今や日本の演劇シーンに欠かせない存在となった俳優、古田新太と池田成志。その彼らが『ヴァンプショウ』『鈍獣』に続き、「自分たちが観たい芝居を作る」という企画を新たに始動させた。まず彼らが集めたのは、個性的でかつ演技に定評のある八嶋智人と松重豊。そして、紅一点にミステリアスな美しさを持つ小田茜。期待値の高いキャスティングだ。また、これまで三谷幸喜、宮藤官九郎に脚本を依頼した2人が今回選んだ作家は、関西の劇団「デス電所」の竹内佑。文学性を持ちながらブラックな世界を描く新進の劇作家だ。果たして、今回の狙いは何なのか? まだ全貌が明かされていない今、首謀者で原案者の古田新太と池田成志を直撃してみた。

DSC_1541s.jpg

>>チケットの詳細・申込

続きを読む
数年間、日本でワークショップを展開してきた演出家ロバート・アラン・アッカーマン。そんな彼が本邦初上演となるアメリカ現代戯曲の傑作、ランフォード・ウィルソン作『バーム・イン・ギリヤド』で演劇集団<the company>を立ち上げる。メンバーの中核を占めるのは彼のワークショップで知り合った若者たち。ニューヨーク、ロンドン、パリと世界の第一線で活躍する彼がいま、日本で新人役者たちとカンパニーを立ち上げる意味とは。



>>チケットの詳細・申込


続きを読む
古き佳き時代。
アメリカの田舎町で静かにくらす仲良し4人姉妹。一見、平穏な生活の中に見え隠れする4人それぞれのちょっとした悩み…束縛したがる夫にうんざり気味の長女。
居候の末妹をちやほやする夫にやきもちを焼く次女。
40歳になっても結婚しない息子が心配な三女。
45年間も次女夫妻の家に居候しつづける四女。
誰もが迎える人生の黄昏時、人生のさまざまをたっぷり体験した魅力的な俳優たちが豊かな時間をかもし出します。

出演者の皆さんからのコメントが届きました!

s_画像-002.jpg

>>チケットの詳細・申込

続きを読む
neko_title.jpg
<連載・第1回>
演劇とラーメンの街・池袋!
バレンタインデーにはチョコっと観劇デートはいかが?


neko_prof.jpg 山手線の車内ビジョンに流れる星占いをなんとなく眺めていたら、今日のナンバーワンラッキー星座だったヨコザワです(ちなみに射手座)。小さな幸せ発見で、密かにハナウタ♪
 …というわけで、今日から毎月1回、みなさまとこのメルマガにてお会いすることになりました(あ、ブログもあるみたいです)。

ここでは日々の取材や観劇を通して感じた“ちょっとハナウタ気分”小さなハッピーや思わぬ発見、その時々で気になったエンタメ周辺の話題劇場のある街のプチネタなどを取り上げていこうと思いますので、どうぞおつきあいください。

 初回はごあいさつ代わり。池袋在住10年の地元感覚を生かして、演劇&エンタメの街・IKEBUKUROレポをお届けです。




続きを読む
ゴッド ドクター


「世界初の人間をしあわせにする病院」。
神をめざす、医者たちの物語。
迷える人々に贈る、現代の神話であり、御伽噺がコメディーとして、ここに生まれます。

−−いま、しあわせですか?と聞かれ何人のひとがしあわせですと即答できるでしょうか。

ずっとずっと未来のはなし。天には神様が、地上には人間がいる。そして天と地上の間に、「ハザマ」、とよばれる空間があった。
天上界でも人間界でもなく、中途半端なハザマ。
このお話は、そこに住む、これまた人間でも神様でもない中途半端な存在である、研修医(ポストドクター)のお話です。


【東京公演】 2008年5月4日(日)〜5月18日(日) 18公演 新国立劇場(小劇場)
【兵庫公演】 2008年5月22日(木)・5月23日(金) 2公演 兵庫県立芸術文化センター(中ホール)

作・演出:大宮エリー
出演:片桐仁/石田ひかり/松村雄基/遠山景織子/山下真司/板尾創路

東京公演のチケットは、2/16(土)から発売!!

GOD DOCTOR 公演オフィシャルサイトオープン!
今後、動画などの楽しいコンテンツを随時アップ予定。お楽しみに!!
≫公演の詳細は、公演オフィシャルサイトで

伝説のトリオ漫才、復活?!
生きざまでボケ続ける伝説の芸人、明日の見えないストリッパーたち、ひなびた温泉街のストリップ劇場で伝説のトリオ漫才、復活なるか?!
’02年大人計画本公演として上演された“笑い”への愛情たっぷりの舞台が、人気放送作家・鈴木おさむの演出・脚色と多彩なキャストで生まれかわる!

main.jpg

>>チケットの詳細・申込

続きを読む
〜あなたは本当のドラキュラ伝説を知っていますか?〜
世界的に知られるブラム・ストーカーの怪奇小説「ドラキュラ」をミュージカル化!
ドラキュラの愛とロマンスのミュージカル…。
DRACULA -ドラキュラ伝説-
 「王様と私」出演以来、18年ぶりの本格的ミュージカルに主演する松平健が、今まで誰も見たことがなかったドラキュラ伯爵を演じます!
豊橋市出身の主演・松平健にとって地元である4月名古屋公演からスタート!
大阪公演など全国各地での公演(各公演情報は近日発表)を経て、6月東京公演でフィナーレを迎えます。
久々の本格的ミュージカルに意気込みも充分!
共演陣には、紫吹淳はじめ実力派キャストが勢ぞろい!
【プレオーダー受付】
 【東京公演】2/4(月)12:00〜2/7(木)18:00
 【名古屋公演】1/30(水)12:00〜2/7(木)18:00
≫詳しくは特集ページで
春狂言2008 −狂言と落語の縁もゆかりもある関係−

 人間国宝・茂山千作と千之丞の兄弟を筆頭にそのおおらかかつふくよかな笑いで絶大な人気を誇る京都茂山千五郎家一門。春の訪れと共にお贈りしてきた「春狂言」も今年で5年目を迎えます。
 今年は狂言と同じく、笑いの芸能である落語に関連した演目を、各回上演!中には、普段上演されることの少ない稀曲もあり、狂言と落語の縁を感じながら新たな狂言の魅力を発見していただけるラインナップです。お見逃し無く!!

★『春狂言2008』茂山茂・茂山童司のお二方からe+独占メッセージ!ゲストに茂山千之丞氏も登場!


■春狂言

>>チケットの詳細・申込

続きを読む