”のお値打ちプライスで来日公演を行なうこととなり、このたび、パペットたちが“来日”しての爆笑記者会見が開かれた。

続きを読む
2010-10-22 18:06 この記事だけ表示

19世紀末期の琉球王国を舞台に、歴史のうねりの中、祖国を守ろうと懸命に生きる女性の姿を壮大なスケールで描いた池上永一の大ヒット長編小説「テンペスト」。男の姿にみをやつし、エリート官僚となって祖国のために働く主人公、真鶴/孫寧温の役どころに沖縄出身の仲間由紀恵を得て、2011年2・3月、東京・赤坂ACTシアター及び大阪・新歌舞伎座にて上演されることとなり、このたび製作発表記者会見が行なわれた。


冒頭、力強い太鼓に伴われた勇壮なエイサーが披露され、華麗なコスチュームを身にまとった出演者たちが登場。仲間は黄色も目にあざやかな紅型の衣装、ロマンスのお相手となる薩摩藩士・浅倉雅博役の山本耕史は和装、宦官・徐丁垓役の西岡コ馬は中華風、琉球の王族神・聞得大君役の生瀬勝久は妖しいムードたっぷりの装い、寧温の同僚、喜舎場朝薫役の安田顕、琉球の尚泰王役の伊阪達也も琉球風の華やかな衣装といった具合だ。

仲間の母親が、所属事務所の社長に本をわざわざ送るほどの原作の大ファンであったことから、トントン拍子に舞台化企画が進行したという今回の作品。原作者の池上永一も、「ヒロインを絶世の美女と書いたおかげで、今日こうして仲間さんにお会いできた」と盛大な笑顔。演出の堤幸彦は、「すばらしい原作を手にした日から、いつか舞台作品にしたいと思ってきた。すばらしいキャストとスタッフにも恵まれた今回、最新鋭の技術や映像も多用して、観終わった後、大きな心のおみやげを持って帰れるような作品に仕上げたい」と抱負を語った。

続きを読む
舞台「銀河英雄伝説=第一章銀河帝国編=」の制作発表が行われました!
キャストのみなさん、そして原作者の田中芳樹さんのコメントをご紹介します。

続きを読む
2010-10-08 15:13 この記事だけ表示

 2010年の締めくくりを飾る超話題作『ジャンヌ・ダルク』の制作発表が都内で行われ、その全貌が明らかになった。

続きを読む
2010-07-15 15:55 この記事だけ表示

 TBS系で放送されたドキュメンタリー番組で大きな反響を呼び、のちに書籍化、2009年には映画化されて多くの人々に感動を与えた『余命1ヶ月の花嫁』。この実話を2010年初夏、なんと舞台化することが決定!
 桜が咲き誇る3月末、赤坂Sacasの野外ステージにて、この舞台の制作発表が行われた。

続きを読む
2010-04-09 18:28 この記事だけ表示

「プロペラ犬」がホーム(劇場)を飛び出し、アウェー(赤坂BLITZ)に舞い立つ! ロックから程遠い面々が(※一部出演者を激しく除く)、筋肉少女帯の音魂と共に、ライブハウスを舞台に繰り広げる、あまりに無謀なロックン演劇「アウェーインザライフ」。
2月25日、都内で行われた制作発表では、主演の水野美紀をはじめ共演の、村上知子・ソニン・小林顕作・伊藤明賢・市川しんぺー・木野花、脚本の楠野一郎、演出の河原雅彦、そして筋肉少女帯の大槻ケンヂが登壇した。

続きを読む

嵐の相葉雅紀主演の舞台『君と見る千の夢』の製作発表会見が都内にて行われた。

本作は『燕のいる駅』『忘れられない人』『グリーンフィンガーズ』に続き、相葉主演舞台4度目の演出となる宮田慶子からの「相葉さんに純粋なラブストーリーを」という要望を受け、『ナースのお仕事』シリーズや『陰日向に咲く』『ロミオとジュリエット』など、数々の作品を手がける脚本家・金子ありさが書き下ろした作品。


続きを読む
実在の結合双生児の数奇な生涯を描いたブロードウェイ・ミュージカル「サイド・ショウ」の製作発表が、双子にちなんで日付に2が並んだ“平成22年2月22日”に、都内の草月ホールにて行われた。

「サイド・ショウ」は、実在の結合双生児、デイジー・ヒルトンとヴァイオレット・ヒルトン姉妹(1908 年〜1969年)の数奇な生涯を描いた作品。作曲を「ドリームガールズ」等でグラミー賞を受賞したヘンリー・クリーガーが手掛けたブロードウェイの人気作。台詞がほとんど無く、全編歌を中心に物語が綴られていく。ジャンルを越えた様々なミュージカルナンバーが素晴らしい名作だ。





続きを読む