二人は昔ヴォードヴィリアンでコンビを組んでいた…
とってもとっても……仲が悪かった?!
江守徹、西岡徳馬の二人が、二―ル・サイモンの傑作に挑戦!

ニール・サイモン's「サンシャイン・ボーイズ」


s-boys_2_s.jpg


>>チケットの詳細・申込
続きを読む
4月12日に名古屋で幕を開けた、
ミュージカルロマンス「DRACULA-ドラキュラ伝説-」


ドラキュラ伝説 松平健が「王様と私」以来18年ぶりとなる主演ミュージカルが今回の「DRACULA-ドラキュラ伝説-」

 ドラキュラというと黒いマント、そして牙という恐ろしい姿ばかりイメージするものだが、今回の作品はそんなドラキュラのイメージをがらっと変える作品となっています。

 松平健演じるドラキュラ伯爵の衣裳は白色がベースの豪華な、まさに貴族という感じで、恐ろしいイメージは一切なく、一言で言うと"ダンディー"という感じ。暴れん坊将軍にも通じる男気あるセリフや、マツケンサンバとはひと味違うバラードナンバーなど、松平健の新たな魅力が溢れんばかりに詰まっています。

 ドラキュラ伯爵を自分を振り向かせたいとやっきになっているヴァンパイヤ役には、宝塚出身の真織由季、初風緑、初嶺麿代の3人組が巧みに演じています。歌、ダンス、芝居とステージを所狭しと駆け回りつつもストーリーを進行させる役回り。
 そしてドラキュラ伯爵の執事役にはユーモアとウィットに富んで客席を笑わせる、劇団四季出身のベテラン光枝明彦、彼のちょっとおかまチックな演技は絶妙で笑いを誘う。そうです、ここまで読んでもらえればいままでのドラキュラとはひと味もふた味も違う作品とわかるはず。このミュージカルはホラー色など一切ない作品なのです。


★公演の詳細とチケットはこちらから!
「DRACULA-ドラキュラ伝説-」公式サイト  [携帯はこちら]



続きを読む
グランドオープニングを飾る超大作「祝祭音楽劇 トゥーランドット」が、現在”赤坂ACTシアター"にて上演されています。
初日にはレッドカーペットも登場し豪華な著名人が続々と訪れ、その感動のほどを語ってくれました。またその作品の出来映えはクチコミでも広まり、連日多くの人で賑わっています。そんな素敵な舞台の写真を今回は特別にお披露目します!
公演もあと残り少なくなりました。e+(イープラス)でのチケットもあと平日公演を残すのみ!もう本当にあとわずかです!ゴールデンウィーク前には終わってしまうので、今すぐにスケジュールチェックしたいところ。

turan_stage01.jpg
(撮影:阿久津知宏)


※「すぐチケ」なら、手数料無料です。
>>チケットの詳細・申込

続きを読む
『ウ−マン・イン・ブラック 〜黒い服の女〜』

上川隆也×斎藤晴彦によるゴシック・ホラーの決定版!
1999年、2003年に引き続き、待望の再演&真夏の日本縦断公演!

そしていよいよ、ロンドン(フォーチュンシアター)へ !
『ウーマン・イン・ブラック -JAPAN WEEK-』  開幕決定!



■世界各国で上演、ホラーエンタテインメントの決定版!
斉藤晴彦、上川隆也の顔合わせで実現される”恐怖の感覚” 


 ロンドン・ウエストエンドで生まれた『ウーマン・イン・ブラック』は、たった2人の男、中年の弁護士と若い俳優が、過去に体験した世にも恐ろしい出来事を、劇中劇の形を借りて再現していくホラーエンターテイメントの決定版! 世界30カ国あまりで上演されてきたこの作品は、俳優の演技力、照明、音響、舞台装置という劇場の基本的な手法だけを有効に使って、観客の“想像力”を刺激し、“恐怖の感覚”を舞台上で再現した秀作だ。
 日本では、パルコプロデュースにより、1992、93、96年の3度の上演を経て、1999年からは、斎藤晴彦、上川隆也の顔合わせで、若者層を中心に人気の舞台となり、2003年の再演の際には、全国7都市で上演され、各地で絶大な評価を受けた。
 多くの支持を集め、再演希望も少なくなかったこの作品が、その要望に応える形で、この夏再び日本全国の舞台に“恐怖”とともに出現する。斎藤晴彦、上川隆也の巧みな2人の演者が、 “語り”によって、心の奥底から呼び起こされる“恐怖の感覚”を、劇場で体感してみよう!

