坊主頭の精鋭キャストらの早替わりや身体を張った熱演にも注目!
井上ひさしの初期傑作を蜷川幸雄が演出する『道元の冒険』


日本の演劇界を代表する両巨頭、劇作家・井上ひさしと演出家・蜷川幸雄。二人が2005年の『天保十二年のシェイクスピア』、2007年の『藪原検校』に続き、みたびがっぷり四つに組んだ舞台『道元の冒険』が渋谷・シアターコクーンで好評上演中だ。
 井上による初期の傑作戯曲で“岸田國士戯曲賞”受賞作品でもある『道元の冒険』の、初演は1971年。37年という時間を経て、今回改めて上演するにあたり、井上は“てにおは”や句読点に至るまで大幅に手を入れて改稿したという、こだわりの作品でもある。
 舞台は鎌倉時代の中期。日本曹洞宗の開祖・道元の半世紀を軸に、物語は展開していく。

dogen_003s.jpg

>>チケットの詳細・申込み

☆舞台映像が届きました!!>>動画をCHECK!

続きを読む
 オール・メンズ・メンバーで繰り広げるエンタテインメント・ショウ、「THE CONVOY SHOW」。6年ぶりに発表された新作「うみわたれ」のステージを、青山劇場にて観劇した。
 舞台は東京都内の古ぼけたアパート。そこに集まった個性豊かな住人たちと、一人住まいのアパートの管理人とが織りなす人間模様が、四季うつろう中に描かれてゆく。世界を飛び回るフリーライターから、スペイン土産にミロの絵葉書を渡されたことをきっかけに、管理人はアパートの外壁を自らの絵で彩り始める。そして、その絵を日々見つめる住人たちの心と生活にも、少しずつ変化が兆し――。

NEW 舞台写真が届きました!!
umi_butai_DSC4962.jpg

>>チケットの詳細・申込み
続きを読む
 客席に座るとまず目に入ってくるのは、舞台かなり前方に大胆に位置するバーカウンター。しかも裏側が客席を向いている…。これはお客さんがバーテンダー側から舞台を(店内を)眺めるという、少し凝った趣向。また、店は螺旋階段を下りた地下にあるという設定になっており、登場人物の出入りはこの螺旋階段のみを使って行われるという、これまた小洒落た演出。こんなステージに一癖も二癖もある役者たちが所狭しとなだれ込んで来るかと思うと、ちょっと顔がニンマリとほころんで来てしまいます。

coaster_kaiken02s.jpg

▼「コースター」主演の西村雅彦、金子貴俊、高峰ふぶき、モロ師岡
 公開リハーサルが終わったばかりの所での記者会見映像が到着!


>>チケットの詳細・申込み
続きを読む
 9月6日、東京・グローブ座にてミュージカル『ラスト・ファイブ・イヤーズ』(演出:鈴木勝秀)の公開リハーサルが行われた。リハーサル前の囲み取材は、白いシャツがまぶしいジェイミー役の山本耕史が「嵐のところありがとうございます」と、まさに台風接近中に集まった記者陣を気遣うひと言でスタート。隣に立つのはキャサリン役の井手麻理子。深い赤のドレスがしっとりとした表情を彩っている。

IMG_0028s.jpg

>>チケットの詳細・申込み
続きを読む
 Kバレエ カンパニーの芸術監督・プリンシパルである熊川哲也が『海賊』ツアー降板を発表してから初めての公演が5月19日、盛岡で上演された。その前日の記者会見の席で熊川はこう語っていた。「『海賊』は構想から1年半かけて作り上げ、素晴らしい作品になっている。また、Kバレエのレベルというのは熊川本人を超えて大きなカンパニーへと成長している。自分が出演しなくても素晴らしい公演になると信じている」――この日の舞台は、そんな芸術監督・熊川の言葉がまさに掛け値なしの真実であることのたしかな証明だったといっていい。
ea-0608_141bs.jpg

>>チケットの詳細・申込み
>>携帯からのお申込みphone to

続きを読む

初の都市型シネコンとして熱い注目を集める「新宿バルト9」。演劇ファン的には、柿落としのラインナップにご存知「ゲキxシネ」各作品が取り揃えられたことでも話題ですね。(※念のため…「ゲキxシネ」とは演劇をナマの舞台以上の迫力で映画館上映する新感覚エンタテインメントのこと)いよいよ2/9にオープンを控え、急ピッチで準備が進められているこの「バルト9」に、一足早く、イープラス演劇班スタッフがお邪魔して来ました。目的は、ゲキxシネ初見参の「メタルマクベス」試写会!

 

>>『メタルマクベス』 チケットの詳細・申込 


舞台上演時から多くのお客様に「ゲキxシネでやって欲しい」と熱望されながら、DVD発売が先行した「メタルマクベス」。満を持しての上映に、これはもうすごいことになるぞ……と覚悟を決めて足を運んだスタッフですが。

──いやもう!!進化と言ってもいいほど、前作からも凄まじい向上を見せる映像、そのあまりのクオリティに、完膚なきまでノックアウトされまくり、魂を抜かれる有様となりました。

それがなぜかと問うならば、舞台もDVDも観たというのに、映画館の大スクリーンで観て初めて知ったことが、本当に本当に多かったのです!内野聖陽、松たか子のメイン二人の芝居ですら、ちゃんと観ていたつもりが実は細かいところまでなど、まったく追えていなかったことに改めて気づかされ、愕然とするばかり。脇を固めるキャストの細かい芝居は言うに及ばずで、あんなことも知らなかった、こんなことも気づいてなかったと、目からウロコがぼたぼたと落ちていくのが、もういっそ快感でした。
そして、改めて補完されたことで、どれほど「メタルマクベス」の世界が隅々まで完成され構築されたものであったのか、また深く知ることができたのは本当に大きな喜びでした。

