初日を間近に控え、Dステ17th「夕陽伝」の公開稽古、囲み取材が行われた。
多くの報道陣を前に、台詞が飛び交う緊迫したシーンや、殺陣の多い見どころ満載な 場面を中心に公開され、 稽古場で距離が近いこともあり、驚くほどの迫力だった。

続きを読む
2015-10-21 12:17 この記事だけ表示

 劇団イキウメを主宰する傍ら、蜷川幸雄に戯曲「太陽2068」を提供、四代目市川猿之助主演のスーパー歌舞伎U「空ヲ刻ム者」の作・演出を手がけるなど、幅広く活躍中の劇作家・演出家、前川知大。イキウメの“別館”として劇団とはまた異なる表現を志すカタルシツでの公演「語る室」が現在、東京芸術劇場シアターイーストにて上演中だ。初日に先駆けて公開された舞台稽古を観た(9月18日19時)。

続きを読む
2015-09-25 17:30 この記事だけ表示

 約30年前の初演を観た時から「いつかこの役をやりたい」と切望していたという三上博史が、その念願叶っていよいよ立つことになった舞台が『タンゴ・冬の終わりに』。清水邦夫によるこの脚本を、今回は映画監督の行定勲が演出する。待望の初日を前日に控えた9月4日、PARCO劇場にて本番さながらの公開舞台稽古が行われた。その様子を、直前のロビー会見の模様と併せてお届け!

続きを読む
2015-09-08 18:36 この記事だけ表示

「ドレミの歌」「エーデルワイス」「私のお気に入り」など、誰もが一度は耳にしたことのある名曲を数多く含む名作ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」が、8月9日(日)、四季劇場[秋](東京・浜松町)にて開幕した。東京公演は2013年以来約2年ぶりの再演となる。

初日を目前にした8月8日(土)、同劇場にて行われた公開稽古には、マスコミはじめ、子どもも含めた招待客が多数来場した。この模様をお届けしよう。

<e+貸切>9月30日(水)18:30公演
続きを読む
2015-08-17 16:43 この記事だけ表示

5月某日、メディアに向けた公開舞台稽古が行われた。舞台セットとスタッフ・キャストの机だけでスペース満杯の稽古場に、数台のテレビカメラ、スチールカメラ&取材陣が入ると、場内は熱気と緊張感でいっぱいに。そんな中、黙々とウォーミングアップに励んでいたのが小西さん、阿部さん、平埜さんの3人。イメージは海兵隊の訓練か!?
息をゼイゼイ言わせながら顔が真っ赤になるほどに集中して腕立て、腹筋をする皆さんに、瀬奈さんが笑いながら声をかけていた。一方、淵上さんは台本に大集中!
膨大な台詞を懸命に体の内にしみ込ませようと、ひたすらつぶやき続けている。菅原さんが到着し、演出の鈴木さんほか、スタッフ陣も所定の位置にスタンバイ。この日欠席の田口さんの代役を阿部さんが務めることになり、いよいよ稽古スタート。

続きを読む
2015-06-09 16:54 この記事だけ表示

 ブロードウェイで開幕後、世界最速での海外プロダクション公演となった “劇団四季版”『アラジン』がいよいよ開幕! 本公演に先がけて行なわれた5月21日のプレビュー公演も大盛況、東京の空に魔法の絨毯が舞い踊った。

続きを読む
2015-05-27 12:43 この記事だけ表示

「明治座 五月花形歌舞伎」で上演中の『男の花道』で市川猿之助と市川中車が共演。江戸時代に実在した歌舞伎役者と医者をモデルとするそれぞれの役を、ふたりは持ち味を生かして好演。見応えのある舞台となっている。初日前日にマスコミ公開された舞台稽古の様子をレポートする。

続きを読む
2015-05-11 13:28 この記事だけ表示

「ねえ、おじさん。みなしごのピクニックのために、リンゴを1つ、寄付してくれない?」
「…いいよ、どうせ1つも売れないんだ。ところでお嬢ちゃん、その、みなしごのピクニックとやらは、いつ始まるんだい?」
「あたしが、ひと口かじった時からだよ!」

1933年、世界大恐慌直後のニューヨーク。モノが売れなくなり在庫を抱え込んだリンゴ売りに話しかけたのは、孤児院を脱走してきた少女アニー。このシーンは、『アニー』大好き歴28年のわたくしが、第一幕の中でもっとも好きなところ。彼女の無邪気な明るさに、毎度毎度、飽きもせず涙があふれ出てしまいます。

4月25日に開幕したミュージカル『アニー』。その前日に行われた公開ゲネプロ(総通し稽古)と出演者の会見に参加してまいりました。

続きを読む
2015-04-27 16:58 この記事だけ表示