「バーン・ザ・フロア」は1999年、イギリスでの初演以来、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、アジア、アフリカなど、世界中の観客を感動と興奮の渦に巻き込んできました。2009年にはニューヨーク・ブロードウェイ公演、2010年、2013年にロンドン・ウエストエンド公演で成功を収めるなど、彼らはショービジネスの中心でも、その実力を証明しています。日本においても2002年以来、8度に渡る来日公演で、45万人以上もの観客を魅了してきました。

「バーン・ザ・フロア」の魅力は世界最高峰のダンサーたちが鍛え上げられた肉体から繰り出す圧巻のダンスパフォーマンス。ステージから次々と押し寄せる熱気と興奮が会場全体を包み込み、観客はいつの間にか手拍子をし、ステップを踏み、ステージと客席が一体となって盛り上がる「バーン・ザ・フロア」はそんなハッピーでエキサイティングなエンタテインメントです。

 9度目の来日公演となる今作は、舞台・楽曲・衣装、すべてを一新!!常に新しい楽曲や構成、演出を取り入れ、更なる高みへと挑戦を続ける「バーン・ザ・フロア」。 進化を遂げた、彼らの最新のステージが2016年4月、いよいよ日本に上陸します。

続きを読む
2015-11-06 12:01 この記事だけ表示

新た仲間が加わった新生・山吹キャストはこちら!!


©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
©許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

【写真左から】 壇 太一役/佐野真白、室町十次役/仁科祐二、
東方雅美役/辻 凌志朗、南 健太郎役/北川尚弥、千石清純役/森田桐矢、
新渡米稲吉役/登野城佑真、喜多一馬役/蒼木 陣、亜久津 仁役/川上将大
※辻 凌志朗の「辻」はしんにょうの点がひとつが正式表記です

 2014年11月の始動より1年が経とうとしているミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン。テニミュ3rdシーズン2公演目となった「3rdシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ」では、これまで凝縮して描かれてきたストーリーを新たに描き直し、また、テニミュ初登場となった聖ルドルフテニス部副部長の野村拓也(通称:ノムタク)が加わったことで、よりチームカラーが濃くなり、新たな聖ルドルフの魅力を堪能できる公演となった。

 そして本日、約2カ月に及んだ「3rdシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ」のラストを飾る東京凱旋公演が大好評のなか幕を閉じたのもつかの間、会場や全国の映画館で開催されたライブビューイングで大千秋楽を見守ったファンをアッと驚かせる発表が行われた。

続きを読む
2015-11-04 15:51 この記事だけ表示

 11/3に開幕を控えたミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』。ハロウィン当日の10/31に、キャストとともに楽しむスペシャルイベントが帝国劇場で開催された。その様子をレポート!

お好きな席が選べる<e+貸切公演>11/7(土)、11/22(日)
続きを読む
2015-11-02 15:13 この記事だけ表示

開幕3周年を迎えたミュージカル『ライオンキング』大阪公演の千秋楽が、2016年5月15日(日)に決定したことが、10月28日に発表されました。大阪四季劇場での上演は3年7か月となり総公演回数は1196回となる予定。

続きを読む
2015-10-29 18:10 この記事だけ表示

11月22日(日)【e+貸切公演】13:30開演
<ペアセット割引>受付のお知らせ

 11月22日(日)は「いい夫婦の日」そして…ミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』【e+貸切DAY】です。そこでイープラスでは、「いい夫婦の日」特別企画と称しまして、先着で「22組限定」ペア割引を実施致します!!!

S席1枚13000円のチケットが⇒ なんと2枚で19800円!
※対象公演=11月22日(日)13:30開演 限定

千秋楽では、当日券を求め1200人以上が列をなしたあの伝説のミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」。なかなか手が届かなかった…という方も、芸術の秋、今度の休みはミュージカルを観に行こう…なんて考えていた方も今がチャンスです! この機会をどうぞお見逃しなくご利用ください!

【キャストには、豪華絢爛の大物俳優が勢ぞろい】
ミュージカル界のスター山口祐一郎のほか、宝塚歌劇団元雪組トップ娘役の舞羽美海、今をときめく女優、神田沙也加など大注目間違いなしの舞台です!

▼気になる公演についてもっと知りたい方はこちら
待ってました!『ダンス オブ ヴァンパイア』、待望の再演[製作発表レポート]

日頃の感謝を込めたプレゼントなどにも、ぜひご活用ください!

<ペアセット割引>受付(先着順)お申込みはこちら
↓ ↓ ↓

2015-10-22 20:03 この記事だけ表示

『談ス』公演紹介

 三人のダンサーが言葉を交わし、身体をぶつけ合い、めまぐるしく展開していくパフォーマンス、これが『談ス』。2014年9月に青山円形劇場にて初演されたこの作品は、尋常ではない反響を呼んだ。その後各地からの上演要請が相次ぎ、舞台作品としては異例の1ヶ月ツアーが決定。このあとの展開が予想できない。

大植真太郎、森山未來、平原慎太郎。

 それぞれにバックグラウンドの違う3人の男達が集まり、ストックホルムで、東京でワークショップを行ってきた。そのワークの先にシンプルかつ複雑な、そして誰も見たことのない肉体と言葉によるフィジカルパフォーマンスが出現した。

10/24(土)12:00より、オフィシャル先行開始!

続きを読む
2015-10-22 17:04 この記事だけ表示

 古典落語の名人の系譜を継ぐ噺家 柳家三三(やなぎやさんざ)。その自主公演【月例 三三独演】が2016年も開催されることが決定した。発表になった公演情報を紹介すると共に、イープラスでは10/14より先行受付をスタート!

 花形落語界の人気を牽引する三三師匠の月例公演、2016年版にもぜひご注目ください。

▼2015年【月例 三三独演】の見所を語る柳家三三単独インタビューの様子はこちら!

2016年4月までの演目が決定しました! 
記事後半をご覧ください。

続きを読む
2015-10-13 19:15 この記事だけ表示

ジャニーズ事務所所属の俳優:佐野瑞樹と、大人気演劇ユニット*pnish*のリーダー:佐野大樹による兄弟演劇ユニット「WBB」の第9回公演、WBB vol.9『殺意は月夜に照らされて』の上演が決定。伴い全情報が発表された。

奇数回(vol.9)となる本公演は兄:佐野瑞樹による企画、通称Side-W。ヒーロー社会をモチーフにファンタジックなアクションコメディ作品で話題となった前回作、vol.8 『ネバー×ヒーロー』(2015年6月)とは打って変わって、今回は佐野瑞樹が得意とするワンシチュエーションコメディ作品。脚本には、柔らかい日常的な台詞と緻密なストーリー構成で「ロストデイズ(フジテレビ)」など若者の青春群像を瑞々しく描くことや、計算されたミステリーコメディを得意とする徳尾浩司を招聘。

続きを読む
2015-09-07 19:05 この記事だけ表示