KAAT神奈川芸術劇場オープン1周年にあたる2012年。劇場がオープン時から取り組んでいる<NIPPON文学シリーズ>の第2弾がラインナップされた。その一環として、英国のロイヤル・バレエやロイヤル・オペラを中心に世界で活動するウィル・タケットの演出・振付、世界に注目される日本人ダンサーでKAATのクリエイティブパートナーでもある首藤康之の主演で、民話「鶴の恩返し」を舞台化、ダンス作品して、3月ワールド・プルミエ(世界初演)を行う。
 本作では日英の屈指のダンサー6名が揃い、衣装をワダエミが担当、音楽は藤原道山とポール・イングリッシュビーとのコラボレーションという、世界展開も視野にした作品に要注目です。


続きを読む
2011-12-21 15:54 この記事だけ表示


(C)柴田和彦

 岩松了演出、宮藤官九郎、夏川結衣主演の舞台M&Oplaysプロデュース『アイドル、かくの如し』が、下北沢・本多劇場で12月8日に開幕。主演のお二人からコメントと、舞台写真が届きました!


続きを読む
2011-12-14 16:54 この記事だけ表示

下:立石凉子、右:深津絵里、左:瑛太、上:鈴木浩介
撮影:加藤考

 追憶のヴェールに包まれた、切なく哀しい家族の肖像。そこからゆっくりと姿を現すかのように、静かに語られていく過ぎし日の情景。過去と決別した者と過去に取り残された者たちが、記憶の中で交錯し、封じ込めたはずの家族への思いがあふれ出す。

 2011年に生誕100年を迎えたアメリカの劇作家テネシー・ウィリアムズ。それにちなんだ上演も数多く見受けられますが、“メモリアル・イヤー”でなくとも、彼の戯曲は世界中で頻繁に上演され、特に日本では、舞台のみならず、英文学の教材や研究テーマとしても多く取り上げられるなど、最も親しまれているアメリカの劇作家、と言えるかもしれません。数多い作品の中でも、自伝的要素が色濃い本作『ガラスの動物園』(1945年ブロードウェイ初演/ ‘50年日本初演)の人気は高く、もうひとつの代表作『欲望という名の電車』(’47年初演)と並び、時代を超えて人々を魅了し続けている不朽の名作です。


続きを読む
2011-12-06 16:17 この記事だけ表示

 11月27日、浅草・浅草寺にて、2011年2月新橋演舞場を皮切りに行なわれる「中村勘太郎改め六代目中村勘九郎襲名」。新橋演舞場「二月大歌舞伎」、平成中村座「三月大歌舞伎」の襲名披露公演に先立ち、中村勘太郎が、父の中村勘三郎、弟の中村七之助と供に、浅草・浅草寺を華やかに練り歩く「お練り」を行いました。
 勘太郎は快晴の空の下、鳴物の山車や木遣りを先導に大勢の人で賑わう仲見世を練り歩き、集まったファン約2万5000人からの「中村屋!」「六代目!」のかけ声に、笑顔で応じていました。

■平成中村座

■二月大歌舞伎 新橋演舞場

続きを読む
2011-12-02 19:28 この記事だけ表示

■舞台『パレード』&『豆之坂書店〜読みたがりたちの読書会〜』お得なセット券を好評発売中!

続きを読む
2011-12-01 14:57 この記事だけ表示

 2005年トニー賞 最優秀ミュージカル賞を受賞した爆笑プロードウェイ・ミュージカルが日本初上演!ミュージカル「SPAMALOT」は誕生してからおよそ5年で、世界20都市以上にて上演!ニューヨーク・ブロードウェイをはじめ、ドイツ、スペイン、ハンガリー、フランス、チェコ、UKツアー、USツアー第2弾、韓国などさまざまな国で話題作となり、改めてモンティ・パイソンの名を世に知らしめた。そして、2012年1月「モンティ・パイソンのスパマロット」、日本上陸がついに決定!!その見どころをご紹介します。

 
続きを読む
2011-11-22 10:59 この記事だけ表示

 あの「千手観音」で日本中をとりこにした中国障がい者芸術団が、新作を携えて再来日!
冬の渋谷で、心温まるひとときを。聴覚や視覚に障がいを持った若者たちが、数々の舞踊や音楽によって、人々の心を感動へと導くエンタテインメントショー。


続きを読む
2011-11-11 12:31 この記事だけ表示

 年末に、今までにない読書体験をしませんか?
舞台はとある小さな書店。読書家として知られる谷原章介演じる店主が開いた「読書会」に集まるのは曲者ばかりで―。


 
続きを読む
2011-11-04 18:31 この記事だけ表示