自身のユニット、カンパニーデラシネラでの創作活動のみならず、白井晃や松村武の演出作品でステージング・振付を手がけるなど、幅広く活躍中の演出家・振付家、小野寺修二。カンパニーデラシネラで2010年に初演された「異邦人」の再演の舞台稽古を観た。

続きを読む
2013-02-15 11:28 この記事だけ表示

 ユニークな作風で知られる西田シャトナーが作・演出を手がけ、松山ケンイチが舞台初挑戦初主演にしてセミを演じる「遠い夏のゴッホ」。恋を成就させるため、運命に抗い、己の短命を延ばさなくてはならないセミの青年の闘いが描かれる異色のラブストーリーだ。2月3日の初日まであと10日となった日、公開稽古が行われた。

 
続きを読む
2013-02-08 18:10 この記事だけ表示


 イギリスの片田舎にある古い洋館を舞台に、それぞれの思惑を抱えながら一匹の魚の名前をめぐり駆け引きを交わす男女11人の一夜を描く『+GOLD FISH』。作・演出の西田大輔が、ミステリの女王アガサ・クリスティの抱える想いと彼女が引き起こした「空白の11日間事件」にインスパイアされ生まれたという本作は、米倉利紀、杏子、笹川美和、桑野信義、IZAM、KATSUMIらキャストのほとんどがミュージシャンという異色作だ。目指すのは、“上質なミステリ音楽劇”。2月7日の初日を前に、稽古場は日々熱を増しているようで──

 
続きを読む
2013-02-07 13:27 この記事だけ表示

 1995年に演劇ユニット、ジョビジョバが上演した「ジョビジョバ大ピンチ」を原作に、細川徹が脚色・演出を手がけた「スペーストラベラーズ」。7月、下北沢・本多劇場にて「スペーストラベラーズ side;Summer」として上演された作品が、同じ演出、同じ劇場で、キャスト6人がそっくり入れ替わっての「スペーストラベラーズ side;Winter」としてお目見えする。初日を間近に控えた稽古場での通し稽古を観た。

 
続きを読む
2012-12-21 21:51 この記事だけ表示


 “美少女×三国志×格闘技”――2000年の漫画連載開始以来、多彩な展開を続けてきた『一騎当千』。現代版三国志の先駆けとなった名作が、人気劇作家・西田大輔の手で、待望の舞台化! ド派手なアクションとともに、服が破けていく!? という演出も気になる本作だが、DVD化されないため、生でしか観ることができない。そのぶん気合が入る稽古場には、初日まで2週間を切った熱気がみなぎっていた。


続きを読む
2012-11-29 17:07 この記事だけ表示

 在日コリアンの家族の姿を通して日本と韓国の近現代史を鋭くあぶり出した「焼肉ドラゴン」(2008)で高い評価を得た鄭義信が作・演出を担当、草g剛、広末涼子、香川照之、そして韓国ドラマ「最高の愛」などで知られるチャ・スンウォンが出演する「ぼくに炎の戦車を」が、11月3日、赤坂ACTシアターにて開幕。初日の舞台に先駆けて行なわれた公開稽古を観た。

続きを読む
2012-11-08 17:50 この記事だけ表示

 おなかを抱えて笑っていたはずの観客が、やがて表情を強張らせて悲鳴をあげる。舞台『こどもの一生』は1990年に中島らもが書き下ろし、G2演出で初演。その後、何度も再演が重ねられたものの、なぜか14年間封印されていたという伝説的な名作だ。その初演から22年。今回、新キャスト、新演出で生まれ変わった2012年版『こどもの一生』が、東京・パルコ劇場でいよいよ11/4に開幕した。その初日前夜に行われた公開舞台稽古には、たっぷりの笑いと新たな恐怖が詰まっていた。



続きを読む
2012-11-07 17:13 この記事だけ表示

 中島らも作、G2演出の舞台『こどもの一生』。笑いと恐怖が同時にやってくるという稀有な名作でもあるこの舞台は1990年の初演以来、何度も再演を重ねてそのたびに大きな話題を集めてきた。それが実に14年ぶりの復活を遂げることになった今回、時代の変化に合わせて脚本も潤色され、新たな息吹が吹きこまれる。まさに稽古真っ最中の谷原章介と戸次重幸に作品への想い、稽古の感想を聞いた。


 
続きを読む
2012-10-26 17:52 この記事だけ表示