女に生まれたアタシを祝う──。オンナの本音を巧妙に描き、世の女性たちから絶大な支持を受けたNHKのコメディ番組、「祝女〜shukujo〜」の舞台版が帰ってくる。チケットが完売となる好評を博した昨年の初演を経て、今回は舞台版には初出演となるともさかりえが新たに加わるほか、新作エピソードも登場予定。9月4日、都内デパート屋上のビアガーデンにて製作発表が行われ、友近、ともさか、YOUら豪華女優陣が意気込みを語った。

続きを読む
2015-09-08 11:10 この記事だけ表示

ジャニーズ事務所所属の俳優:佐野瑞樹と、大人気演劇ユニット*pnish*のリーダー:佐野大樹による兄弟演劇ユニット「WBB」の第9回公演、WBB vol.9『殺意は月夜に照らされて』の上演が決定。伴い全情報が発表された。

奇数回(vol.9)となる本公演は兄:佐野瑞樹による企画、通称Side-W。ヒーロー社会をモチーフにファンタジックなアクションコメディ作品で話題となった前回作、vol.8 『ネバー×ヒーロー』(2015年6月)とは打って変わって、今回は佐野瑞樹が得意とするワンシチュエーションコメディ作品。脚本には、柔らかい日常的な台詞と緻密なストーリー構成で「ロストデイズ(フジテレビ)」など若者の青春群像を瑞々しく描くことや、計算されたミステリーコメディを得意とする徳尾浩司を招聘。

続きを読む
2015-09-07 19:05 この記事だけ表示

 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンの第2弾「青学(せいがく)vs聖ルドルフ」公演の開幕が迫る中、取材陣が訪れた稽古場。そこには作品の総仕上げに向けて精度を上げ、集中を高めようと目の前の課題に取り組み続けるカンパニーの姿があった。12年目を迎えたテニミュの歴史の中、守るモノ・壊すモノ・新たに生み出されるモノとは──。動き続ける稽古場の熱と、その真っ只中にいる座長・古田一紀の決意をレポート。

続きを読む
2015-09-04 21:57 この記事だけ表示

昨年『天才執事ジーヴス』で鮮烈なミュージカルデビューを果たしたウエンツ瑛士と、日本が誇る歌姫・濱田めぐみが夫婦役を演じる本邦初演ミュージカル、『スコット&ゼルダ』。実在の天才作家スコット・フィッツジェラルドと、彼を虜にした絶世の美女ゼルダの波乱の人生を、人気作曲家フランク・ワイルドホーンの音楽にのせて描き出す“大人のジャズ・ミュージカル”だ。8月下旬、都内の結婚式場にて製作発表が行われ、演出の鈴木裕美と4人のキャストがパフォーマンスと意気込みを披露した。

続きを読む
2015-09-03 10:20 この記事だけ表示

 浅利慶太プロデュース公演第2弾『ミュージカル李香蘭』が本日8月31日に開幕。日中戦争のさなか、日本人でありながら、中国で一世を風靡した実在の歌姫・李香蘭の悲劇を描いた本作は、昭和の戦争の歴史を語り継ぐ作品として1991年に初演され、その後中国、シンガポールでも上演、国内外で高い評価を得ている。

続きを読む
2015-09-02 16:32 この記事だけ表示

 舞台を支える裏方たちの奮闘を描くオリジナル・ミュージカル「HEADS UP!」の製作発表がこのほど行なわれた。出席者は、原案・作詞・演出のラサール石井、哀川翔(ベテラン舞台監督役)、相葉裕樹(新人舞台監督役)、橋本じゅん(大道具スタッフ役)、大空祐飛(女優役)、中川晃教(劇場スタッフ役)、入野自由(アルバイト演出部スタッフ役)、芋洗坂係長(演出部スタッフ役)、MINAMI(衣装助手役)。青木さやか(制作スタッフ役)は等身大パネルでの参加だ

続きを読む
2015-08-31 15:44 この記事だけ表示

 ノーベル賞作家のユージン・オニールが、自らの家庭をモデルに描き「演劇史上最高の自伝劇」とも言われている『夜への長い旅路』。様々な問題を抱える一家が、お互いの愛憎やわだかまりをむき出しにしていく様子を、朝から夜中にかけて定点観測するような視点で見せていく会話劇だ。一見特殊でありながらも、実は普遍的な家族の姿をあざやかに描いている本作で、オニール自身を反映した次男・エドマンドを演じるのが満島真之介。最初から親密な空気が生まれているという稽古場の風景や、まさに“旅”となりそうな舞台の展望について直撃してきた。

