(左より) 山田和也、鳳 蘭、石井一孝、瀬奈じゅん、森公美子、吉原光夫、村井國夫

 大ヒットコメディ映画「天使にラブ・ソングを…」を、主役のデロリスを演じたウーピー・ゴールドバーグ自身がプロデューサーの1人となってミュージカル化した『シスター・アクト』。2009年にロンドンで産声を上げて以来、世界中で無類の幸福感を振りまいてきたミュージカルが、遂に日本で上演される──それも、瀬奈じゅんと森公美子という正反対の2人のWキャストで! 面白すぎるキャスティングに早くも話題沸騰の本作の製作発表に、豪華キャスト陣が勢揃い。その後森がインタビューに応じ、作品の魅力を熱弁してくれた。
≫公式サイトはこちら

続きを読む
2014-01-27 11:50 この記事だけ表示

(左より) 植木豪、千葉涼平

 世界大会での優勝経験もある日本が誇るダンサー植木豪(PaniCrew)が初めて演出を務める舞台「WASABEATS」が、3/19からアミューズ・ミュージカルシアターにて上演される。主演を務める千葉涼平(w-inds.)をはじめ、世界でもトップクラスのダンサーが集結するこのスーパーダンスショーについて、植木と千葉の2人に聞いた。

続きを読む
2014-01-24 14:43 この記事だけ表示


(左より) 舘そらみ、海老根理

 青年団リンク「ガレキの太鼓」の最新公演「雪が降ってるのなど見たことないが気のせいか」が2014年1月23日(木)から2月3日(月)までこまばアゴラ劇場で上演される。
学生時代に世界一周旅行を経験した舘そらみが、2009年に劇団を旗揚げして5年目。劇団が「ハイバイ」「サンプル」「ままごと」など岸田戯曲賞を受賞する劇団を輩出してきた青年団リンクとして活動するようになって3年目。「真面目な演劇人にはなれないみたい。ただただ楽しいことを追い求めて、ここにいるんだ」と書き上げた最新公演。インドのダージリン地方に集まり、ドンチャン騒ぎの一晩を過ごす若者たちが主人公だ。ガレキの太鼓としての集大成かつ新境地として挑んでいる。
この作品にこめた想いを、主宰の舘そらみと、劇団員の海老根理に聞いた。

続きを読む
2014-01-23 13:10 この記事だけ表示

 キービジュアルも公開され、4月の上演に向けていよいよ動き出したブロードウェイ・ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』より、演出・振付のTETSUHARU(増田哲治)主演の松下優也に続き、前田美波里のインタビューをお届け。NYはマンハッタンの最北端、中南米からの移民が多く住む「ワシントン・ハイツ」で起こる悲喜こもごもを描いた物語で、ハイツのおばあちゃんとして皆に慕われるアブエラ・クラウディア役を演じる彼女に、作品に懸ける想いを訊いた。

続きを読む
2014-01-23 11:17 この記事だけ表示

国境、言語だけでなく性別も軽々と越えてしまう、が〜まるちょばのパフォーマンス!2014年は『ロマンティック コメディー』と題した長編を引っさげて全国ツアーを決行する。セリフを一切使わずに笑わせて、キュンと切なくさせて、最後にはホロリと泣かせる無言劇パフォーマンスは一般的に知られるパントマイムとも一味違った、彼らならではの表現で一見の価値あり。今年はどんなステージになりそうか、ケッチ!(赤いモヒカン)とHIRO−PON(黄色いモヒカン)にヒントを語ってもらった。


続きを読む
2014-01-17 19:06 この記事だけ表示

  生瀬勝久、池田成志、古田新太という演劇界屈指の個性派&実力派なクセモノ3人が2004年に結成した演劇ユニットが“ねずみの三銃士”。その旗揚げ公演こそ、のちに映画化もされた名作『鈍獣』だ。そして5年後の2009年には三田佳子をゲストに迎えて大きな話題となった第2弾『印獣』が上演された。あれから再び5年の年月を経て、みたび立ち上がった“ねずみの三銃士”!待望のシリーズ第3弾『万獣こわい』は、ゲストに小池栄子、夏帆、小松和重を迎え、脚本と演出は過去2回と同じく宮藤官九郎&河原雅彦の名コンビが手がけることになった。
イープラスでは、そのヴィジュアル撮影が決行された晩秋の某日、三銃士のひとり古田新太を独占直撃!!この企画への思いや作品の見どころを語ってもらった。

続きを読む
2014-01-16 12:27 この記事だけ表示

黒柳徹子海外コメディ・シリーズの第28弾は、2011年の初演で好評を博した『想い出のカルテット〜もう一度唄わせて〜』の再演に決定。また、本作は1989年にスタートした同シリーズがこれまでのホームグラウンド・銀座から六本木へとお引っ越しとなる節目の舞台でもある。今までのたくさんの記憶と感動と笑いを胸に、シリーズのさらなる一歩を迎えた座長・黒柳徹子自身が語る“海外コメディシリーズ”への思いとは──

続きを読む
2014-01-15 19:16 この記事だけ表示

『ジキル&ハイド』『モンテ・クリスト伯』などでおなじみのフランク・ワイルドホーンが作曲を手掛け、チェコで大旋風を巻き起こしたミュージカル『カルメン』が2014年6月、日本に初上陸を果たす。男を翻弄する魔性の女カルメン役と、愛のために破滅へと向かうホセ役に挑むのは、濱田めぐみと清水良太郎という異色の顔合わせ。ビジュアル撮影に臨み、初対面にして熱く抱き合うシーンを演じた2人を直撃した。



続きを読む
2014-01-09 11:18 この記事だけ表示