昨年の6月に上演、小さな赤ちゃんたちの大冒険の顛末を描き好評を博した奇想天外なコメディ『ママと僕たち』の第2弾、『ママと僕たち〜おべんきょイヤイヤBABYS〜』の稽古が公開された。今度の冒険の舞台は幼児教室〔のびる会〕。「ママ大好き!」な赤ちゃんたちに、今度はどんなハチャメチャなミッションが課せられるのだろうか──。

続きを読む
2014-04-28 11:31 この記事だけ表示

 演技派若手俳優として人気、実力ともに高評価を得ている多部未華子、三浦涼介、木村文乃が初共演する舞台『わたしを離さないで』。原作は英国最高の文学賞であるブッカ―賞の受賞作家、カズオ・イシグロの傑作長編小説で、2010年には映画化もされている話題作だ。この作品を演出するのが“世界のニナガワ”こと蜷川幸雄であることも、この舞台が注目を集めているポイントのひとつ。稽古初日から約3週間が経過し、作品づくりが着々と進みつつある4月中旬の某日、稽古場を見学させてもらった。

続きを読む
2014-04-25 10:13 この記事だけ表示

 2011年、KAAT神奈川芸術劇場のこけら落とし作品として上演され、同年夏、ニューヨークのリンカーン・センター・フェスティバルに正式招待された「金閣寺」。三島由紀夫の同名小説を原作に、宮本亜門が演出を手がけたこの作品が、2014年、新たなキャストを得て上演される。吃音ゆえ疎外感を抱えて生きる主人公溝口に柳楽優弥、障害を抱えながらも挑発的に生きる柏木に水橋研二、溝口の良き友鶴川に水田航生、溝口の初恋の相手有為子とお花の師匠の二役に市川由衣というキャスティングだ。3月下旬、その稽古場を訪れた。

続きを読む
2014-04-02 14:16 この記事だけ表示

 作家にしてミュージシャン、映画監督でもある辻仁成が芥川賞受賞作で自身の代表作『海峡の光』を舞台化する。人間の心の闇を見事に描いたと高い評価を得たこの作品を、視点を変えて辻自らが大胆に舞台脚本化し、演出も担当。出演は歌舞伎役者でありながら現代劇や映像作品にも精力的に取り組む中村獅童と、個性派役者、アーティストとして活躍するラーメンズの片桐仁という新鮮な顔合わせが実現する。4/11の初日に向けて着々と稽古が進行中の3月某日、本番の会場となるよみうり大手町ホールにて、その公開稽古が行われた。

続きを読む
2014-04-01 12:28 この記事だけ表示

(左より)宇崎竜童、三浦祐太朗、佐藤浩希

 近松門左衛門の『曽根崎心中』×阿木燿子・宇崎竜童×フラメンコという新鮮なミクスチャーから生まれ、2001年の初演以来、進化と変容を続けながら上演されて来た意欲作『FLAMENCO曽根崎心中』。その最新バージョンが新国立劇場にて上演される。本番に先がけ行われた公開音楽稽古では、和洋の楽器が入り乱れる生バンドの演奏に乗せてひとりの登場人物をダンサーと歌い手それぞれが受け持つという『FLAMENCO曽根崎心中』ならではのスタイルでの表現を披露。また、音楽監督・作曲を担当する宇崎竜童、徳兵衛役(踊り)で振付と演出も担当する佐藤浩希、今公演から新たに徳兵衛役(歌)で参加する三浦祐太朗が、公演に向けて意気込みを語ってくれた。

※本稽古場レポートは2014年公演時のものです。
2015年公演のチケット購入はこちらから

続きを読む
2014-03-06 17:47 この記事だけ表示

 黒柳徹子が主演をつとめる海外コメディ・シリーズ『思い出のカルテット』は、かつて活躍した元オペラ歌手4人のリタイア後の人生をスケッチした、笑えて泣ける良質な一作。その稽古場にお邪魔した。

続きを読む
2014-02-18 19:42 この記事だけ表示


 絶賛失業中の男たちが、一発逆転をかけてストリップショーに挑むまでを描く話題のミュージカル『フル・モンティ』の稽古が公開された。当日はいくつかのシーンが続けて披露され、記者席も大盛況。間近で感じたカンパニーの間にたちこめるホットな空気をお届けしたい。

続きを読む
2014-01-29 10:48 この記事だけ表示

ミュージカル『忍たま乱太郎』は殺陣アクション満載の本格派。元気でハッピーな忍者のたまごたちと新しい1年をスタートさせよう!!!


続きを読む
2013-12-25 20:15 この記事だけ表示