有吉佐和子の傑作戯曲『ふるあめりかに袖はぬらさじ』が歌舞伎界の至宝・坂東玉三郎主演で上演されるのは、今秋の赤坂ACTシアターバージョンが記念すべき10回目となる。この『ふるあめりか〜』はそもそも1972年に杉村春子が主人公のお園役で初演。その後、玉三郎が1988年にお園役に初挑戦し、相手役や劇場を変えながら再演を重ねてきた名舞台だ。今年はちょうど作品誕生40年にあたり、壇れい、松田悟志らとの新鮮な顔合わせが実現することでも大きな話題となっている。その待望の初日直前に、マスコミに公開された舞台稽古を観ることができた。


続きを読む
2012-10-02 12:33 この記事だけ表示

 余命わずか12日間と宣告された10歳のオスカー少年と、病院ボランティアの老婦人ローズとの心の交流を描く「100歳の少年と12通の手紙」。日本では初めての舞台化となる公演の、初日直前のゲネプロを観た。今回は12組の出演者が登場するが、この日のキャストは、オスカーに多田直人(演劇集団キャラメルボックス)、ローズに柴田理恵(WAHAHA本舗)という顔合わせだ。


続きを読む
2012-09-20 15:54 この記事だけ表示

 世界中で愛され続けるロック・ミュージカル「RENT」の作者、ジョナサン・ラーソンが、若き日の苦悩を綴ったミュージカル「チック、チック…ブーン!」。日本初演と再演とで主人公ジョナサン役を演じ、「RENT」や「The Last 5 Years」などラーソン作品への出演も多い山本耕史が、主演に加え翻訳・訳詞・演出も務める三度目の上演の初日公演を観た。


 
続きを読む
2012-09-20 11:22 この記事だけ表示

 これまでに30カ国を越える世界各国で、言葉と文化の違いを軽々と飛び越えてハイレベルなパフォーマンスを行い、盛大な拍手喝采を浴びてきた2人組、が〜まるちょば。彼らの恒例の『JAPAN TOUR』が今年も幕を開けた。今回はセリフのない長編の"サイレントコメディー"をメインに構成する『が〜まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2012』と、テレビでもおなじみの人気の高いマイムパフォーマンスをぎっしり詰め込んだ『That'sが〜まるSHOW!』の2本柱で、北海道から九州まで日本各地を巡ることになっている。その待望の初日が行われるKAAT神奈川芸術劇場にて行われた、『サイレントコメディー〜』の公開稽古の模様の一部をレポートします!


続きを読む
2012-09-11 13:23 この記事だけ表示

音楽に映画にTVドラマにと、マルチに活躍するアーティストのGACKT。10年近く構想を練っていたという、二度目の舞台作品『MOON SAGA-義経 秘伝-』では、脚本や主演だけでなく、初めて演出にも挑戦している。
普段演劇を見慣れている者にとって、舞台でキャリアを積んでいないクリエイターが演出した作品は、ほとんどの場合「?」となることが多いので、観る前はかなり不安だったのが正直なところ。しかしこれがどうして、初演出作品とは思えないほど練りこまれた、骨太のエンターテインメントになっていた。


続きを読む
2012-08-28 10:14 この記事だけ表示

 アメリカの伝統的なドラム・コーをショーアップしたエンターテインメントで、2003年夏の日本初上陸以来、日本国内で爆発的な人気を博し近年のマーチングバンド、ブラスバンド人気の火付け役となった「ブラスト!」が、3年の充電期間を経て帰ってきた!
 6月28日(木)の千住公演を皮切りに海外からの招聘作品としては史上初の47都道府県ツアーを縦断中で、待ちに待った東京公演が8月16日(木)東京国際フォーラム・ホールCで遂に開幕した。


続きを読む
2012-08-24 15:50 この記事だけ表示

 1963年の片岡千恵蔵主演の映画版が名高い「十三人の刺客」。2010年にも役所広司主演で映画化されているこの人気時代劇の舞台版の初日を、8月3日、赤坂ACTシアターで観た。時は天保、暴虐非道極まりない明石藩主・徳川斉韶を秘かに殺めろとの密命を、江戸幕府老中から受けた主人公、島田新左衛門。だが、その斉韶には、かつて新左衛門と切磋琢磨して育ち、恋をも争った鬼頭半兵ヱが仕えているのだった。斬るか、斬られるか。互いの手の内を知り尽くした男たちの死闘が始まる――。


 
続きを読む
2012-08-15 10:07 この記事だけ表示

 20世紀アメリカを代表するエンターテイナー、フランク・シナトラの歌でつづられるダンス・ミュージカル「カム・フライ・アウェイ」。シナトラの孫、マイケル・シナトラ氏が来場するなど、華やかな雰囲気に包まれた初日の舞台を渋谷のオーチャードホールで観た。


 
続きを読む
2012-08-01 17:13 この記事だけ表示