>>チケットの詳細・申込

続きを読む

<連載・第3回>
      大人の街・赤坂がサクラ色のエンタメタウンに!
      始まりの季節だから読んどこ!"観劇の心得、初歩の初歩"


 何年ぶりかのヘビーな花粉攻撃に悩まされてます。このままだとハナウタも出やしない…ガフガフ…。最近は自分でカスタマイズできる「デコマスク」なんてキュートなアイテムもあるようですが、私は控えめに薄いピンク色のマスクを購入してみました。それだけでも外出時の憂鬱な気分が紛れるから不・思・議♪(ハナウタちょっと復活)


 さて。ピンク色がくれるワクワク気分はここにもありました。3月20日にグランドオープンした「赤坂サカス」。桜色のロゴも可愛いサカスは、文字通り赤坂の街に誕生した複合エンタテインメント空間。地下鉄の赤坂駅に直結とアクセスも便利、敷地内にはTBS放送センター赤坂Bizタワーなどのほか、新しい劇場「赤坂ACTシアター」&生まれ変わった「赤坂BLITZ」がある演劇ファンも注目のスポットです。ロゴだけでなく、実際に約100本の桜が植えられているので・・・


続きを読む
ゲキ×シネ ツアー2008メタルマクベス全国上映決定!!

演劇の映像を映画館で観る、今話題沸騰の新感覚エンターテインメント《ゲキ×シネ》。これまで5作品が上映されて来ましたが、皆さんはその全てをご覧頂けましたか?

 2007年2月新宿バルト9のオープニング記念作品として限定上映された『メタルマクベス』は、多くの方々から熱狂的な支持を得つつも、限定上映ということでご覧になれなかった方も多く、これまで非常に多くの再上映・全国公開のご要望を頂いていました。その幻の名作・ゲキ×シネ『メタルマクベス』が、ついに全国公開!まずは5月に東京「新宿バルト9」、6月に大阪「梅田ブルク7」で上映がスタートします!

これはもう何度でも足を運ばないと!

>>チケットの詳細・申込

続きを読む
6回目を迎える本年は大混戦の末、全18演目が決定!
人気演目から、めったに見られない稀曲まで、どの日も見逃せないプログラムとなりました。毎回、満員御礼の公演だけに、売切は必至です!暑さも吹き飛ぶ茂山千五郎家一門の笑いをお楽しみに!
無布施経_s.jpg
(無布施経)

>>チケットの詳細・申込

★e+MOVIE『納涼 茂山狂言祭2008』に出演の茂山千之丞さん、茂山茂さん、茂山童司さんに見どころを紹介していただきました!


続きを読む
superdance.jpg

西島千博さん・Bugs Under Grooveのみなさんから動画メッセージ到着!

 2001年にパパイヤ鈴木、西島千博を中心にスタートした「SUPER DANCE BATTLE」。翌年2002年から新たにBugs Under Grooveが加わり、4年間に渡り公演されました。
 2007年には鳴り止まないアンコールのもと「SUPER DANCE PREMIUM」として再び皆さんの目の前に登場。

 そして2008年。舞台は新国立劇場。
 JAZZ×バレエ×コンテンポラリー×ボールルーム×TAPと各界のトップダンサーに加え和太鼓、ピアノとこれでもかっ!と言わんばかりの豪華出演者。
 ダンス界で至芸を極めたトップダンサーたちが、ジャンルの垣根を飛び越え結集。
 それぞれのダンスを堪能するソロ・コーナー、ダンスで展開するオリジナル・ストーリー、そして楽しさ爆発のショータイムまで、息つく暇もないダンスの「競宴」を見逃すな!

【公演情報】
4/27(日)〜5/1(木) 新国立劇場 中劇場 (東京都)

★チケット好評発売中★
>>公演の詳細とチケット申込みはこちら!

★2007年公演時の特集記事はこちらから