生瀬勝久から竹中直人へのラブコールによって始まった「竹生企画」が、第1弾の『ヴィラ・グランデ青山〜返り討ちの日曜日〜』から4年の時を経て再び始動した。前回同様、倉持裕が作・演出を手掛ける『ブロッケンの妖怪』は、霧に包まれた孤島で起こる不思議な“ホラーコメディ”。稽古開始を控えた二人が合同取材に応じ、意気込みを語り合った。

続きを読む
2015-08-19 18:17 この記事だけ表示

 集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載中の古舘春一原作人気コミック「ハイキュー!!」の初舞台化が決定!バレーボールにかける高校生たちの熱い青春を描いた本作は、舞台上での“球技”の表現をまったく新たな試みで展開することも発表されており、情報公開後、瞬く間に各方面からの注目を浴び続けている。そんな話題作で主人公の日向翔陽を演じる須賀健太と、翔陽のチームメイトでありライバルである影山飛雄を演じる木村達成が語る、本作への強い思いとは──

続きを読む
2015-08-19 17:46 この記事だけ表示

「ドレミの歌」「エーデルワイス」「私のお気に入り」など、誰もが一度は耳にしたことのある名曲を数多く含む名作ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」が、8月9日(日)、四季劇場[秋](東京・浜松町)にて開幕した。東京公演は2013年以来約2年ぶりの再演となる。

初日を目前にした8月8日(土)、同劇場にて行われた公開稽古には、マスコミはじめ、子どもも含めた招待客が多数来場した。この模様をお届けしよう。

<e+貸切>9月30日(水)18:30公演
続きを読む
2015-08-17 16:43 この記事だけ表示


(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダルGR製作委員会
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)
/マーベラス、東宝、ディー・バイ・エル・クリエイション

 累計1,400万部を突破! 渡辺航が描く大人気漫画 「弱虫ペダル」(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)を原作とした演劇作品、舞台『弱虫ペダル』。その最新作がついに2015年10月に上演されることが決定した。気鋭の演出家・西田シャトナーの類まれなる演出技法と実力派俳優陣の熱演が話題となり、2012年からこれまで計6作品を上演。シリーズ第7作目となる、舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR〜2つの頂上〜では、主役高「総北高校」巻島裕介とライバル高「箱根学園」の東堂尽八が物語の主軸を担う。

 今回のストーリーは、巻島裕介役の廣瀬智紀とともに東堂尽八役の北村諒がメインとして展開する。また、太田基裕、鳥越裕貴、郷本直也、滝川英治、秋元龍太朗、植田圭輔、桝井賢斗とおなじみのメンバーが出演。新キャストとして、小越勇輝、章平、大野瑞生が出演することが決定した。

イープラスでは8月14(金)12:00〜先行受付をスタート。
全国4都市、各公演のチケットをいち早くゲットしよう!
続きを読む
2015-08-17 11:02 この記事だけ表示

 山口祐一郎主演で2006年に日本初演され、千秋楽には当日券を求めて1200人が列をなしたという伝説を持つ人気ミュージカル、『ダンス オブ ヴァンパイア』が4年ぶりに再演される。『エリザベート』『モーツァルト!』のミヒャエル・クンツェが脚本・歌詞を手掛けた吸血鬼ものと聞くと、なんとなく荘厳なゴシックホラーを思い浮かべそうになるが、コメディの要素がふんだんに盛り込まれた愛すべき作品だ。8月中旬、都内の教会で行われた製作発表にキャスト6名と演出家が登壇し、意気込みを語った。

お好きな席が選べる<e+貸切公演>11/7(土)、11/22(日)
続きを読む
2015-08-12 15:12 この記事だけ表示

 6月のTEAM Live SEIGAKUからスタートしたテニミュの新たな試み、学校別の単独ライブ=TEAM Liveの第2弾、ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Live FUDOMINEが幕を開けた。主人公が通う青春学園テニス部と真っ向勝負をし、地区予選決勝で惜しくも破れてしまった不動峰中。彼らが用意したライブのテーマは…「都大会へ向けてマネージャー募集」!?