続きを読む
2015-08-28 18:33 この記事だけ表示

 劇団ペンギンプルペイルパイルズを主宰し、不条理の中空に宙吊りにされるようなコメディ作品を得意としてきた劇作家・演出家、倉持裕。彼が作・演出を手がける最新作「虹とマーブル」は、1960〜70〜80年代の日本を、野心をもって生き抜こうとする男を中心に描く、新ジャンル挑戦の意欲作である。22日の初日に先駆けて公開されたその舞台稽古を観た(21日、世田谷パブリックシアター)。

携帯の方はこちら

続きを読む
2015-08-28 13:25 この記事だけ表示

 2015年春に『幕が上がる』でコンビを組んだ平田オリザ×本広克行が、再びタッグを組んだ若手女優発掘プロジェクト『転校生』が、2015年8月22日(土)にZeppブルーシアター六本木にて開幕した。本作は21年ぶりの再演となる。本番に先がけて公開ゲネプロと囲み会見が行われ、演出の本広と1474人からオーディションで選ばれた21人の女優が作品に対する思いや意気込みを語った。

続きを読む
2015-08-27 14:51 この記事だけ表示

 さまざまな映画人、演劇人に影響を与えたと言っても過言ではない、川島雄三監督による映画『幕末太陽傳』。古典落語の『居残り佐平次』や『品川心中』、『三枚起請』などさまざまな噺をひとつの物語として紡いだストーリーはまさに傑作だ。この不朽の名作が、毛皮族主宰の鬼才・江本純子による上演台本、演出で舞台化されることになった。そして映画版でフランキー堺が演じていた“居残り佐平次”を演じるのは、これが舞台初主演となる青木崇高。数々の映像作品で印象に残る演技を披露してきた青木がこの舞台で果たしてどんな佐平次像を作り出し、それを演じ切るか、興味は尽きない。さらに田畑智子、MEGUMI、小林且弥、矢田悠祐、高橋龍輝ら個性の強い役者たちも加わり、猥雑でエネルギッシュな時代劇が繰り広げられそうだ。9/4の初日を前に着々と稽古が進む都内下町の某スタジオを訪ね、青木に作品への想いを語ってもらった。ちなみに取材当日は夏祭りの真っ最中。稽古着の浴衣のままで外に出て近所を練り歩いていた神輿の前でポーズを決めれば、現代版佐平次が早くもここに降臨した!

続きを読む
2015-08-26 17:20 この記事だけ表示

 寺山修司生誕80年にあたる今年、またも新たな伝説が生まれようとしている。2年前に維新派主宰・松本雄吉の演出で上演された寺山修司作品『レミング〜世界の涯まで連れてって〜』が新キャスト、新演出で蘇るのだ。この舞台で中華料理のコック見習いコンビ、コック1のタロを演じるのは溝端淳平、コック2のジロを演じるのは柄本時生。大女優の影山影子は元宝塚歌劇団トップの霧矢大夢、そして畳の下に住んでいるコック1の母親には麿赤児が扮する。果たして2015年バージョンではどんな世界の涯を目指すのか、ちょうどこの日が初顔合わせだった松本と溝端と柄本に語ってもらった。

続きを読む
2015-08-26 14:51 この記事だけ表示

 森光子が生涯を通じて演じ続けてきたライフワーク的な作品『放浪記』。大正時代の人気女流作家・林芙美子の半生を描いたこの名作で、森は国内で前人未到の単独主演2017回という記録を達成している。この日本演劇界の最高峰と評される名舞台が、森の三回忌も過ぎた2015年秋、キャストを一新して蘇る。森の想いを引き継いで林芙美子を演じるのは、森とも共演経験がありその後も交流を深めていた仲間由紀恵。さらに若村麻由美、永井大、窪塚俊介、福田沙紀、立石涼子、羽場裕一、村田雄浩という演技派が新キャストとして参加することになった。去る8月16日、都内にて「“新生”『放浪記』出発の会」と銘打ち、華やかに製作発表会見が行われた。

