激動の明治と、戦争へ向かう昭和初期に挟まれ、“ベル・エポック(よき時代)”と呼ばれたわずか15年間の大正という時代。演劇革新に燃え、新しい演劇にわが身を賭ける演劇人。新時代の政治を目指し、社会主義に憧れ、革命を語り、奔走する知識人。新しい女性像を求めて女性解放運動を実践し、恋に生きる女性たち。大杉栄、伊藤野枝、島村抱月、小山内薫ら、実在の人物たちが織り成す人生模様を描いた宮本研の代表作が、蜷川幸雄の若手俳優育成プロジェクト<さいたまネクスト・シアター>によって21世紀に甦る!

 

大正時代を駆け抜けた実在の人物たちの理想と現実―。
宮本研の傑作青春群像劇が蜷川幸雄の演出で21世紀に甦る!!

 1968年の初演(文学座/木村光一演出)では、当時20代だった江守徹や太地喜和子、細川俊之ら若手俳優を中心に上演され、世相(安保闘争やアングラ演劇の出現等)とも相まって、大きな話題となりました(演出家デビュー直前の蜷川幸雄も観客の一人!)。もちろん、理想と現実の狭間で揺れる若者たちを描いた普遍的な物語も高く評価され、今日に至るまで繰り返し上演されています。しかし、登場人物の年齢設定に対して、ベテラン俳優によって演じられることも少なくないこの名作を、今回は若手俳優たちが演じる“待望の公演”です。


1968年に現代人劇場という劇団をつくって、みんなで文学座の初演を観に行きました。
それがすごく良くて、新劇も馬鹿にできないなと言いながら、おれたちももっとすごいのつくろうなと語ったことを思い出します。
さいたまネクスト・シアターの若手俳優もそれに匹敵するぐらい、リアルな演劇をつくり、きちんと演劇として継承できるかということを問いたいです。
俳優養成所の発表会じゃなく、れっきとした公演だからね。
(蜷川幸雄・談)
続きを読む
2010-12-08 19:04 この記事だけ表示

 2002年の初演より多くのファンに愛されているミュージカル『モーツァルト!』の幕が開いた。11月6日の初日を務めたのは、初演以来タイトルロールのモーツァルトを演じ続けている井上芳雄。そして11月8日、今回からWキャストとして同じくモーツァルトを演じることとなった山崎育三郎が、記念すべき自身の"初日"を迎えた。


 奇跡の子=幼いモーツァルトは、その音楽の驚くべき才能を発揮しもてはやされていた。父・姉と共に過ごした輝かしい日々。やがてモーツァルトは青年になり、幼い頃の思い出を活き活きと現在に繋ぐナンバー『赤いコート』でステージに登場する。明るく闊達な身のこなし、迷いなく真っすぐに響く歌声。心は純真な少年のまま、音楽を紡ぎ続ける人生に大いなる夢を馳せる山崎モーツァルトの第一声は、観客の心に自信の青春を喚起させてくれるような清々しさで溢れていた。

続きを読む
2010-11-22 18:44 この記事だけ表示
国内外から同時代の刺激的な舞台表現が集う、フェスティバル/トーキョー(F/T)。第3回目を迎えるF/T10が10月30日(土)から11月28日(日)まで、東京・池袋を中心に計5会場で開催される。









続きを読む
2010-10-29 17:08 この記事だけ表示

佐々木蔵之助が初めて前川知大と出会った記念すべき作品『抜け穴の会議室』。
今回は大杉漣という強力な相棒とともに、再び輪廻の世界に旅立ちます…

続きを読む
2010-10-26 13:00 この記事だけ表示

熊川哲也Kバレエ カンパニー2010年秋の全国ツアーが、10月3日(土)、上野・東京文化会館でついに開幕!上演作は19世紀に生まれたロマンティック・バレエの傑作『コッペリア』。芸術監督・熊川の演出・再振付による全幕プロダクションの中でも、『くるみ割り人形』と並んで幅広い層からの根強い支持を集める人気作だ。

続きを読む
2010-10-15 19:17 この記事だけ表示

昨年夏、脅威の大ヒットを記録し、最終公演には1,000人が当日券を求めた「RENT」来日公演の台風の目、アダム・パスカルとアンソニー・ラップが日本に再上陸!!
RENTオリジナルキャストがクリスマス・シーズンに魂を揺さぶるプレミアムコンサートツアー!!


続きを読む
2010-10-01 21:36 この記事だけ表示

 圧倒的な存在感を放つ美しき音楽家と世界最高峰のバレエ・ダンサーが強力なタッグを組む、"究極のコラボレーション"。 一流アーティスト同士が互いの才能に惹かれ合い、創造性豊かなステージが、新国立劇場にて、 今秋10月に5日間連続で開催されることになった。







続きを読む
2010-09-22 12:00 この記事だけ表示

 9月16日、東京・本多劇場にて、M&Oplays+PPPPプロデュース『窓』が開幕した。本作はツルゲーネフの『初恋』に想を得て、 ペンギンプルペイルパイルズ(以下PPPP)の倉持裕が書き下ろした新作。演出も同じく倉持が担う。


続きを読む
2010-09-17 21:09 この記事だけ表示