服部有吉&首藤康之インタビュー掲載!

服部有吉<ハンブルクバレエ団>&首藤康之パートナーシップ・プロジェクト2006特集アップ!
http://eee.eplus.co.jp/theatrix/special/hattori.html

演劇か?コントか?台本一切無し!舞台には二人きり!
平成の藤山寛美・山内圭哉と、ことごとくブレイクの機会を逃し続けてきた関西の最終兵器・福田転球の二人だけが、笑えることのみ追求する90分のミニマムパラノイアコメディシリーズ「wat mayhem」!第三弾にして、大阪を飛び出し、いよいよ東京・名古屋への進出も決まったとのことで、イープラスでは、阿佐ヶ谷スパイダース『桜飛沫』に出演後の山内圭哉さんをキャッチし、公演について伺ってきました!

>>チケットの詳細・お申込み

>>動画コメントも到着!

続きを読む

2004年2月〜3月に東京(Bunkamuraオーチャードホール)と大阪で上演された、『アイーダ・ゴメス スペイン舞踊団・初来日公演「サロメ」』は大成功のうちに幕を降ろし、スペイン舞踊ファンのみならず、演劇ファン、バレエ&ダンスファン、そして幅広い年齢層の方々を熱狂させた。

下坂敦俊

その興奮をまたも体感できるのが、今回のBプログラム「サロメ」「フラメンコ組曲」だ。
「サロメ」は多彩なダンステクニックが重層的に配され、アイーダ・ゴメスが目指した通り、舞踊と音楽が見事に融合。作品はリアリズムが排除され、愛・激情・欲望・死などはすべて様式的に表現される。スクリーンや鏡を用いたシンプルでシャープな装置の中、踊りと音楽、照明が一体となって、いつの世にも通じる官能のドラマが展開する。今回も観客を甘美な官能で陶酔させることは間違いない。

Aプログラムは「カルメン」「IBERIAより組曲」でいずれも期待の新作!
ビゼーのオペラによって世界中にその名をとどろかせる「カルメン」。恋の情熱によるこの悲劇はフランス人の手によるものとはいえ、スペイン的な魅力にみちた物語であることに違いはない。フラメンコを代表とするスペイン舞踊においても、これまでに数々の「カルメン」が創られてきた。カルロス・サウラ監督の映画でも知られるアントニオ・ガデスの「カルメン」はその代表的なものと言えるだろう。
スペイン人がスペイン舞踊でスペインを象徴すると見られている物語を表現する。ともすると、典型の罠に堕ちてしまうリスクをもおかして、この冒険にアイーダ・ゴメスが再度挑戦する。再度というのは、スペイン国立バレエ団芸術監督時代にも自らの主演で上演しているからである。その時は振付に現在同バレエ団監督のホセ・アントニオを迎えたが、今回は演出から振付まですべてを彼女が手がけている。
音楽はアンダルシアの古都、コルドバ生まれのフラメンコ・ギタリスト、ホセ・アントニオ・ロドリゲス。
ドン・ホセにはアントニオ・ガデス舞踊団でアントニオの引退後に彼から主役を引き継いだホセ・マヌエ、闘牛士にはやはりアントニオ・ガデス舞踊団などで活躍したプリミティーボ・ダーサと実力派舞踊家の共演が決定している。アイーダと共に素晴らしい舞台を見せてくれることだろう。

Shin Yamazawa

2006年3月、世界で唯一のスペイン舞踊とフラメンコの祭典、ヘレス・フェスティバルで初演される予定の新作「カルメン」。スペインはもとより、世界中の舞踊関係者から注目されている。
なお、日本では「サロメ」に続いてアイーダが出演したカルロス・サウラ監督の映画「IBERIA」(邦題「イベリア 魂のフラメンコ」)からインスパイアされた組曲も上演する。

情熱と洗練。スペイン舞踊の粋を感じるための、必見舞台に乞うご期待!!

【公演詳細】
4月8日(土) フェスティバルホール
4月9日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
4月14日(金)〜16日(日)、21日(金)22日(土)Bunkamuraオーチャードホール

>>チケットの詳細・お申込み

続きを読む

中川晃教インタビュー&動画コメント掲載!

>>ロンドンミュージカル『OUR HOUSE』特集

かつてない壮大なスケ−ルですべての観客を魅了した昨年末の『くるみ割り人形』公演の興奮さめやらぬまま、2006年もすでに『ドン・キホーテ』上海・大阪公演で素晴らしい成功をおさめたKバレエカンパニー
先日は2005年度(第5回)朝日舞台芸術賞も受賞するなど、今まさに日本の舞台芸術をリードしているといえる、Kバレエカンパニーの芳賀望、神戸里奈、カルロス・マーティンの3人に、もう直ぐに幕をあける次回作に対する意気込みをお伺いしてきました!

【公演詳細】
会場:東京国際フォーラム ホールC
日時:「眠れる森の美女」
    3月11日(土)14:00
   「コッペリア」
    3月19日(日)14:00

>>チケットの詳細・お申込み

>>カルロス・マーティン、神戸里奈、芳賀望の動画メッセージも到着!

>>Kバレエカンパニー ダンサーブログ

続きを読む

みのすけインタビュー掲載!

『NYLON100℃ カラフルメリィでオハヨ〜いつもの軽い致命傷の朝〜』特集はこちらから!

岸谷五朗x寺脇康文 インタビュー&動画コメント到着!

「ブラスト!」の花形トランペッターとして、驚異のハイトーンをはじめとする卓越したテクニックの数々を披露、全国各地の観客を魅了したアダム・ラッパが、今年の夏いよいよ日本に上陸する「ブラスト2:MIX」にソリストとして参加することが決定! 2006年新春、日本を訪れた彼に、公演にかける意気込みを聞いた。

(取材・文:藤本真由、写真:Ayumi Kakamu)

チケットの詳細はこちらから!

続きを読む