大槻ケンヂ原作の青春物語を舞台化した舞台「リンダリンダラバーソール」の再演が決定!
主演の西島隆弘(AAA)さんにインタビューを行いました。


続きを読む
アイルランド演劇界をリードする気鋭の若手劇作家、コナー・マクファーソンがロンドン ナショナル・シアターでデビューを飾った傑作であり、ブロードウェイ公演でも人気を博したストレートプレイ『海をゆく者』が、11月のパルコ劇場にて日本初演の幕を開ける。 クリスマス・イブの夜に集まった男5人が過ごす時間と、その先にあるものとは――?
演出の栗山民也、ミスター・ロックハート役の小日向文世、リチャード役の吉田鋼太郎が、作品の持つ魅力を語ってくれた。

▲左から小日向文世、栗山民也、吉田鋼太郎
>>チケットの詳細・申込み

続きを読む


「劇団、江本純子」の連続公演を経て、毛皮族がこの秋再び始動する。その第一弾として、毛皮族軽演劇シリーズより生まれた異端文芸作品「ふれる」が、10月9日〜10 日の二日間、下北沢駅前劇場にて再演される。再演に際し、キャスティングも改められた新生「ふれる」とは。 本番を目前に控えた江本純子さん、町田マリーさん、柿丸美智恵さんに話を伺った。

>>チケットの詳細・申込み

続きを読む

 グルジア語で「こんにちは」という意味を持つ“が〜まるちょば”。彼らの結成10周年記念公演が、めでたくこの秋、開催される。セリフが一切ない“サイレントコメディー”で世界各国の人々を魅了し続けてきた彼らの実力を、改めて堪能できるチャンスだ。しかも今回はオーストラリアからスペシャルゲストとして“アンビリカル.ブラザーズ”を迎えるという趣向になっているのも一興。ケッチ!(赤いモヒカン)HIRO-PON(黄色いモヒカン)に、この10周年記念公演のこと、そしてこれまでの10年、これからの10年を語ってもらった。


>>チケットの詳細・申込み

続きを読む

東京芸術劇場イチオシの才能を紹介するシリーズ「芸劇eyes」に、噂のハイバイが登場する。上演作品は、岩井秀人(ハイバイ主宰・作・演出)自身の80%私実を描いた人気作品にしてハイバイの代表作といえる「て」。10月1日〜12日まで東京芸術劇場小ホール1で公演がおこなわれる。好評のアフタートークの追加に加え、イープラス購入者だけの日時限定特典も緊急決定。そんな、話題目白押しのハイバイに初出演する菅原永二(猫のホテル)さんと岩井秀人さんの稽古場対談が急遽実現できた。開演目前の「て」の魅力に肉迫する!

東京公演アフタートーク追加!!
10月1日(木)19:30/岩井通子氏(岩井母)、10月2日(金)19:30/本広克行氏(映画監督)、10月6日(火) 19:30/千葉雅子氏(猫のホテル)

イープラス購入者日時限定特典!!
10月9日(金)19:30の回をイープラスで購入されたお客様の中から抽選で3名様に、ハイバイ特製Tシャツをプレゼント!(ご当選のかたには事前にメールにて通知のうえ、会場にて賞品をお渡しいたします。)


>>チケットの詳細・申込み


続きを読む

 ブロードウェイで生まれ、2001年には映画化もされた伝説のロック・ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』。日本でも過去に何度も上演しており、熱心なファンが多いこの舞台がまたもや帰ってくる! これが三演目となる山本耕史に、ヘドウィグへの想いを語ってもらった。


>>チケットの詳細・申込み






続きを読む

ザ・ポケット、劇場MOMOの隣に二つの新しい劇場が誕生。その中のひとつ「テアトルBONBON」のこけら落とし公演を東京ヴォードヴィルショーが上演する。

 作品は2004年劇団創立30周年興行第2弾で好評を博した、劇団史上初の女優を中心とした 傑作喜劇「その人、女優?」の再演。作・演出は人情味の溢れる喜劇で大人気の中島淳彦を迎えて いる。物語は昭和の終わり頃。一瞬の間だけ人気女優だった片桐沙代子は夫で脚本家の橋岡との 結婚生活が破綻。しかもその橋岡の新作舞台の主演女優が後輩の天野千里に決定する。片桐はし つこいマスコミから逃れるべく九州の田舎町にある古ぼけた連れ込み旅館にたどり着く。女と男、妻と夫、そして女優と女優の闘いが、いま可笑しくも情けなく始まる!
 入団が同期のあめくみちこと山本ふじこ。二人の女優に本作品への意気込みを聞いてきた。


>>チケットの詳細・申込み

続きを読む
2001年に劇団「ラッパ屋」が上演し好評を博した『斎藤幸子』(作・演出:鈴木聡)が、この夏、プロデュース公演で上演される。今回美貌とガッツは人一倍だが"画数が悪く"波瀾万丈な人生を送って行くサチコを演じるのは、『ゼブラ』の好演も記憶に新しい斉藤由貴。そして演出は様々なタイプの作品を手がけ、その柔軟&刺激的な発想から今や引っ張りだこの河原雅彦が指名された。
物語は東京の下町・月島を舞台に、サチコと彼女を取り巻く人間味溢れるキャラクターたちが繰り広げるハートフルコメディの世界。
斉藤由貴と河原雅彦。本作が初顔合わせとなる2人の作品に寄せる期待と愛情をうかがうべく、始動直前の稽古場を訪ねた。

>>チケットの詳細・申込み

続きを読む