<e+半館貸切>12月5日(土)11:30公演
続きを読む
2015-08-25 14:28 この記事だけ表示

 舞台と客席、劇場一体となってみんなでジェンベ(アフリカン・ドラム)を叩こう! 南アフリカ発の参加型エンターテインメント・ショー「ドラムストラック」は、ニューヨークをはじめ世界中で上演され、8年連続日本上陸を果たしている人気公演だ。その初日の舞台を観た(8月19日18時半、天王洲銀河劇場)。

続きを読む
2015-08-25 13:44 この記事だけ表示


&CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 2015年8月20日、本作で10作目となる舞台「戦国BASARA vs Devil May Cry」がアイア2.5シアタートーキョー(渋谷)で開幕。本公演前に出演者による初日挨拶が行われ、意気込みを語った。

続きを読む
2015-08-25 12:28 この記事だけ表示

 士郎正宗の原作誕生から、25年。押井守、神山健治など、日本が誇るアニメ監督によって幾度も映像化され、圧倒的な世界観で多くのファンを魅了した『攻殻機動隊』。その初めての舞台化とあり、一体どんなステージとなるのか、反響を呼んでいる。美しさと強さと知性を兼ね備えた主人公の草薙素子を演じるのは、舞台『P4U』『BLOOD-C』でアクション女優としての輝きを放った青野楓。そして、同2作品の舞台化を成功させてきた演出家・奥秀太郎。2人の頭のなかにあるビジョンを伺った。

続きを読む
2015-08-24 18:39 この記事だけ表示

 子供たちやCHaCK-UPが元気いっぱいに動き回る楽しい舞台『こどものおもちゃ』公演。笑えて泣けるシーンが満載の舞台を要チェック!
 子供たちの元気な声が劇場に響く。8月20日に初日を迎えた舞台『こどものおもちゃ』は、小学校6年生の人気タレント倉田紗南(小椋梨央・奥田こころのWキャスト)と、紗南のクラスの一匹狼男子羽山秋人(相澤侑俄・板垣李光人のWキャスト)を中心に巻き起こる笑いあり涙ありのハイパーコメディな物語だ。

続きを読む
2015-08-24 18:10 この記事だけ表示

「ガラスの仮面」の劇中劇「女海賊ビアンカ」が、キャストを新たに帰って来る! 今回は新キャストも加わりさらにパワーアップ。公演は9月9日(水)〜13日(日)東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演される。

続きを読む
2015-08-21 19:47 この記事だけ表示

 2016年1月〜2月上演、世界初のミュージカル化が決定し、早くも話題となっている『花より男子 The Musical』。日本屈指のクリエイターが結集し製作されるとあって、メインキャストの「F4」(=Flower 4 “花の四人組”)と、牧野つくしを一体誰が演じるのかに大きな注目が集まっていた。今回ヒロインのつくし役は、プロアマ問わずの公募オーディションが実施され、3000名以上の応募が殺到、激戦のオーディションとなった。
 満を持して、メインキャストが決定した。

続きを読む
2015-08-20 16:52 この記事だけ表示

 9/5(土)〜6(日)に上演される、『7seconds〜決断の瞬間まであと7秒〜』。多彩なジャンルから集まったキャストによる朗読と懐かしい昭和の名曲から最近のJ-POPまで世代を超えて愛されてきた歌とを織り交ぜて綴る、新感覚ステージの第二弾だ。今回Theatrix!では、前回公演『あの日、星は重かった』に続いての出演となる声優・小野大輔の、パンフレット撮影に潜入! 現場の様子に加え、公演に向けて意欲を燃やす小野のコメント、また本公演の作・演出を務める藤井清美のインタビューをお届けする。

続きを読む
2015-08-20 15:58 この記事だけ表示

 1474名からオーディションで見事選ばれた21名の若手女優たちが本広克行監督の演出で、平田オリザ作の高校演劇のバイブル的存在の戯曲『転校生』に挑戦中だ。今年の春に平田の原作小説を本広の演出、ももいろクローバーZの主演で映画化、舞台化し話題となった『幕が上がる』。その平田、本広コンビが再び挑む、若手女優発掘プロジェクトがこの『転校生』なのだ。8/22の東京・Zeppブルーシアター六本木での初日開幕に向け、日々進化し続ける稽古場を訪ねて若手女優21人がひしめく稽古場を見学させてもらった。さらに稽古後には本広監督に直撃インタビューを敢行し、どのような舞台にしようと企んでいるかを聞いた。

続きを読む
2015-08-19 18:29 この記事だけ表示