左から:貴城けい、樹里咲穂

 6/18(土)に恵比寿ザ・ガーデンホールで行われる「サイド・ショウ ミュージカルライブ」に主演する、貴城けいさんと樹里咲穂さんにインタビューしてきました。


続きを読む
2011-06-13 19:35 この記事だけ表示

 韓国発のノンバーバル・パフォーマンス「NANTA」(6/23〜26森ノ宮ピロティホール、6/30〜7/3池袋サンシャイン劇場)の凱旋公演が決定している。そこで、NANTAメンバーで唯一の日本人キャスト・岩本柚香さんへ、メールインタビューを行いました。


続きを読む
2011-06-06 14:13 この記事だけ表示

 毎年恒例のとっておきのお楽しみ、シティボーイズミックスが今年も開催!大竹まこと、斉木しげる、きたろう、この3人によるナンセンスでバカバカしくヒネられた独特の笑いの世界は一歩足を踏み入れるとクセになるおもしろさで、1983年のスタート以来これまで大勢の人々を虜にしてきた。
 最新作『動かない蟻』では、漫画家の天久聖一が初めて演出を手がけ、ゲストとして荒川良々と辺見えみりが初参加するというフレッシュな顔合わせが実現する。大竹、斉木、きたろうの3人に今年のステージへの想いを語ってもらった。


続きを読む
2011-06-06 11:15 この記事だけ表示

長塚圭史が主宰する「阿佐ヶ谷スパイダース」が、前作「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」以来約一年半ぶりとなる新作「荒野に立つ」を発表する。時空を超え、失った自らの力=“目玉”を取り戻す旅に出る少女の冒険物語で、「阿佐ヶ谷スパイダース」メンバーの中山祐一朗と伊達暁、そして中村まこと(「猫のホテル」)以外はすべて初参加となるキャスティング。横田栄司(「文学座」)、平栗あつみ(「演劇集団円」)、福田転球(「転球劇場」)といった個性派に加え、安藤聖、中村ゆり、初音映莉子、黒木華といったフレッシュなメンバーの顔合わせが起こす化学反応も楽しみなこの公演。作・演出の長塚に意気込みのほどを直撃した。


続きを読む
2011-05-27 20:14 この記事だけ表示

 長澤まさみが本谷有希子と組む!! この顔合わせだけでも充分すぎるほどニュースなのに、そこに共演者としてリリー・フランキーまでも加わるとなると、これは一筋縄ではいかない舞台になることが容易に予想できるというもの。そんな、この夏の話題作『クレイジーハニー』が、いよいよ始動! 作・演出の本谷、そしてどちらもこれが記念すべき初舞台となる長澤とリリーに意気込みを語ってもらった。



続きを読む
2011-05-24 16:34 この記事だけ表示

 声優・歌手・タレントとして活躍し幅広い層から注目を集めている平野綾がいよいよ舞台デビュー! この夏、新たなバージョンでミュージカル化されるエミリー・ブロンテ原作の古典的名作『嵐が丘』で、ヒロインのキャサリン役を演じる(安倍なつみとのWキャスト)。激しい愛と生命力ゆえの愛憎劇『嵐が丘』。新たな世界への挑戦、初舞台への憧れや意気込みを語ってもらった。


続きを読む
2011-05-20 14:28 この記事だけ表示

 精力的に歌舞伎の舞台をこなすのみならず、野田秀樹作品をはじめとする現代劇や映像作品にも出演するなど、幅広く活動中の中村勘太郎。1〜2月の三谷幸喜作・演出「ろくでなし啄木」ではコミカルからシリアスまで縦横無尽の顔を見せ、三月には父・勘三郎の休演を受けて「夏祭浪花鑑」の大役・団七九郎兵衛を初役で務めるなど、今年も獅子奮迅の活躍が続く彼が、明治座では16年ぶりとなる歌舞伎公演「五月花形歌舞伎」に出演する。市川染五郎、市川亀治郎、中村七之助と、若手中心のキャストが組まれたこの公演でも、名作「封印切」の亀屋忠兵衛役に初挑戦、新たな魅力を大いに披露してくれそうだ。


続きを読む
2011-04-28 18:52 この記事だけ表示

 京都を拠点に活動している地点が、KAAT神奈川芸術劇場にてオープニングラインナップの1本、『Kappa/或小説』を上演する。横浜での地点の本格的な公演はこれが初。“数学的”とも言えるようなスタイリッシュな劇空間と、コラージュ演劇と呼ばれる独特の劇構成からしばしば「難解な」とも称される地点の作品の魅力とは? 元々は役者志望だったという自身の意外な足跡なども聞くことが出来た記者懇親会後、あらためて三浦自身の創作について、本作についてを語ってもらった。


続きを読む
2011-02-25 13:21 この記事だけ表示