「最前列でも気づかない表情をとらえてくれる」というのは、ゲキxシネス
タート当初からの評判ですが、もはやカメラはそこすらも超えて、「劇場の座席からでは絶対に見られない」角度からの映像もきっちり押さえてくれています。<役者斜め上からの視点>なんて、劇場では観ようがないもの。でも、その視点からの映像で初めて気づけることが多いのです。
つまりそれだけ、元の舞台の情報量が多いということなのですね。生で見るだけでは追いつかず、自宅のテレビでDVDを見ても気づかないものが、たくさんたくさん詰め込まれている──そんな凄まじい舞台をつくりあげてしまった、いのうえひでのりの演出手腕も見事ですが、これをきっちり記録してくれた映像スタッフにも、ただただ感謝するばかり。

つまり、「舞台観たしDVDも買ったし、映画館行く意味あるの?」なんて問いには、「絶対にありますとも!」と断言させていただきます!
特に「メタルマクベス」については、タイトルにもあるとおり、「ヘヴィメタ
ル」もテーマのひとつ。これはやはり「ライヴ感」が絶対に必要で、そのためには一緒に笑い、興奮し、最後には共に泣く「お隣の観客」が絶対に欠かせないというわけです。家でDVDを観るのとは、ワクワク感が断然違いますよ!

そして……「メタルマクベス」のゲキxシネ上映は、現時点では東京上映のみが決定とのこと。もしかすると、今回が最後になってしまうかもしれません。後になって後悔しても遅いのです。まだ今なら間に合います!万障お繰り合わせの上で、ご来場くださいませ!

そして、最後にぜひともお伝えしたいのが「バルト9」の素晴らしさ。座席は最新人間工学に基づいて設計されたもので、3時間半の上映でもほとんど疲れを感じることはありませんでした。フードメニューも充実しており、一日中映画館の中で過ごせてしまいそうなほどに快適。夜には、新宿の美しい景色を堪能しつくせるのも魅力ですね。これはぜひ、大切な人を誘って、一緒に行っていただきたいです。

こんな素敵な映画館で、再び「アカドクロ」「アオドクロ」「SHIROH」を堪能できるのも、また嬉しいところ。
映像作品として、単なる舞台映像を超え「芸術作品」の粋に達したゲキxシネを、最新映画館で楽しめるこの機会、絶対にお見逃しのありませんよう!


>>『メタルマクベス』 チケットの詳細・申込
>>『髑髏城の七人〜アカドクロ』 チケットの詳細・申込
>>『髑髏城の七人〜アオドクロ』 チケットの詳細・申込
>>『SHIROH』 チケットの詳細・申込

□公式サイト
ゲキ×シネ公式サイト:http://www.geki-cine.jp/
ゲキ×シネ『髑髏城の七人〜アカドクロ』公式サイト:http://www.akadokuro.jp/
ゲキ×シネ『髑髏城の七人〜アオドクロ』公式サイト:http://www.aodokuro.jp/
ゲキ×シネ『SHIROH』公式サイト:http://www.shiroh.jp/

 2006年11月14日、リバイバル10周年を記念して、ミュージカル「シカゴ」の特別記念ガラが、現在ロングラン上演中のブロードウェイ・アンバサダー劇場にて行なわれた。


写真クレジット:©Masahiro Noguchi

>>チケットの詳細・申込

e+(イープラス)プレオーダー:
2006年12月8日(金) 12:00 〜 12月12日(火) 18:00

▼特集ページはこちらから

続きを読む

ラスタ・トーマス
 日本来日直前の「ムーヴィン・アウト」シカゴ公演を見てきました!
なんといってもキャストが魅力の「ムーヴィン」ですが、とうとうあのラスタ・トーマスがシカゴ に期間限定で出演するということで7/2(日)の彼の出演公演を観劇してきました!!
  今日はいち早く、皆様に写真&レポートを公開しちゃいます!

>>チケットの詳細・お申込みはこちら


ラスタ・トーマス(エディ役)がステージに現れるとまさにカリスマの輝き。

鋭いダンス、
人間業とは思えないジャンプ、
そしてセクシーな体つき…
二時間まるまる彼の動きに目が釘付けでした。


  見よ!この驚愕のジャンプ!!!

 アメリカツアーでも彼が出演するのは稀で、日本で1ヶ月以上も滞在するというの
は日本びいきの彼ならでは。
一ヶ月間通い詰めて目に焼き付けたいと思うファンは私だけではないはず!

 もちろんキース・ロバーツ(トニー役)やダレン・ホールデン(ピアノマン)を始
め超豪華なキャストたちも、観ているとまるで夢心地!今月の27日からは新宿にい
く機会が増えること間違いなし!です。


  うわ〜!!!!

 公演も待ち遠しい「ムーヴィン・アウト」。
チケットを手に入れるなら、スペシャル・グッズがあたるかもしれない、
キャンペーン中の今がチャンス!
 キャンペーン終了日も7/9(日)と迫っています。
ぜひ、お早めに!!
>>チケットの詳細・お申込みはこちら
>>『ムーヴィン・アウト』特集はこちら