2006年、世界初の舞台化で絶賛の嵐!!
会場内を感動の涙と鳴り止まない拍手で包んだ舞台「レインマン」
椎名桔平・橋爪功のゴールデンコンビで再演決定!

title_s.jpg
  2shot_0524s.jpg
credit.jpg

1988年ゴールデングローブ賞、アカデミー主要4部門を総なめにし、日本でもロングランヒットを記録した映画「レインマン」。全く異なる人生を歩んできた兄弟の出会いを通して、肉親とは何かを考えさせる今までになかった全く新しいホームドラマを、ダスティン・ホフマンとトム・クルーズが演じ話題になりました。
2006年1月、この映画の舞台化が魅力的なキャスト陣により、世界で初めて日本で実現し、2月にはシアターBRAVA!で大阪公演が行われました。
21世紀になり、益々、家族のあり方が問われる時代の今、この問題作が、新しい大人の芝居として甦ったのです。

>>チケットの詳細・申込み
>>携帯からの申込みphone to
続きを読む
 世界を舞台にダンサー・振付家として活躍する若き才能、服部有吉。彼の待望の新作「ラプソディ・イン・ブルー」は、舞台にオーケストラを上げ、音と踊りの融合を図る意欲作だ。
初日まで二週間となった日の稽古場を訪ねると、バーバー「アダージョ」の振付の真最中。今回の公演でメインを務める二人のダンサー、ラスタ・トーマス、辻本ともひこと共に、内なる衝動を形にすべく奮闘する服部がいた。音楽が流れる以外は静かな稽古場で、身体でコミュニケーションを取り合う三人のダンサー。優雅でシャープな服部のムーヴメントを、キレのよさと硬質な魅力が光るラスタ、しなやかさの中にダイナミックなうねりを見せる辻本がなぞると、同じ動きでも異なるアクセントがつくのが興味深い。


IMG_5094.jpg

>>チケットの詳細・申込み
>>携帯からの申込みphone to
続きを読む
ハンブルクバレエ団移籍から1年、服部有吉の新プロジェクト!!
振付家・ダンサー服部有吉と、指揮者・金聖響の新しい挑戦!!

ステージ上に60名フルオーケストラとクラシックバレエからヒップホップまでトップダンサーが集結し、音楽とダンスが完全共演。ゲスト・ダンサーには、ブロードウェイのダンス・ミュージカル『ムーヴィン・アウト』で主演を演じたラスタ・トーマスが来日!!人気ジャズ・ピアニスト、松永貴志ら豪華ミュージシャンも勢揃いといった注目の公演がこの、『ラプソディー・イン・ブルー』。

(C)設楽光徳

>>チケットの詳細・申込み

>>携帯からの申込みはこちらphone to

続きを読む
〔Japanese〕_ 〔English〕Coming Soon
Last-Laugh-tit.jpg
Last-Laugh-010s.jpg
Last-Laugh-tit-2.jpg
2007年7月東京、大阪来日公演決定!
日本語字幕付英語上演

>>『ラスト・ラフ』チケットの詳細・申込みはこちら

>>携帯からの申込みphone to
続きを読む

今夏、7月18日より渋谷・Bunkamuraオーチャードホール、大阪・フェスティバルホールにおいて、32公演を開催されるブロードウェイ・ミュージカル「ヘアスプレー」。本公演は2002年に開幕、トニー賞8部門を受賞、以来ブロードウェイでロングラン中のメガヒットミュージカルです。

>>『ヘアスプレー』チケットの詳細・申込
>>携帯でのお申込phone to
 

続きを読む

コミカルなマーシャル・アーツ(=武術、格闘技)パフォーマンスという名のとおり、ワイヤーアクションを彷彿とさせる迫力あふれるアクロバティックなパフォーマンスとともに、個性際立つキャラクター揃いの“武術の達人”一家のハチャメチャなエピソードの数々で展開する、笑いと興奮のライブエンタテインメント『JUMP』
いよいよ5/18(金)より開幕!

>>チケットの詳細・申込
>>携帯からの申込phone to

特集ページはこちらから


<<ペ・ヨンジュンさんからメッセージが届きました!!>>

続きを読む

すでに多くのファンを持つウィーン発ミュージカルの最高傑作『エリザベート』が現在来日中であることはご存知のことと思います。大阪での完全版の上演を大成功のうちに終えて、5/7(月)より<コンサートバージョン>と題した東京公演が開幕しました。
イープラス演劇班も楽しみにしていた、この東京公演。赤いビロードの幕が上がった瞬間、まず驚いたのが舞台配置。

Production VBW / Elisabeth in Japan 2007
Photo: (C) KOMA STADIUM

>>チケットの詳細・申込

”すぐチケ”なら、すぐ予約・すぐ発券、しかも手数料ゼロ!

続きを読む

西川貴教・大塚ちひろ・三浦理恵子の出演で早くから話題沸騰だったコメディ・ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード 」が、先週末、東京芸術劇場で開幕しました!

ビルの窓拭き青年がひょんなことから大企業でトントン拍子に出世、遂にはトップにまで上り詰めるというサクセスストーリーを、陽気で華麗な歌と踊りで紡いでゆくこの作品、ちょっと植木等の「無責任」シリーズみたいと思われる方も多いでしょうが、実は、1961年ブロードウェイ初演のこの作品の影響を受けているのは「無責任」シリーズのほうなんです。いわば「ハウ・トゥー・サクシード 」のほうが元祖でありルーツ。

◎チケットの詳細・申込はこちらから

西川さんからのメッセージも聞ける、特集ページはこちらから

続きを読む