10/20(木)記者会見より 写真:引地信彦

 <HOPE JAPAN>のタイトルを掲げ、バレエ界の女王、シルヴィ・ギエムが日本のために立ち上がった。東日本大震災の復興と祈りを捧げるため、19日のチャリティ・ガラ公演を皮切りに、2011年の日本縦断ツアーが始まった。そして、翌日の20日午後、ギエムの緊急記者会見が、東京バレエ団附属東京バレエ学校の新スタジオで開かれた。


■チケット申し込みはこちら

▼<HOPE JAPAN TOUR> シルヴィ・ギエム オン・ステージ2011

Aプロ「当日引換」など絶賛発売中!

【Aプロ(東京)】  【Bプロ(東京)】  【Cプロ(兵庫、広島)】  【Dプロ(福岡)】

▼シルヴィ・ギエム&ロベール・ルパージュ&ラッセル・マリファント エオンナガタ

【エオンナガタ】


続きを読む
2011-10-21 19:28 この記事だけ表示

左から長塚圭史、北村有起哉

 馬場のぼるの同名絵本を題材に井上ひさしが戯曲化したミュージカル「十一ぴきのネコ」で、初の井上作品を演出することとなった長塚圭史。ミュージカルを手掛けるのも初めてという彼の新たなチャレンジに注目が集まっている。また、北村有起哉を筆頭に、山内圭哉ほか錚々たる小劇場の強者役者が集結。井上ひさし作品の新たな船出を前に、演出家&主演俳優の想いを聞いた。

続きを読む
2011-10-05 19:08 この記事だけ表示

 80年代を代表するキラ星のごときロックナンバーでつづられるブロードウェイ・ミュージカル「ロック・オブ・エイジズ」。ジャーニー、ボン・ジョヴィ、MR.BIG等のヒット楽曲の魅力が炸裂、トム・クルーズ出演での映画化が決定するなど話題の作品だ。この時代の音楽を原体験にもち、今年T.M.Revolutionとしてのアーティスト活動15周年を迎える西川貴教が、日本版のプロデューサーと出演を兼ね、作品&楽曲の醍醐味を日本の観客に届けることとなった。西川のミュージシャンとしての軌跡をも振り返ることのできる作品となりそうだ。


 
続きを読む
2011-09-26 19:53 この記事だけ表示

 ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』は、そのB級作品ならではの独特の空気感と、個性的な登場人物たちから涌き出る底知れぬパワーで、誕生時より映画・舞台共に熱狂的なフリークを増やし続けているカルト中のカルト作品である。そして、今回主人公のフランク・フルターを演じる古田新太もまた、筋金入りのロッキーマニア。古田にとって2011年を締めくくる1作ともなる『ロッキー・ホラー・ショー』。“フランク・古田ー版”の上演を前に、永年に渡る作品への愛情と、憧れ続けた作品に出演する実感を語ってもらった。


 
続きを読む
2011-09-22 14:59 この記事だけ表示

 1989年のスタート以来好評を博し、22年もの長きにわたって続いてきた「黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズ」。第25弾となる今年は、舞台「ドレッサー」や「コラボレーション」、映画「戦場のピアニスト」などで知られるイギリスのロナルド・ハーウッド作「想い出のカルテット」を取り上げる。マリア・カラス、カラミティ・ジェーン、サラ・ベルナールなど、シリーズでさまざまなヒロインに挑んできた黒柳が今回演じるのは、引退した往年のプリマドンナ、ジーンという役どころ。その意気込みを訊いた。


 
続きを読む
2011-09-06 12:38 この記事だけ表示

 2010年、雑誌「ミュージカル」のミュージカル・ベストテンで堂々の第3位に輝いたあの名作が、新たなキャストを迎え待望の再演決定!!作曲は「ドリームガールズ」のヘンリー・クリーガー。「ドリームガールズ」にも引けを取らない程の名曲揃い。実在した結合双生児ヴァイオレットとデイジーのヒルトン姉妹の人生を縦軸に、彼女たちを取り巻く登場人物のそれぞれが、悲しくも愛しい2人の物語を多彩に歌いあげます。


続きを読む
2011-09-06 11:52 この記事だけ表示

(左から)田代万里生、濱田めぐみ 撮影:坂野則幸

 クライド・バロウ&ボニー・パーカー--1930年代に実在した“若者のカリスマ”の物語を元に描かれた衝撃のミュージカル「Bonnie&Clyde」の日本初演が決定!F.ワイルドホーンの最新作ともなる本作に主演する濱田めぐみと田代万里生に、作品へかける熱い思いを聞いた。


続きを読む
2011-09-05 14:13 この記事だけ表示

井上芳雄

 井上芳雄、新納慎也、彩乃かなみ。ミュージカル界で活躍する三人が顔を合わせ、現代日本のなにげない日常を舞台に、歌あり踊りありの楽しいステージを繰り広げた「SHOW STAGE NO.1 Triangle〜ルームシェアのススメ」(2009)。蓬莱竜太が初めて音楽入りの劇を書き下ろし、宮田慶子が演出を手がけた同作は好評を博し、昨年には韓国にて同国版も上演されている。それから二年、同じメンバーが揃ってのシリーズ第二弾が実現する運びとなった。「SHOW STAGE NO.1 Triangle Vol.2〜探し屋ジョニーヤマダ〜」にかける意気込みについて、井上芳雄に訊いた。


続きを読む
2011-08-16 20:07 この記事だけ表示