現代を代表する演出家ピーター・ブルックの演出作の初めての来日公演が行なわれたのは、今から40年前の1973年のこと。彼がロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで手がけた「夏の夜の夢」の、白い壁で囲まれた空間で織り成される斬新な舞台が、日本の演劇界にも大きな影響を与えた。その世界的巨匠の最新作「ザ・スーツ」が、パルコ劇場40周年を記念し、同劇場で上演中だ(17日まで)。原作は、南アフリカ出身の作家、キャン・センバの同名小説。発表後、同国では黒人作家の作品すべてが発禁処分となり、彼は亡命を余儀なくされ、失意のうちに異国に死した。ブルックはこの作品を1999年にフランス語作品として発表、昨年新たに英語作品として再創造している。来日公演の初日の舞台(6日、19時の部)を観た。


続きを読む
2013-11-08 14:58 この記事だけ表示

 昨年の夏、青山劇場での日本初演で4万人をも動員、韓国ミュージカル史上最高の興行記録を樹立したミュージカル『Jack the Ripper』が帰ってきた。
新たなキャストも仲間入りし、さらにパワーアップした名作の舞台稽古とこけら落しに潜入!

続きを読む
2013-11-07 17:13 この記事だけ表示

 2013年8月、再演という形で上演を終えた『RE-INCARNATION』。その続編にして新作となる舞台『RE-BIRTH』が、1ヶ月後という驚異のスピードで幕を開けた。

続きを読む
2013-10-25 12:28 この記事だけ表示

 三谷幸喜最新作は、世界的喜劇作家ニール・サイモンが名誉あるピューリッツァー賞に輝いた珠玉のヒューマンドラマ『ロスト・イン・ヨンカーズ』。人様には言えない親兄妹が巻き起こす、家族間の悲喜こもごもを、洒落たセリフの応酬と共に描き出す。例えるなら“フーテンの寅さん”的笑いと涙の人情喜劇が1942年、第二次大戦中のニューヨーク州ヨンカーズ市を舞台に展開する。さしずめ、この街に暮らす主人公のユダヤ系移民ミセス・カーニッツ(草笛光子)はカミナリ親父ならぬ“鉄の女”だ。成人した子供たちから未だに恐れられる存在だが、ある日、彼女が末娘ベラ(中谷美紀)と暮らす家に、長男エディ(小林隆)が二人の息子、ジェイク(浅利陽介)とアーティー(入江甚儀)を引き連れてやってくる。出稼ぎに出る間、二人の孫を預かって欲しいという。その後、ギャングに追われて放蕩息子の次男ルイ(松岡昌宏)が突然帰郷し、ベラの呼びかけで嫁ぎ先から長女ガード(長野里美)が実家を訪れ、物語が動き始める。

続きを読む
2013-10-25 12:14 この記事だけ表示

『プレゼント◆5』『合唱ブラボー!』など、ネルケプランニングのステージに登場してきたキャラクターたちが、品川プリンスステラボールにて一日限りのアイドルフェスを開催した。劇中で歌われてきた楽曲披露はもちろん、本編では決して叶うことのない同士のコラボレーションやゲームコーナーもたっぷり。また、実在のアイドルユニットをゲストに迎えるなど、虚実ない交ぜの顔ぶれで贈るユニークでスペシャルな“アイドル空間”に、オーディエンスも大満足の一日となった。
『勝手に!ドルフェス2013』公式サイト


▼関連公演:プレゼント◆5 −満月にリボンをかけて−
★握手会決定!
続きを読む
2013-10-21 14:14 この記事だけ表示


 現在、ミュージカル専用劇場「アミューズ・ミュージカルシアター」で上演中の『恋の駆け引きの誕生』は韓国の伝統的なマダン劇(庭劇)から生まれたミュージカル。2011年11月のソウル・大学路で初演、これまでに計3回、大学路自由劇場で上演されている。この話題の注目作品がいよいよ日本に上陸!9月6日の日本公演初日の終演後、出演者全員によるトークイベントが行われた。


続きを読む
2013-09-11 18:15 この記事だけ表示

 6月19日に渋谷CBGKシブゲキ!!で初のお披露目となった新生・東京パフォーマンスドールは非常にクールで凛々しく映ったが、今思えばあのときは心臓がはちきれんばかりに緊張していたんだろう。8月15日、再び同会場のステージに立った10人の少女たちの姿は、明らかにあの日とは違っていたのだ。この日行われたTPDデビュー公演 プレイライブ「1×0」【エピソード1】の公開リハーサルでは、全国8,800人というとんでもない人数から選ばれた10人がそれぞれの個性を存分に発揮し、新生TPDのポテンシャルを存分に見せつけた。

続きを読む
2013-08-30 18:16 この記事だけ表示

 和央ようか主演のミュージカル『ドラキュラ』の再演が8月23日に初日を迎えた。2011年の初演に引き続きドラキュラ伯爵を演じる和央、初演でルーシー役、今回はヒロイン・ミーナ役をつとめる安倍なつみ、新キャストの菊地美香、辛源、再度ヴァン・ヘルシング役を演じる鈴木綜馬ら、初演メンバーに新しい顔ぶれが加わり、2013年版の新しい『ドラキュラ』が誕生。再演を心待ちにしていたファンも多いこの公演の初日の様子をレポート!


続きを読む
2013-08-30 16:23 この記事だけ表示