※公演は終了しました。
ミュージカル『テニスの王子様』の最新情報をメールでお知らせします。登録はこちら
続きを読む
2015-08-12 12:58 この記事だけ表示

 「りぼん」の大人気マンガ『こどものおもちゃ』が舞台になって帰ってくる!
 小学生タレント倉田紗南(小椋梨央/奥田こころ)と、紗南のクラスの問題児・羽山秋人(相澤侑我/板垣李光人)を中心に巻き起こるハートフルコメディとして、マンガはもちろんTVアニメも放送された人気作『こどものおもちゃ』。今回、“りぼん60周年記念公演”として舞台化されるとのことで、その稽古が行われている現場を直撃。今作には、宇宙人アイドル「CHaCK-UP」も登場するとのことで、いったいどんなストーリーに描かれているのか…? 子供たちや山本一慶らキャスト陣が奮闘する稽古場をレポートする!

続きを読む
2015-08-07 17:38 この記事だけ表示

 江戸時代の芝居小屋を再現した、テーマパークのような空間で歌舞伎を上演する「平成中村座」。十八世中村勘三郎が立ち上げたこの企画が今年4月に東京・浅草で復活し、そして今年の秋には、勘三郎が「自分を育ててくれた場所」と言ってはばからなかったという、大阪の地に5年ぶりに帰ってくる! それに先駆けて、中村勘九郎が大阪で会見を行った。

続きを読む
2015-08-07 17:05 この記事だけ表示

 名ダンス・コンビ、フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースが1935年に主演し、一世を風靡したミュージカル映画「TOP HAT」。2011年にはイギリスで舞台化され、2013年度のローレンス・オリヴィエ賞最優秀新作ミュージカル賞ほか三部門を受賞したこのハッピーなダンス・ミュージカルが、この秋、来日公演を行なうこととなった。春には宝塚歌劇宙組で、新トップスター朝夏まなとのプレお披露目公演として上演され、好評を博したばかりだ。このたび行なわれた公開記者会見には、来日公演の主演コンビ、アラン・バーキット&シャーロット・グーチ、そして宙組版の主演コンビ、朝夏まなとと実咲凜音が出席、作品の見どころを語った。

続きを読む
2015-08-07 16:35 この記事だけ表示

 歌舞伎俳優・片岡愛之助が座頭をつとめ、貫地谷しほり、波乃久里子、浜中文一、真飛聖、そして早乙女太一らが出演する舞台『もとの黙阿弥』が8月1日より新橋演舞場で幕を開けた。文明開化の波が押し寄せる明治の浅草で暮らす人々を描いたこの作品は、1983年に井上ひさしが新橋演舞場公演のために書き下ろした戯曲で、今回愛之助が演じる男爵家の跡取り・河辺隆次を初演では叔父の十五代目片岡仁左衛門がつとめていた。演出は、多くの井上作品を手がけてきた栗山民也。初日前日には公開舞台稽古が行われ、直前の囲み取材では、片岡愛之助、貫地谷しほり、波乃久里子、浜中文一、真飛聖、早乙女太一といった多彩なキャスト陣が作品への想い、見どころについて語った。

<e+貸切>8/22(土)16:30公演
続きを読む
2015-08-07 11:41 この記事だけ表示

 5年前に東京セレソンデラックスの10周年記念公演として上演され、2年後の2013年には堤幸彦監督によって映画化もされた『くちづけ』が、この秋、タクフェスの第三弾公演として再演される。本作は、知的障がい者たちのグループホームを舞台に、宅間孝行演じるうーやんの恋と父娘の深い親子愛を描いた感動のヒューマンドラマ。そこで今回は、昨年の『夕-ゆう-』に続いて2作連続でタクフェスに出演することになった上原多香子と作・演出・出演を務める宅間の2人に前作の思い出話をうかがうとともに、新たに挑む『くちづけ』の魅力と意気込みを語ってもらった。

続きを読む
2015-08-07 10:58 この記事だけ表示

 時を超えて愛されている夏の定番ミュージカル「ピーターパン」の歴代ピーターパン5名、1981年から7年間、初代・ピーターパンを演じた榊原郁恵、5代目・笹本玲奈(1998年〜2002年、2010年)、7代目・宮地真緒(2005〜06年)、8代目・高畑充希(2007年〜12年)に加え、今年の夏で3年連続の出演となる9代目・唯月ふうかと、歴代ピーターパンが勢揃いし想い出などを語ってもらった。

