【左から、影山達也、本田礼生、中尾暢樹、古谷大和、崎山つばさ、古川裕太】


 ネルケプランニングのアイドルステージ第二弾『プレゼント◆5』シリーズで初お目見えした噂の“惑星アイドル“CHaCK-UP”。彼らがメインで繰り広げられるアイドルステージ第3弾『CHaCK-UP』の開幕がいよいよ近づいた。個性的なコスチュームの様子からも「宇宙人らしい」と推測される6人にインタビューを敢行…のはずが、どうやら地球でのインタビューには応じてもらえない模様。そこで急遽、彼らをとりまく人々にCHaCK-UPの魅力を語ってもらった。

続きを読む
2014-08-29 15:31 この記事だけ表示

 元宝塚歌劇団トップスターの大空祐飛が11〜12月、謝珠栄率いるTSミュージカルファンデーションの新作『familia〜4月25日誕生の日〜』に主演する。1970年代のポルトガルで実際に起こった革命と、大空演じる孤児のエヴァの物語を、ポルトガルの民族歌謡「ファド」の調べにのせて描く人間ドラマだ。退団から2年、『唐版 滝の白糸』、『新版 天守物語』、そして自ら企画プロデュースも務めた『La Vie〜彼女が描く絵の世界』を経て、久々にミュージカルの舞台に立つ現在の心境とは。

続きを読む
2014-08-26 16:21 この記事だけ表示

 マシュー・ボーンの「白鳥の湖」の名演で知られる英国のバレエ・ダンサー、アダム・クーパー。その後ミュージカルへと活動の場を広げ、「オン・ユア・トウズ」や「ガイズ・アンド・ドールズ」などの作品で魅力を発揮してきた彼の主演作「雨に唄えば」の来日公演が決定した。サイレント映画からトーキーへの過渡期にあるハリウッドを舞台にした往年の傑作ミュージカル映画が原作で、日本でも宝塚歌劇などでたびたび上演されてきた人気作だ。あまりに有名な表題曲を雨に濡れながら歌い踊るあの名シーンを、劇場で、生で、アダム・クーパーで目撃する貴重なチャンスだ。

続きを読む
2014-08-15 19:36 この記事だけ表示

 「ランボーというとても演じがいのある役に25歳になるこのタイミングで出会えたことをとても幸せに感じています」。天才詩人ランボーとヴェルレーヌの禁断の愛と苦悩の日々を描いた魅力的な戯曲として上演を希望しながら、「最高のキャストがそろわないと実現できない」と演出家蜷川幸雄が長年秘蔵してきた「皆既食」の上演が、岡田将生、生瀬勝久という理想的なキャストを得てついに実現。この大舞台に抜てきされた岡田は、初舞台に武者震いをしつつも、「すべてが楽しみです!」と、新しい場所への期待で胸をいっぱいにしている。

続きを読む
2014-08-15 11:46 この記事だけ表示

  役者・大河元気が26歳にして初の脚本・演出に挑む完全オリジナル作品『バカフキ!』。この作品を「自分がこれまで歩んできた役者人生のひとつの到達点であり、この先表現者として歩みを進めていくための新たなスタート地点である」と位置づけている彼の、ステージにかける情熱とは──。


続きを読む
2014-08-14 20:01 この記事だけ表示

 ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』をベースに、現代のニューヨークに生きる女性を主人公にしたミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』が、2012年の初演の好評を得て待望の再演! ここに登場するアリスは少女ではなく、娘を持ち、夫とは別居中の、悩み多き等身大の女性。そんな人生に行き詰まったアリスが夢の中でウサギ、芋虫、エル・ガト(猫)帽子屋、白のナイト、ハートの女王といったワンダーランドのおかしな住人たちに出会い、奇妙な世界に入り込む――。再演となる今回も実力派揃いのキャストを得て、パワフルな歌、圧倒的なダンスとともに、ポップで賑々しくショーアップされたステージが楽しめそうだ。初演に引き続き出演するアリス役の安蘭けい、帽子屋役の濱田めぐみ、ハートの女王役の渡辺美里に、初演の話も交えながら、作品について語ってもらった。

続きを読む
2014-08-11 13:01 この記事だけ表示

 紫式部が描いたあまりにも有名な王朝絵巻「源氏物語」。今作「源氏物語―夢浮橋―」は、主人公・光源氏が亡くなった後、薫と匂宮を中心とした恋愛模様を描いた「源氏物語・宇治十帖」がベースとなっている。この2人の貴公子をダブルキャストで演じるのは辻本祐樹と平野良の2人。大君、中の君、浮船の1人3役をこなす遠山景織子との3人芝居という濃密な舞台に臨む2人に意気込みを聞いた。


続きを読む
2014-08-07 12:25 この記事だけ表示

 イギリス・エジンバラで毎年夏に開催されているエジンバラ・フェスティバル・フリンジ。超ハイテンションな日本人コメディアン清水宏が、この世界最大と言われる芸術祭に毎年果敢にチャレンジしていることをご存知だろうか?そんな彼の1ヶ月にわたる奮闘を報告するのが、「清水宏のジャパニーズ・ドンキホーテ!!〜イギリス・コメディ・チャレンジ報告ライブ!〜」だ。現地で繰り広げられるリアルなエピソードと、エジンバラに初挑戦した2011年から毎年開催されている異色の報告ライブについて清水に話を聞いた。

続きを読む
2014-08-06 16:20 この記事だけ表示