歌舞伎俳優の中村勘九郎と中村七之助が、10月の歌舞伎座と11月の新橋演舞場でふたりの祖父と父である十七世中村勘三郎と十八世中村勘三郎の追善興行を2ヶ月連続で行う。その記者会見の様子をレポートする。


■十月大歌舞伎

チケット申込

■十一月新派特別公演

チケット申込

続きを読む
2014-09-29 15:01 この記事だけ表示

 アメリカ・エンターテインメント界の鬼才ボブ・フォッシーの代表作であるブロードウェイ・ミュージカル「シカゴ」に、今年創立100周年を迎えた宝塚歌劇団OGたちが挑戦する。この世界初の女性キャスト・オンリーのプロダクションの制作発表記者会見がこのほど行なわれ、メイン3役を役替わりで演じる元男役トップスター9人が顔を揃えた。

続きを読む
2014-09-29 12:35 この記事だけ表示

 フランク・ワイルドホーン音楽、鈴木裕美演出、安蘭けい・濱田めぐみ・渡辺美里ら出演で2012年に初演された『アリス・イン・ワンダーランド』が、この11月に再演される。ルイス・キャロルの童話「不思議の国のアリス」を下敷きに、舞台を現代のニューヨークに置き換え、仕事にも家庭にも行き詰まった作家アリスの苦悩と成長を描く“最高のハッピーファンタジーミュージカル”だ。9月9日、都内で行われた製作発表に鈴木と扮装姿のキャスト9名が登場し、意気込みを語るとともにミュージカルナンバーを披露した。

続きを読む
2014-09-25 11:36 この記事だけ表示

 「オペラ座の怪人」は1911年に発表されたガストン・ルルーによるベストセラー小説。ミュージカル版は86年に初演され、それ以降、世界中のオーディエンスを虜にしている大ヒット作である。本公演「ファントム」は、脚本家アーサー・コピットと作曲家モーリー・イェストンのコンビによる“もうひとつのオペラ座の怪人”として知られ、91年の初演以降、怪人ファントム(エリック)の繊細な内面に迫るストーリーで、これもまた世界中で高い評価を受けている。公演初日の前日に行われたプレスコールでは、短い時間ながら切なくも荘厳な「ファントム」の世界観を存分に見せつけた。

続きを読む
2014-09-24 16:57 この記事だけ表示

2011年に発売されたPlayStationPortable用乙女ゲーム「AMNESIA」は、2013年にはテレビアニメ化され、さらにノベライズ版まで発売された人気タイトルだ。ファン待望のミュージカル版は今年1月に初演され、ヒットを記録。「AMNESIA re:again」はその再演となる。

続きを読む
2014-09-05 18:50 この記事だけ表示

第119回(1998年)の芥川賞受賞作でもある人気小説『ブエノスアイレス午前零時』。この作品の舞台化が実現することになり、8月下旬の某日、原作の藤沢周、演出の行定勲、脚本の蓬莱竜太に加え、森田剛、瀧本美織、橋本じゅん、千葉哲也、原田美枝子らキャスト陣も顔を揃え、製作発表会見が行われた。今回の会見場所は東京キネマ倶楽部で、このシチュエーションからして古き良き時代の雰囲気満点。ピアソラのアコーディオン音楽が響く会場は、会見前から大人のムードが漂っている。そして今回、音楽を担当するcobaの哀愁漂う楽曲が流れると、登壇者がステージ上に華やかに登場! それぞれから、作品への想い、抱負などが語られた。

続きを読む
2014-09-04 12:45 この記事だけ表示

 新橋演舞場から明治座へ、市川猿之助が「猿之助歌舞伎」にとってゆかりのあるふたつの劇場で奮闘連続公演を行う。文字通り昼の部も夜の部も大活躍で、2ヶ月で全27役を演じる。記者会見で語られた内容とは?

続きを読む
2014-08-29 18:26 この記事だけ表示

 今年5月、宝塚歌劇団を卒業した前花組トップスター蘭寿とむ。退団後女優として初めて挑む舞台「ifi(イフアイ)」の製作発表が、このたび都内で行われた。出席は、蘭寿、韓国のアイドル・グループSS501のメンバーであるパク・ジョンミン、ミュージカルを中心に活動するジュリアン、ヴォーカル・グループLE VELVETSの黒川拓哉、世界的スターのツアーに参加して踊ってきたケント・モリ、そして演出を担当する小林香。会場前方には一般客も着席し、出席者が登場するとそれぞれにかけ声がかかるなど、ファンイベントのような雰囲気だ。

続きを読む
2014-08-27 19:30 この記事だけ表示