イギリスの人気劇作家リチャード・ビーンが、アイルランド共和軍(IRA)の活動家たちの信念や正義を描いた戯曲、『ビッグ・フェラー』。この骨太な人間ドラマが、読売演劇大賞で大賞を受賞したばかりの森新太郎を演出に、内野聖陽、浦井健治、成河ら旬の俳優陣をキャストに迎え、本邦初演を果たす。“寡黙だがとことん優しい純真無垢な男”を演じる浦井が、作品の魅力や、すでに始まっているという“勉強会”の様子を教えてくれた。


続きを読む
2014-02-25 15:38 この記事だけ表示

 『ノートルダム・ド・パリ』『モーツァルト!』『エリザベート』『ジーザス・クライスト・スーパースター』等への出演で、韓国ミュージカル界のトップスターとなったパク・ウンテ氏が、満を持して、4月の『Music Museum』に出演。新妻聖子、坂元健児らと夢の共演を果たす。
3月から上演される韓国オリジナルミュージカル『フランケンシュタイン』の稽古中のウンテ氏に、来日を控えての気持ちなどを聞くことが出来た。

続きを読む
2014-02-20 16:41 この記事だけ表示

 人種差別や麻薬・アルコール依存と共に生きた伝説の黒人ジャズシンガー、ビリー・ホリデイ。「レディ・デイ」の愛称で知られる彼女の最期のライブを描くソロミュージカルに、安蘭けいが挑む。舞台上には彼女とピアニストの2人だけ、しかも東京会場は全200席の超濃密空間──。落ちぶれた映画スターや躁鬱病の主婦など、宝塚を退団して以来数々の難役を演じてきた安蘭にとっても、これまでにないチャレンジになりそうだ。


続きを読む
2014-02-19 19:01 この記事だけ表示

座長である菜月チョビの海外留学により、「劇団」としては充電期間に入っている鹿殺し。
1月にはOFFICE SHIKAとしてCoccoの初主演舞台「ジルゼの事情」を世に送り出し大好評を得たばかりの彼らが、早くもこの春、今度は「楽団」鹿殺しとして新作「喇叭道中音栗毛(らっぱどうちゅうおとくりげ)」を東京・兵庫で上演することが発表されました。
はたして「楽団」鹿殺しとは?
また楽団のほかに、今回は巨乳まんだら王国。から教祖イコマノリユキ、メトロファルスから伊藤ヨタロウ、二人のミュージシャンがゲスト出演。
今回の舞台の魅力を、制作:高橋さんに聞きました!


【東京公演】2014/3/27(木)〜4/6(日)すみだパークスタジオ倉

チケット申込

【兵庫公演】2014/4/10(木)〜4/12(土)伊丹AI・HALL

チケット申込


続きを読む
2014-02-14 19:31 この記事だけ表示

(左より)豊本明長、飯塚悟志、角田晃広

 日常の中に潜むちょっとした“ひっかかり”を、独特の視点と演劇的な構造で笑いへと転化させるお笑いトリオ、東京03。『キングオブコント』優勝者としての注目度も高くテレビでの活躍も目覚ましい彼らだが、そのホームであり核でもあるのが毎年開催されてる単独ツアーライブだ。ネタはすべて書き下ろしの新作。自分たちが「今最も面白い」と思っているモノだけを観客に届ける、妥協のないステージの創作の秘密とは?

続きを読む
2014-02-10 22:00 この記事だけ表示

(左より) 三上真史、滝口幸広

俳優たちが国語の先生として古今東西の名作をリーディングする『ぼくとしょ』の初演は2012年の大阪限定上演。
その後口コミでぐんぐんと動員を増やし、半年後には再演の『ぼくとしょ2』(東京・大阪)が、さらにワンデーイベントの『終業式』開催と着実にシリーズ化され、いよいよ第3弾の上演が決定。
出演者にとっても「大切な演目」である本作を代表し、三上真史と滝口幸広が作品への愛情と意気込みを語ってくれた。


続きを読む
2014-02-10 13:43 この記事だけ表示

 彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督でもある蜷川幸雄率いる若手演劇集団、さいたまネクスト・シアターの第5回公演は『2014年・蒼白の少年少女たちによる 「カリギュラ」』だ。溺愛する妹の死をきっかけに暴君と化していく、若きローマ皇帝・カリギュラ。フランスの小説家で劇作家でもあるアルベール・カミュ作のこの戯曲は、蜷川演出で2007年に小栗旬主演でも上演されている。しかし今回はガラリと趣向を変えてまったくの新しい演出で挑むという蜷川に、インタビューを敢行!作品への想いを聞くとともに、稽古場の様子も見学させてもらった。


続きを読む
2014-02-04 12:30 この記事だけ表示


(左より)松下優也、マギー

 2004年に産声を上げ、映画にもなった後藤ひろひと作・G2演出の珠玉の名作が帰ってくる。都内の大病院を舞台に、わがままで偏屈な入院患者・大貫(西岡コ馬)が、不思議な少女パコ(谷花音/キッド咲麗花)と出会ったことで起こる奇跡を描く、大人のヒューマンファンタジーだ。“笑って泣けるファンタジー”として定評ある作品だが、「それは結果に過ぎない」と口を揃える、入院患者役の松下優也とマギー。その真意とは──?


東京・宮城・大阪・広島・愛知・福岡・福島公演はこちら
石川公演はこちら
続きを読む
2014-01-28 17:19 この記事だけ表示