2008年、大阪のみで上演され、ファンの間では「幻のコンサート」として語り継がれていた『ウィーン・ミュージカル・コンサート』。今年、5年の時を経てついに、第2弾として東京・大阪2都市での上演が実現。
6月5日、Bunkamuraオーチャードホールでその幕を開けた。


続きを読む
2013-07-09 18:55 この記事だけ表示

  90年代前半、圧倒的なダンスパフォーマンスでアイドル界に衝撃を与えたガールズグループ、東京パフォーマンスドール。篠原涼子、市井由理、穴井夕子などを輩出し、日本武道館2DAYSや横浜アリーナでのライブを成功させるなど、多くの話題を振りまいた彼女たちが活動を停止したのは96年のこと。そんな伝説的なグループの復活が6月上旬、WEB上で突如発表された。アイドルファンの間では「オリジナルメンバーでの限定復活か!?」など様々な噂が流れたが、6月19日に渋谷の地に現れたのはなんと、彼女たちのDNAを受け継いだ新生・東京パフォーマンスドールだった。

 
続きを読む
2013-06-26 11:19 この記事だけ表示


 『CHICAGO』の演出家ウォルター・ボビーの手により2010年にオフ・ブロードウェイで開幕、2012年にオン・ブロードウェイで大成功を収めたふたり芝居『ヴィーナス・イン・ファー』の日本初演が幕を開けた。“マゾヒズム”という禁断の愛の形をテーマにした戯曲をめぐる、男と女の刺激的なかけひき。刻々と表情を変え続ける男女のパワーゲームを、稲垣吾郎と中越典子が息つく間もなく演じ切る、濃密な時間の始まりだ。

稲垣吾郎・中越典子からのコメント!続きを読む
2013-06-13 11:15 この記事だけ表示

 1988年の初来日以来、アイデアと驚きに満ちた作品の数々で日本の観客たちに魔法をかけてきたフィリップ・ジャンティとそのカンパニー。世界的な評価も高い彼らの6年ぶりの来日公演『動かぬ旅人』が5/22、東京は渋谷のPARCO劇場で開幕した。『動かぬ旅人』は1996年の来日公演でも上演されたことのあるフィリップ・ジャンティの代表作のひとつだが、これを近年、原題を『Voyageur Immobiles』から『Voyageurs Immobiles』と“s”を加えて複数形に改題し内容にも少し手を加えて再製作。その舞台を観に行ってみると、新たにキャストが歌う場面が導入されているなど、“新生版”として見事に進化していた。

 
続きを読む
2013-05-28 11:31 この記事だけ表示

 演出・岸谷五朗、脚本・喜安浩平、主題歌・新藤晴一(ポルノグラフィティ)という一流スタッフ陣の手による「FROGS」の初演は2007年。当時まだ舞台経験の浅かった桜田通、平間壮一、植原卓也、青柳塁斗らアミューズの若手俳優8人が全力で瑞々しいステージを披露し話題を呼んだ作品だ。その後3度の再演を重ねてきた人気作が2013年、小関裕太・平埜生成・溝口琢矢・松岡広大らの新キャストを得て再始動!伸び盛りの役者のみが放つフレッシュな輝きで、“伝説の舞台”がヨミガエル。

 
続きを読む
2013-05-24 12:07 この記事だけ表示

 鴻上尚史のプロデュースユニット「KOKAMI@network」の第12回公演は、大震災後、愛する者を亡くした主婦がファンタジーの世界へと誘われる新作「キフシャム国の冒険」。Kis‐My‐Ft2の宮田俊哉が初主演を務める舞台だ。初日前日に行なわれたゲネプロを観た。


続きを読む
2013-05-23 12:39 この記事だけ表示

 帝国劇場に「レ・ミゼラブル」が帰ってきた!ヴィクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、数奇な物語がドラマティックな旋律でつづられるこの傑作ミュージカル。最近では映画版も製作され、アカデミー賞三部門を受賞するなど世界的に注目が集まる中、新演出版のプレビュー公演の幕が開いた。

 
続きを読む
2013-05-09 10:58 この記事だけ表示

 一九八三年五月四日、寺山修司が阿佐ヶ谷の河北総合病院でこの世を去ってから三十年が経った。そして、寺山との縁も深かった西武劇場こと現・パルコ劇場が開場して四十年。これらを記念したプロデュース公演『レミング〜世界の涯まで連れてって〜』が先ごろ開幕した(企画・制作:パルコ/ポスターハリス・カンパニー)。同作品は一九七九年五月、寺山の主宰する演劇実験室◎天井桟敷によって初演がなされたものだ(作・演出:寺山修司)。こちらは晴海の東京国際貿易センターという大展示場でたった四日間だけの上演だった。

 
続きを読む
2013-05-07 19:23 この記事だけ表示