2010年2月、スリリングな舞台が登場する。俳優・仲代達矢が役者人生のすべてを賭けて挑む「ジョン・ガブリエルと呼ばれた男」がその作品だ。近代演劇の祖ヘンリック・イプセンの最高傑作の誉れ高きこの戯曲で、仲代が扮するのは、己の夢を一途に追い続け、自分とその周りの人間とを不幸にしてもなお夢見ることをやめない男、ジョン・ガブリエル。役者としての生き様の表明が大いに問われる役柄を演じる意気込みを直撃した。


>>チケットの詳細・申込み

続きを読む

慶應義塾大学の演劇サークルで知り合ったメンバーが集まり、2008年に正式に独立したコメディユニット「ゴジゲン」。悲劇的なテーマを、笑えるが優しい世界観へ昇華させる、軟弱なシチュエーションコメディが作品の特徴。結成以来、東京のみならず全国を視野に入れて活動を展開し、既に大阪と福岡でも公演を行っている。一方で、映像製作にも力を入れ、主宰者はTVドラマの脚本も手がける。そんな順風満帆な彼らだが、最新公演のタイトルは『ハッピーエンドクラッシャー』(新宿THEATER BRATS 9/9〜9/15)。どういう心境で今回の舞台に臨むのか。全ての作・演出を手がけている、主宰の松居大悟に話を聞いた。



>>チケットの詳細・申込み

続きを読む
図らずもピンクのTシャツというペアルック(死語)で微笑む大堀こういち&温水洋一。クセモノ役者ふたりに構成・演出の細川徹を加え、2000年から不定期公演を行っているユニットが「О.N.アベックホームラン」だ。怪しい男たちが繰り広げる不条理コントに、じんわりと絡めとられるリピーターも増殖中。この秋、第5回公演となる新作『1000』を控える彼らが期するものとは?

>>チケットの詳細・申込み

続きを読む


いよいよ来日公演が迫り、日本中のミュージカルファン、レントヘッズ (レントファン)の期待が高まる中、初日前日の8月6日 (木)14時からHMV渋谷にて来日記念スペシャルイベント の開催が決定しました!!
イベントはブロードウェイ・オリジナルキャスト、映画「レント」主演 キャストのアダム・パスカル(ロジャー役)とアンソニー・ラップ (マーク役)を始め、唯一の日本人キャスト高良結香(アレクシー 役)らがHMV渋谷に集結します!

お陰さまで1,000組以上の応募を頂き、メール発送をもって当選 のご連絡をさせて頂きました。現時点でイープラスからの当選メールを 受信されていない方は残念ながら落選となります。当日は当選されたか たのみご参加頂けますので何とぞご了承ください。 また、当日のイベントの模様はRENTオフィシャルホームページHMV Online内のカルモン にてレポート致します。ご期待ください。

【参加される際の注意事項】
・ 当日は、メディアの取材が入ります。撮影する写真・映像は、オフィシャルHP、テレビ、新聞、その他Web 等に使用させていただきますのでご了承下さい。
・イベントでの許可のないデジタルカメラ・カメラ付携帯電話等での写真、ビデオ撮影、録音は禁止させて頂きます。
・イベントへの交通費は参加者の負担となります。

>>RENT ブロードウェイ・ツアー 特集ページはこちら

夏の暑さに浮かされて見る白昼夢のような、切なさとユーモアと懐かしさが入り交じった、あまりにも不条理で幻想的な世界。もはや小劇場ファンの間では夏の風物詩となっている、名古屋の劇団「少年王者舘」本公演の季節が、今年もやってまいりました。とはいえ昨年は『アジサイ光線』再々演が、大阪で上演されたのみだったので、物足りなく思った方もさぞ多かったことでしょう。しかしその分今年は、主宰・天野天街の3年ぶりの新作で、名古屋・京都・東京の3都市を巡演! しかも京都での本公演は、劇団創立27年目にして初めてのことだそうです。そこで天野天街に、題名通り「夢」がテーマとなるという新作の構想について、いろいろとうかがって参りました。

>>チケットの詳細・申込み

続きを読む
シェイクスピアの実質的デビュー作となった20代の作品で、彼の全作品中、唯一、三部作にわたる壮大な歴史劇。

時は15世紀、英仏間の「百年戦争」から、イギリス国内の王位継承問題に端を発した「薔薇戦争」まで、 西ヨーロッパの激動を背景に、生後9ヶ月で王位につき、生涯を有力諸侯や権力闘争に翻弄された ヘンリー六世と、彼を巡る権力と愛憎を生き抜いた人間たちの「戦い」のドラマです。 シェイクスピアはこの作品により一躍、人気作家へと駆け上りました。


>>チケットの詳細・申込み

続きを読む

前田美波里

このミュージカル「ステッピング・アウト」も、今年で8年目になりまして、私は今回のこのショーで最後となります。皆心を一つにして、頑張っております。

この作品の見どころは、なんと言っても、皆さんがカルチャースクールで持っている友達の悩み、辛さ、色んな問題を解決はできないけれど、皆の心が一つになった時に、そんな事背負っていても仕方がないことだ、明日に向かって立ち向かってワンステップ踏み出そうという輝きにあり―それがステッピング・アウトであり、見どころだと思います。そして、もちろん素敵なタップ・ダンスも。劇場で皆様をお待ちしておりますので、是非見にいらして下さい。


>>チケットの詳細・申込み

続きを読む
ダンサー、芸術監督などプロフェッショナルによるトーク・セッション!

世界中のセレブを魅了するニューヨーク・シティ・バレエは、その本拠地ニューヨークにおいて、多くのエデュケーション・プログラムを開催しています。その一つが、この「バレエ・インサイト」。 「バレエ・インサイト」とは、ダンサーをはじめ、芸術監督やデザイナー、振付家、そして音楽家など、最高のステージを創りあげる“プロフェッショナルによるトーク・セッションで作品の真髄に迫る”一大プロジェクトです。



>>チケットの詳細・申込み

続きを読む