人気脚本家であり個性派俳優としても活躍している宮藤官九郎と、シリアスでもコメディでもその魅力を存分に発揮する人気女優の麻生久美子が、岩松了の書き下ろしによるサスペンスタッチの恋愛劇『結びの庭』で舞台初共演を果たす。宮藤は『アイドル、かくの如し』(2011年)、麻生は『マレーヒルの幻影』(2009年)以来の岩松作品への出演。出演者としても、観客としても岩松作品のファンを公言するふたりに、今回の新作舞台への想いを語ってもらった。

続きを読む
2014-12-03 13:25 この記事だけ表示

 ミュージカルのみならず幅広い分野で活躍する一路真輝。このたび主演する「スワン」は、女と男と突然現れた一羽の白鳥とで織り成すファンタジックな物語だ。夫に逃げられ、愛人として生きるヒロイン・ドラを演じる彼女に、作品への思いを聞いた。


続きを読む
2014-11-28 20:03 この記事だけ表示

全く異なるタイプの朗読劇を2週にわたって贈る銀河劇場企画。青春群像劇の金字塔「春のめざめ」は、演劇界の至宝 文学座の高橋正徳が演出する。相葉裕樹、武田航平の2人に一問一答インタビュー!

続きを読む
2014-11-28 15:37 この記事だけ表示

 名前を書かれた人間を死に至らしめる力を持つノートを巡る、天才高校生・夜神月と名探偵・Lの頭脳戦を描いた大ヒットコミック「デスノート」。藤原竜也が主演した映画版とともに、日本のみならず世界中で人気を集めるこの作品が、海外での上演を視野に入れた国際プロジェクトとしてミュージカル化されることになった。11月10日に都内で製作発表が行われ、音楽のフランク・ワイルドホーン、演出の栗山民也と豪華キャスト陣が、“世界初演”に向けた意気込みを披露。その後Wキャストで主役を務める浦井健治と柿澤勇人がインタビューに応じ、舞台ならではのライト(夜神月)を演じたい、と熱く語ってくれた。

続きを読む
2014-11-27 17:48 この記事だけ表示

 社会的なテーマを中心に据えながらエンターテインメントを追求するミナモザが12月10日(水)よりシアタートラムにて『みえない雲』を上演する。
 ドイツの青少年向け小説が原作のこの作品。ある日、原発事故が起きて逃げ惑う14歳の少女が主人公の物語は、まるで現代の日本を予言していたかのようだ。

 出演には周防正行監督の映画『舞妓はレディ』主演で注目を集める上白石萌音、宝塚歌劇団出身の陽月華など。さまざまなところから集まった多彩なキャストも魅力だ。

 今回は、本作品に出演する演劇集団キャラメルボックスの大森美紀子と、ミナモザをドラマターグ(作家の相談役)と俳優として支えて来た中田顕史郎、そして主宰の瀬戸山美咲に話を伺った。

続きを読む
2014-11-25 21:48 この記事だけ表示

 若手実力派の俳優が二人一組となって語る“掛け合い落語”というスタイルを定着させた『ハンサム落語』。その第5弾に出演する9名のキャストを代表し、小谷嘉一&林明寛が本番へ向けての意気込みを語ってくれた。


続きを読む
2014-11-21 20:28 この記事だけ表示

 舞台で活躍中の役者も多数所属する芸能事務所・キューブ主催のライブイベントcube presents『PRINCE LIVE〜2014 X’mas〜』の開催が決定。若手俳優を中心に、既存の舞台や映像作品では伝えきれない彼らの“生な魅力”を届けるこのスペシャルなステージ。総勢15名の出演者を代表し、松下洸平・上山竜治・白洲迅・木戸邑弥の4人が本番へ向けた意気込みを語ってくれた。

続きを読む
2014-11-14 18:27 この記事だけ表示

 勝手に寡黙な人だというイメージを持っていたが、聞かせ上手、例え上手だ。難解とも言われるNODA・MAPの作品について、こう表現した。

「初演の時のインタビューで、似たようなことを言った記憶があるんですけど……。ある美術館のある部屋に入ったら、入り口で羊の絵だと思ったものが、正面に回るとライオンに見えて、出口から振り返って観ると人間の絵だった。ところが、よくよく観ると実は地図だった、そういう作品なんじゃないかって」

続きを読む
2014-11-13 11:19 この記事だけ表示