2011年1月、華々しくオープンを果たした神奈川芸術劇場(KAAT)。その初代芸術監督となった宮本亜門が用意している、次なる一手は彼の代表作の1本でもある『太平洋序曲』! これは、2000年に東京・新国立劇場で日本語版として初演し、その後2002年にはニューヨークとワシントンDCで、さらに2005年にはブロードウェイに進出。同年のトニー賞に4部門でノミネートされ、高い評価を受けた作品だ。幕末から開国に至る激動の時代の日本を描いたこの物語を、まさに“開国の地”である神奈川・横浜で上演すること、そして前回の公演から6年という月日を経て“今”というタイミングで再び新たな息吹を与えるということは、意義深い舞台になるといえそう。
 6月の本番に向け、長期間に及ぶオーディションを勝ち抜いた新たな精鋭キャストが発表された2月某日。KAATのスタジオにて“作品説明会”が行われ、もちろん今回も演出を手掛ける宮本亜門から『太平洋序曲』という作品への想い、今回の上演にあたっての狙いなどが語られた。


続きを読む
2011-04-08 18:34 この記事だけ表示

マーチングバンドPLAYSブラックミュージック
ぶつかり合うスネアドラム、ブラス、ダンスのビート!
誰にも止められないハーフタイムバトル!!

'09年にわずか1週間で26,000人、'10年には7都市40,000人を動員した脅威のステージ。
映画「ドラムライン」をベースに、マーチング音楽の他、アフリカンドラム、モータウン、ゴスペル、スウィングジャズなどブラックミュージックの歴史を魅せる2時間ノンストップのショー!
大興奮のブラスアンサンブル、衝撃的なダンススタイル、打ち鳴らすパーカッション。大迫力のステージを会場で体感しよう。


続きを読む
2011-04-06 18:09 この記事だけ表示

数々の賞を獲得した傑作映画を栗山民也演出で完全舞台化!

本作品は2009年にロンドン・ナショナルシアターで上演された舞台の、日本初演です。原作の映画は、1994年度アカデミー賞外国語映画賞とカンヌ国際映画祭グランプリをダブル受賞し、その年の映画界の話題をさらいました。2009年の舞台版では、地元の名だたる新聞各紙上で絶賛され、とくにその脚本は、新作ながらも完成度が極めて高いと評価されました。

日本版の演出を手掛けるのは、現在、日本の演劇界のトップを走り続ける演出家、栗山民也氏です。役者の魅力を最大限に引き出すその演出力に魅せられる役者は多く、市村正親、大竹しのぶ、松本幸四郎、内野聖陽、松たか子、藤原竜也など、日本の舞台で活躍する俳優たちが絶大なる信頼を寄せています。原作となった映画には、栗山氏自身、以前から高い関心を寄せており、昨年、ロンドンでの舞台化された時点から日本での上演を熱望されておりました。ヨーロッパの歴史にも非常に造詣が深い栗山氏が、本作品でどんな斬新な演出をみせるか、注目です。


続きを読む
2011-04-05 17:14 この記事だけ表示

 新感覚の音楽イベントが赤坂BLITZでスタートします。
ポイントは・・・
●アーティストが音楽の先生になって熱血指導!
●ステージとの距離がグッと近くに感じる着席公演。
●プレミアム感満載⇒赤阪BLITZで全席指定!

各アーティストがそれぞれのテーマで音楽のおもしろさを伝えます。
5組のアーティストの中で服部隆之さんとともにミュージカルをテーマにした回を担当する川平慈英さんからコメントが届きました!











続きを読む
2011-03-08 17:37 この記事だけ表示

日本最大級を誇るイケメン俳優集団「NAKED BOYZ」初のファンイベントが開催されました!


続きを読む
2011-03-01 19:16 この記事だけ表示

 バレエに興味はあるけど、何を観るのがいいかわからない。そんな方にお勧めするのが、新国立劇場のシーズン・セット券です。
世界最高水準の舞台を一般発売にさきがけ優先的に、しかも、お得な料金で、多岐にわたるセットのなかからライフスタイルにあわせて選べるのが魅力です。


 >>オペラ公演セット券はこちら

続きを読む
2011-02-25 19:57 この記事だけ表示

(左から) 中村吉右衛門、尾上菊之助、市川染五郎

 新橋演舞場「三月大歌舞伎」では、夜の部に「源氏物語 浮舟(うきふね)」を上演します。公演に先立ち、中村吉右衛門、市川染五郎、尾上菊之助からコメントをいただきました。


続きを読む
2011-02-22 15:48 この記事だけ表示

会見の様子(左から:堤幸彦、仲間由紀恵、山本耕史、生瀬勝久)

 19世紀江戸時代末期の琉球王国を舞台に、性別や自分の気持ちを偽りながらも琉球を守ろうと懸命に生きる女性の数奇な運命、壮大な物語……池上永一の大ヒット長編小説『テンペスト』が待望の舞台作品として、2月6日に東京・赤坂ACTシアターで開幕を迎えた。演出は堤幸彦、出演は仲間由紀恵、山本耕史、生瀬勝久、他。
 同じ仲間由紀恵主演によるNHKでの連続ドラマ化も控え、話題のこの舞台。初日前日の2月5日に同劇場にて公開リハーサルが行われた。


続きを読む
2011-02-10 16:00 この記事だけ表示