※公演は終了しました。
「ピーターパン」の最新情報をメールでお知らせします。登録はこちら
続きを読む
2015-08-06 17:26 この記事だけ表示

戦争の暗い時代、中国人スターとして生きた美貌の少女は、日本人だった――。実話を基に、昭和史を語るミュージカルとして、1991年の初演以来何度も再演されてきた「ミュージカル李香蘭」が、終戦70周年の今年、新たな風を吹き込まれて上演される。企画・構成・演出を担当するのは浅利慶太、そして初演以来800回以上タイトルロールを演じてきた野村玲子が今またこの役に挑む。その心境を訊いた。

続きを読む
2015-08-05 13:00 この記事だけ表示

 真珠湾攻撃に向かう潜水艦の中で繰り広げられる乗組員たちの青春グラフィティ『あたっくNo.1』は、これまでも繰り返し上演されて来た方南ぐみの代表作のひとつだ。その2015年版は、戦後70年の節目の夏という特別なタイミングでの上演。本番を控え、現在真夏の暑さに負けない熱き稽古を繰り広げている小澤雄太・加藤慶祐・白石隼也に、作品に向けたそれぞれの思いを語ってもらった。

続きを読む
2015-08-04 18:21 この記事だけ表示

「華麗なるギャッツビー」などで知られるアメリカの作家、スコット・フィッツジェラルドとその妻ゼルダが見たアメリカンドリームを描く、フランク・ワイルドホーン作曲のミュージカル『スコット&ゼルダ』。タイトルロールとして久々の共演を果たす、ウエンツ瑛士と濱田めぐみによる息の合った対談をお届け!

続きを読む
2015-08-03 20:54 この記事だけ表示

 日本初!? 大笑いできる朗読会『笑う朗読4』。寿美菜子さん、大塚明夫さん、立木文彦さんら豪華キャストが出演する『笑う朗読』の魅力を、発起人である声優・水島裕さんに直撃インタビュー!

続きを読む
2015-08-03 18:54 この記事だけ表示

 世界各国の親子から長く愛され続けている佐野洋子作の絵本を原作にした舞台『100万回生きたねこ』が、メインキャストを一新して2年ぶりに復活。今回は100万回死んで100万回生きたとらねこには成河、そのとらねこが初めて恋した白いねこと小さい女の子の二役には深田恭子が扮するニューバージョンとなる。イスラエルから来日中の気鋭の演出家ユニット、インバル・ピントとアブシャロム・ポラックが2年前同様に演出・振付・舞台美術・衣裳を手がける、アートな魅力満点のオリジナル・ミュージカルだ。いよいよ迫ってきた8/15の東京公演初日に向け、順調に準備が進む稽古場を見学させてもらった。

続きを読む
2015-08-03 15:36 この記事だけ表示

 10年選手の売れないC級アイドルグループが、マネージャーの一言で一躍トップオブトップの韓流アイドルに!? ──結成10年目を迎える劇団プレステージが、夢を追う男たちの迷える人生をビターな笑いに包んで描く第10回公演『Have a good time?』で、いよいよ紀伊國屋サザンシアターに進出!
 また、初の大阪公演も実現と、着々とその活動の幅を広げつつある“今”の思いを、メンバーを代表し、風間由次郎・株元英彰・長尾卓也の3人が語ってくれた。

続きを読む
2015-07-31 19:35 この記事だけ表示

 世界40余国で上演され、ロンドン・ウエストエンドでは今年26年目のロングラン公演も続いている『ウーマン・イン・ブラック<黒い服の女>』。この7年ぶりに日本で上演される英国ホラー演劇の傑作が、いよいよ8/7(金)、PARCO劇場で幕を開ける。
 7月下旬、着々と芝居づくりが進行中の稽古場に潜入、その模様をレポートします!

▼岡田将生さんから開幕直前のメッセージが到着!
コメントはページ後半をご覧ください。
続きを読む
2015-07-31 10:17 この記事だけ表示

 テレビドラマ化もされ世代を越えてファン層を拡大した有川浩による人気小説『三匹のおっさん』が待望の舞台化! この舞台版で“三匹のおっさん”に扮するのは松平健、中村梅雀、西郷輝彦の三人だ。7月下旬某日、都内にてこの舞台の制作発表が行われ、三人と脚本・演出の田村孝裕が登壇した。

続きを読む
2015-07-30 19:33 この記事だけ表示