78年に唐十郎が発表した戯曲「調教師」が時間を越えて、2005年11月に日本有数の劇場であるシアターコクーンに現れた。
この秋は「唐祭り」と言われるほど、唐十郎作品が怒濤の上演で大きな話題を集めているが、南河内万歳一座の内藤裕敬とがっつりとタッグを組み新たなプロジェクトを開始した。
その名が「KARA COMPLEX」だ。

続きを読む